カウンタ

2727547(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/05/25

サントリー文化財団創立40周年記念「学芸ライヴ(東京) vol. 1」

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

昨日は、16時から18時5分までて、サントリー文化財団創立40周年記念「学芸ライヴ(東京) vol. 1」が行われました。


「学芸ライヴ」はサントリー文化財団が2019年2月に創立40周年を迎えたことを記念して大阪と東京の2か所でそれぞれ2回ずつ行われる企画です。


今回は、「『語る』ということ、『わかる』ということ-言語・AI×数学-」と題し、川添愛氏(作家・言語学者)と森田真生氏(独立研究者)が玄田有史氏(東京大学)の進行の下で対話が行われました。


議論では、「数学は詩的言語である」、「詩的言語と計算の言葉は対立しない」、「現代は、人間同士で対話するより機会にわかる言葉で対話する」、「子どもは偶然性に驚くが、初期の学びは偶然性を必然性にするものであり、必然から偶然への転落が学びの驚きと感動である」、「わからないことは恐怖と直結するが、わかりすぎても恐怖を増幅させる」、「言葉はネットワークの中の生き物である」といった観点から、川添氏、森田氏、さらに玄田氏が忌憚のない意見を交換しました。


その後、来場者による質疑応答が行われ、私も「本来は数列を処理する機能に「AI」や「人工知能」という名称を与えたことで人間性が付与された意味は何か」という趣旨の質問をいたしました。


各分野の最前線に立つ皆さんの該博な知識と的確な表現能力の重なりを堪能することが出来た、貴重なひと時でした。


<Executive Summary>
Suntory Foundation GAKUGEI Live (Tokyo) vol. 1 (Yusuke Suzumura)


Suntory Foudation GAKUGEI Live (Tokyo) vol. 1 was held at Hibiya Matsumotoro on 24th May 2019. In this time Dr. Ai Kawazoe and Dr. Masao Morita were speaker and Professor Dr. Yuji Genda was a facilitator.


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=73708
11:54 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 学会・研究会活動