counter880333
(2010 年 4 月 30 日「研究ブログ」に設置)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/07/19

雨に打たれて

Tweet ThisSend to Facebook | by Takebe
最近、ここモスクワの天気は一定しません。気温はそれほど高くなく最高で20度、最低で15度位で割合快適なのですが、一日の間に晴れたり土砂降りになったりを繰り返します。「雨は後二時間は降りません」という短時間予報を見て昼飯を食べに外に出たら(夏休みの今は学食は休み)、いきなり降られてずぶ濡れということもあり、散歩には向かない気候です。

が、それでも外に出なくてはいけないこともあり、傘は必携。もっとも傘を差していても雨が強いと荷物(リュックザックと手持ちカバン)は結構濡れます。

一昨日も、丁度雨が降り始めるタイミングで外に出ざる得ない羽目になり足元と荷物はびしょ濡れになりました。(>_<)

濡れるだけならまだしも、油断してやってしまった!のがこれ。

今日のスクリーン1  今日のスクリーン2

ノートパソコンの液晶画面に水が滲み込んでムラを作っています。ノートパソコン用の手持ちカバンに入れていて、衝撃吸収材で厚みもあるし大丈夫だろう、と思っていたのが間違い。底の方に衝撃吸収材の合わせ目があり、そこから水が滲み込んだようです。あるいは、気温も低かったから結露もあったかもしれません。(念のため;カバンはロシア製ではなく、ドイツのメーカーのをモスクワのハイパーマーケットで買いました。)

このムラをよく見ると、スクリーンが少なくとも二層、もしかすると三層以上の構造をしているのが分かり、その意味では面白いですが…。

ネットで調べると「水が滲み込んだら電源を入れてはいけない!」とありますが、外側に水滴が付いただけだと思って外側を拭ってからスイッチを入れて画面の異常に気がついたので手遅れ。ここ数年、私のノートパソコンのスクリーンは壊れてばかりだ。呪われている?(;_;)

幸い、画面の明るさにムラが出来ている程度で、本体の電気系統に異常はないようです。そしてもう一つの朗報は、この記事を書くために昨日撮った写真を見たら、昨日のほうがムラの面積が広い!

昨日のスクリーン1  昨日のスクリーン2

つまり、徐々に水が抜けていっている?まぁこういうのは一旦出来た「傷」が無くなるということは期待しない方が良いでしょうが、でも悪化する方向ではなさそうでやや安心。

06:12 | Impressed! | Voted(1) | Comment(1) | テクノロジー
Comment
suzumura2019/07/22 17:46:46
ご説明がないまま写真を見ていたら、「新しい壁紙」と思うほど、一見すると美しい画像ですね…!