カウンタ

2744276(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/06/18

チケット不正転売禁止法によって「チケットの不正転売」は根絶されるか

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

去る6月14日(金)、昨年12月14日(土)に公布された特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律、いわゆるチケット不正転売禁止法が施行されました。


「特定興行入場券の不正転売を禁止するとともに、その防止等に関する措置等を定めることにより、興行入場券の適正な流通を確保し、もって興行の振興を通じた文化及びスポーツの振興並びに国民の消費生活の安定に寄与するとともに、心豊かな国民生活の実現に資することを目的とする」とされるチケット不正転売禁止法[1]が施行されたことで、今後は、所定の基準を満たした「特定興行入場券」を不正転売すること、あるいは不正転売を目的として特定興行入場券を譲り受けることは、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金もしくはその両方の処分の対象となります[2]。


入場券のうち、招待券などの無料で配布されたもの、転売を禁止する旨の記載がないもの、販売時に購入者または入場資格者の確認が行われていないもの、日時の指定のないものなどは「特定興行入場券」に該当せず、チケット不正転売禁止法の対象外とはなります[3]。


しかし、一般に流通する入場券の多くが規制の対象となることから、入場券の不正転売の防止に一定の効果を持つことが期待されます。


その一方で、多くの場合において意図して悪事を行う者は法律を制定する者よりも狡知に長けていることを考えれば、チケット不正転売禁止法が施行された後でも、法律の規定の盲点を突いて入場券を所定の金額以上の高値で転売することが推察されます。


例えば、「何人も、特定興行入場券の不正転売を目的として、特定興行入場券を譲り受けてはならない。」とされるものの[4]、特定興行入場券を譲り受けた当人が「不正転売を目的としてはいない」と主張した場合、「不正転売を目的として」いることをどのように立証するかは、具体的な事例に基づかなれば判断され得ないかも知れません。


あるいは、不正転売を構成する要件が「興行主等の当該特定興行入場券の販売価格を超える価格をその販売価格とするものをいう。」とされていることも[5]、注意が必要です。


何故なら、販売価格は特定興行入場券の販売価格以下に抑え、冊子や書籍を「付録」と称して入場券の購入者に高額で販売し、しかも購入者が「どうしても付録を購入したかった」と主張した場合、果たしてチケット不正転売禁止法で取り締まることは可能なのか、という問題が生じかねないからです。


もちろん、今後、法律を具体的に運用する中で、こうした点への対応が明らかになることでしょう。また、当局も起こり得るべき事態を十分に想定して条文を検討したことでしょう。


それでも、チケット不正転売禁止法が施行されたから不正転売が根絶されると考えず、法の規定をかいくぐる者がいるであろうということを念頭に置いて事態に臨むことが当局者に求められるのです。


[1]特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律. 第一条.
[2]特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律. 第九条.
[3]チケットの高額転売が禁止に!~チケット不正転売禁止法 6月14日スタート. 政府広報オンライン, 2019年4月1日, https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201904/1.html (2019年6月18日).
[4]特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律. 第四条.
[5]特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律. 第二条第4項.


<Executive Summary>
Can We Uproot Unfair Resale of Tickets by the Law? (Yusuke Suzumura)


The law to ban unfair resale of tickets for sports, music and other events, including through the internet, and impose penalties on violators went into effect on 14th June 2019. It might be remarkable activites by the Japanese Government but not versatile countermeasures, since a person who wants to do the illegal would be wiser than a legislator.


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=74041
15:09 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 評論