counter869102
(2010 年 4 月 30 日「研究ブログ」に設置)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/05/22

HP LaserJet のスキャナーを Linux で使う

Tweet ThisSend to Facebook | by Takebe
二年ほど Mint Linux を載せて使っていた dynaPad N72(Linux をインストールした時の記事その後の調整)の調子が悪くなってきて、残念ながら引退してもらいました。画面が広いのに軽いので、ノートを取るのに使えると便利だったのですが、ペンの感度が良すぎて、これでノートを取ると字に余計なヒゲがついて読みにくい(だけならまだしも、添字や小さい記号は誤読の危険がある)。ノートを取るために私が使っていたソフト(xournal) との相性が悪かったようです。仕方がないのでノートはその後に買った機械で取り、dynaPad は主にデスクトップ用として使っていました(折角軽量なのにもったいない…)。

更に、ここ数ヶ月は、この dynaPad 氏、
  • 突然勝手に再起動してしまうことがある(特にフル充電された後もAC電源に繋ぎっぱなしにしておくとよく起きるような気がする)。
  • たまに、画面に縞が入るようになった(突然下の方から細い横縞が広がってくる)。
等のハードウェアの不具合が目立つようになってきました。中古で買ったとは言え2015年後半に発売開始の機械ですから、そんなに古いはずはないんですが…。

そこで日本語用デスクトップは、タッチスクリーンやスタイラスの調子が悪くなった Lenovo Yoga720 に交代。(ロシア語用は、大学支給のデスクトップ機を使ってます。)この機械は、画面を触っても反応しないし、スタイラスには正常な反応をしませんが、タッチパッドは問題なく動作しているので、デスクトップ機として使うなら問題は無いのです。

5月初旬の連休に、Yoga720 (ubuntu 18.04) の "~/" ディレクトリの下をまるごとハードディスクに移動し、空になった所に dynaPad の "~/" 以下をまるごとコピー、つまり「脳移植手術」を行いました。(「連休でゆっくりしている時に落ち着いてやるぞ!」というつもりで宿舎に持って帰ったのに、「今日が連休最後!明日から仕事!」という日の夜に慌ててこういう危ない作業をすることになってしまった、というのはお約束。)

Mint Linux は Ubuntu 系ですから、これでほぼ問題なく動いていますが、ハードウェア関係はどうしても再調整が必要。特にプリンターとスキャナーです。大学のオフィスのプリンターはネットワークプリンターなので、プリンター設定ソフトを立ち上げてプリンターを検索すれば良いわけですが、プリンターの IP address を直接入れてやらないと見つけてくれない。一回数字を間違えて入れて反応してくれなかった時は焦りましたが、数字を修正したらつながり、テストページの印刷が出来て一安心。

これでしばらく使っていましたが、更にスキャンが必要になり、この HP の複合機を今までのように xsane で使おうとしたら「デバイスが見つかりません(Error during device I/O)」というエラー発生。困った。

単に設定間違いだと思って、dynaPad の設定を再度調べてみても分からず、ネットに同じエラーの解決策が出ていないか検索してみました。Ubuntu の質問箱 askubuntu で見つけた策は、「HP のプリンターのための Linux のプログラム hplip を入れて、そのプラグインを入れる」というもの。調べてみると、Yoga720 に既に hplip はインストールされていましたが、かなり古いバージョンなので対応するプラグインが HP 社のサイトにも残っていません。そのため最新の hplip (3.19.5 版)をインストールしました。HP 社のサイトに詳しいインストール方法が載っているし、そもそもほぼ自動で configure ファイルを作って make してくれるので、たまに「依存関係を解決しますか?」といった類の質問に yes と答えていればインストールは終了、…する筈でした。が、最後に「プラグインをインストールする」という段階になってから進行が止まってしまい、失敗。

ubuntu のフォーラムで「plugin は hplip では入れられなかった」と書いてあったのはこのことか。という訳で、HP 社のサイトから hplip の Plugins のページから hplip-3.19.5-plugin.run をダウンロード。これのインストール方法はどこにも書いてないのだけれど、hplip の installer と同じく ".run" という拡張子がついているので、hplip のインストール方法を参考にして

sh hplip-3.19.5-plugin.run

とシェルに食わせたらうまく行きました(「どこにも書いてない」と書きましたが、今 askubuntu の投稿を読み直したらちゃんと書いてあった…)。hplip 本体のインストールは、上で書いた「失敗」の前の段階で終了していた模様。

これだけの準備をして xsane を立ち上げると無事にスキャナーを見つけてくれ、問題なくスキャン出来ました。一件落着。

スキャナーに繋がらず、原因を探してジタバタしていた時に、dynaPad でスキャナーを使っていた時も hplip のインストールをしていた事が判明(Download ディレクトリに古い hplip が残ってました)。なんだ、一回この作業は経験済みだったんだ。でも全然記憶に無かった。やっぱりインストールのメモを残しとかないと駄目だなぁ、という訳でこのブログに残しておきます。
06:34 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | テクノロジー