研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/05/23

ワークショップ「パターン形成のかくれた次元」@第42回分子生物学会

Tweet ThisSend to Facebook | by A.Nakamasu
今年の分子生物学会年会で、以下のワークショップを予定しています。

タイトル
パターン形成のかくれた次元
Hidden dimension of pattern formation

日時
2019年12月3日(火) 9:00~11:30
場所
福岡国際会議場(第3会場)

概要
現象を解釈する方法はシンプルなものから複雑なものまで様々である。極端な単純化は不完全な理解を招きがちだが、現代の生物学において発達した解析手法は、ともすると情報過多を引き起こす。その中で解釈のスケールをどこに調整するかを考えることは重要である。今回、パターン形成現象に着目し、それを理解するために必要な要素を次元として捉え、その増減に言及する。理論及び実験研究に基づく演題を一般からも採択し、現象の裏にかくれた次元を意識した議論を展開する。

Abstract
Resolution of interpretation can set a broad range from low to high. Simplistic interpretations often bring incomplete understandings, though recent technical advances in biology tend to cause Infoglut. Therefore, it is important to adjust the scale for understanding appropriately. In this workshop, we focus on pattern formation considering about the number of components to understand the system as dimensions, then deal with their shift. We will reveal the hidden dimension of phenomena from theoretical and experimental aspects.

オーガナイザー
中益 朗子(熊本大学)
渡邉 正勝(大阪大学)
15:00 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)