カウンタ

2744458(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/06/24

「車掌による英語の案内放送」が持つ意味は何か

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

昨年12月にJR東海が東海道新幹線内で車掌による英語の案内放送を開始しから、すでに半年が過ぎました。


現在では、地下鉄半蔵門線や西武新宿線などでも車掌による英語の案内放送が行われており、今後、同様の取り組みが他社他路線にも拡大することが推察されます。


確かに、日常的に英語を話す機会がない人が案内放送を担当すれば、時には不自然な発音になったり、言いよどむこともあるでしょう。


しかし、英語による案内放送の主たる受け手である外国人観光客の反応を見れば、たとえ発音が不自然であったり当惑しながら案内しても大きな問題はないことが分かります。


もちろん、音楽などを聞いていたり、同乗者との会話に集中しているために放送に注意を払わない人もいるでしょう。


その一方で、英語を母国とする者であれば多少の不自然な表現や発音であっても不自然さを補正して理解することは可能ですし、英語を母国語としないものの場合には不自然さを直観的に理解したとしてもそのような不自然さをことさらにあげつらうことはないと言えるかも知れません。


それとともに、車掌が英語で車内放送を行うことに違和感を覚えるのは、外国人観光客ではなく、むしろ日本人の乗客ではないかということが考えられます。


あるいは、例えばデンマークの地下鉄やフランスの高速鉄道では、英語による放送がないか、あるとしても文字だけの場合も珍しくなく、ニューヨークの鉄道では外国語による案内は認められないことを考えれば、音声と文字による外国語での案内が日常的となった日本の鉄道は、むしろ高度に外国人観光客への対応を進めていると考えて過言ではありません。


いずれにせよ、求められているのは流暢な発音や言い回しではなく、正確に内容を伝達することですから、半蔵門線の車掌による車内放送で"station number Z X"と従来の車内放送にはなかった「駅番号」を明確に指示していることは、適切な対応といえます。


従って、今後もこうした取り組みが着実になされることが期待されるのです。


<Executive Summary>
What Is a Meaning of English Announcement by a Train Conductor? (Yusuke Suzumura)


From December 2018, English announcement by a train conductor is available on Shinkansen and other private railways in Tokyo. It might be very remarkable efforts for them, since it would be important first step to realise more desirable communication for foregin travelers.



 


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=74130
22:16 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 日々の出来事