接続数(counter)

1760463COUNTUP FROM 2011/04/06

研究日誌(study diary)

研究ブログ >> Article details

2019/06/08

いらない上から目線

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

いらない上から目線

ある意見交換会で、三周り違う若い女性に、「上から目線」を指摘された。

それはさておき、いろいろ話しをしてみると、Lineのスタンプを作ったのに、あまり売れていないという。

ちょけねこ という面白いキャラだし、販促の仕方じゃないかと思い、上から目線ついでに、販促品を作ることを提案した。

上から目線で語った以上、相手の弱いと思うところで、こちらが手伝えることを提案しなければ、けじめがつかないと思ったというのはいいわけ。自分の知り合いの中でLineにキャラをあげている人や、キャラをあげようとしている人の中で、キャラがちゃんとしているので、これはいけると思ったのが本当のこと。

上から目線で物を語ったら、語った相手の得になることを提案できなければクズだと言われてもしかたがないと実感。

いらない上から目線

男性から女性

単なる馬鹿。誰もが、女性から生まれている。
日本の神話、卑弥呼、天皇など女性が尊重されてきている。

女性だからって、何か制約をかそうとしたり、権限を制限しようとする人がいるのにはうんざり。

大学卒から高卒

高卒だから、とか言って、仕事の範囲に制約を課そうとする人にもうんざり。
給与制度上、なにがしかの違いがあるのは、その組織の能力に対する評価制度の良し悪しで変革できる。

工業大学から高専・工業高校

工業大学の実験で、ほとんど工業高校出身の方に仕切ってもらった経験がある。
工業高校出ている人から学ぶことは多い。

工業高校で優秀だったから、工業大学に推薦で入っていたりする。
そして、大学院に進んだりもしている。


13:48 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)