カウンタ

2762780(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/07/22

第25回参議院議員通常選挙の結果はいかに評価され得るか

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

昨日投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の結果、改選された124議席のうち、自民党が57議席、公明党が14議席を獲得し、与党で改選議席の過半数の63議席を上回る71議席を獲得しました[1]。


今回の参院選の結果及び非改選を含む参議院の全議席の内訳は以下の通りとなりました。


表1 第25回参議院議員通常選挙の結果及び非改選議席を参議院の全議席の内訳

政党名
改選議席
非改選議席
合計議席
自由民主党
57
56
113
公明党
14
14
28
立憲民主党
17
15
32
国民民主党
6
15
21
日本維新の会
10
6
16
日本共産党
7
6
13
れいわ新選組
2
0
2
社会民主党
1
1
2
NHKから国民を守る党
1
0
1
無所属
9
8
17
合計
245


 

今回の参院選の結果を受けて、安倍晋三首相は2021年9月に満了となる自民党総裁の任期中の改憲に意欲を示しています[1]。


安倍首相の発言を額面通りに受け止めるなら、野党の改憲勢力との連携を視野に入れた「野党の切り崩し」が始まることになります。


しかし、自民党は第24回参院選の55議席を上回ったものの[2]、今回改選を迎えた議員が当選した第23回参院選の65議席[3]を8議席下回っています。


そのため、一見すると2012年12月の総選挙以来6回の国政選挙で勝利を収めたかにみえる安倍晋三首相[1]ではあるものの、実際には政権の基盤は見かけほど強固ではないことを示唆します。


その一方で、第24回参院選で32議席を獲得した民進党[2]に由来する立憲民主党と国民民主党の議席数の合計が23議席に留まったことは、第23回における民主党の17議席[3]に比べれば勢力が伸長したものの、両党が民進党の支持層をまとめきれなかった、あるいはかつての支持者の間で「立民離れ」や「国民離れ」が生じていることを推察させます。


また、日本維新の会が第23回の8名[3]、第24回の7名[2]を超える10名の当選者を輩出したこと、特に結成以来党勢が振るわないでいた東京選挙区で当選者が誕生したことは、意外な健闘と言えます。


これに加えて、NHKから国民を守る党から比例区で1名が当選するとともに、得票率も2.0%に達して政党要件も満たしたこと[4]は、公示時に政治団体であったことを考えれば、同様に政治団体であるれいわ新選組が比例区で2議席を獲得したことと合わせて、現行の非拘束名簿式の下で初となる、画期的な出来事でした。


ただし、NHKから国民を守る党については、主たる政策である「NHKのスクランブル放送化」以外に国政にかかわる明確な主張がないため、今後も安定して当選者を出すことが難しいと考えられます。


むしろ、国政政党となったことは当事者にとって予想外の出来事であり、今後は「政党らしく振舞おう」とする勢力と「従来の路線を維持すべきだ」という内部の路線対立が生じ、党が分裂するかも知れません。


何より、所属する参議院議員が1名のみであるために法案の提出権がない以上、他党と統一会派を組むか、協力を得ない限り「スクランブル放送」を実現させるための立法措置を講じることは困難です。


その意味で、NHKから国民を守る党は当初は華々しく登場しながら雲散霧消したスポーツ平和党や、自民党への移籍者が頻出した税金党のような経路を辿ることが予想されます。


上述の諸党以外では、日本共産党が党勢を維持し、れいわ新選組が山本太郎代表の知名度により比例区で集票し、特定枠とした2名の候補を当選させるという新制度を有効的に活用した戦略で成果を挙げたことが注目されます。


以上から、今回の参院選は与党側が辛勝し、野党第1党である立憲民主党が躍進と言える議席の増加を実現させたものの、野党第2党の国民民主党の合計では与党との差を埋めることが出来ず、かえって与党の補完勢力とみなされる日本維新の会が勢力を拡大するとともに、政治団体がかつてなく善戦したと言えるでしょう。


[1]与党71 全議席確定. 日本経済新聞, 2019年7月22日夕刊1面.
[2]第24回参議院議員通常選挙結果調. 総務省自治行政局選挙部, 2016年7月15日, http://www.soumu.go.jp/main_content/000430170.pdf (2019年7月22日閲覧).
[3]第23回参議院議員通常選挙結果調. 総務省自治行政局選挙部, 公開日未詳, http://www.soumu.go.jp/main_content/000240768.pdf (2019年7月22日閲覧).
[4]比例代表 党派別得票・獲得議席. NHK NEWS WEB, 2019年7月22日, https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/2019/00/hsm12.html (2019年7月22日閲覧).


<Executive Summary>
How Can We Evaluate the Results of the Elections for the House of Councillors? (Yusuke Suzumura)


The Elections for the House of Councillors were conducted on 21st July 2019. On this occasion we evaluate the results of the elections.


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=74487
19:53 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 評論