Updates

research

university education

  • 高校で授業:人口転換と家族制度 (2016-03-22)
  • 「精読」タスク
  • 高校で授業:現代日本社会の言語状況と多文化共生 (11/2)

for my students

  • 【休講】4/11
  • 研究生 (2018秋入学) の募集 (1月20日〆切)
  • レポート返却 (9月7日 11:00-13:00)
  • 日本語教育学研究室茶話会 (4/17)
  • 東北大学 文学部・文学研究科 2017年度 時間割・講義概要・学年暦

on Tohoku University

Diary
Diary >> Article details

2019/06/15

7月21日(日)連続勉強会:「国難」のなかのわたしたちのからだ 第4回「人口政策に組み込まれた「不妊」」(東京麻布台セミナーハウス)

Tweet ThisSend to Facebook | by tsigeto

「少子化対策」という文脈で実施される不妊〝治療〟支援。「妊活」だけでなく、近年では「卵子の老化」キャンペーンに煽られた「卵活」も生じています。不妊への不安につけこむ医療とその関連産業やメディア、早期の妊娠・出産を促す政治勢力の動きは、私たちの意識、行動、選択に何をもたらしているでしょうか? 仕掛けられた世界一の不妊〝治療〟大国ニッポン、その現状を探ります。


  • 日時: 2019年7月21日(日) 14:00 - 16:30
  • 会場: 東京麻布台セミナーハウス (大阪経済法科大学) 2階 大研修室
  • 参加費: 500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
  • 当日参加も可ですが、準備の都合上、なるべく下記へお申込みをお願いします

プログラム

  • 報告1.鈴木りょうこ:科学・ビジネス・政治がつくり出す「生殖」市場
  • 報告2.柘植あづみ:「卵子の老化」と卵子提供によって子どもをもつこと
  • フロア討議

主催: 高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会

共催: リプロダクティブ・ライツと健康法研究会

勉強会案内URL:https://remcat.hatenadiary.jp/entry/20190517/seminar4


20:57 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | Research
Clipping

Hatena::Bookmark