研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/08/13

岩国徴古館蔵・元禄8年刊『新撰古筆手鑑』画像PDF試験公開

Tweet ThisSend to Facebook | by Hideo Kuboki
先頃、拙論「元禄八年刊『新撰古筆手鑑』―古筆の摸刻資料その一―」が『日本文学研究ジャーナル』9号(2019年3月、古典ライブラリー)に掲載されました。

その際取り上げた、岩国徴古館蔵『新撰古筆手鑑』上中下3冊本の、表紙を含めた全丁の画像につき、このたび各冊ごとにPDFファイルにしましたので、このマイポータルの「資料公開」機能を使い、試験公開してみます。念のためURLも載せておきます。

https://researchmap.jp/read0085872/%E8%B3%87%E6%96%99%E5%85%AC%E9%96%8B/

このような形での公開につき、ご許可下さいました岩国市教育委員会、また閲覧・撮影から論文への引用、画像公開に至るまで、種々ご高配賜りました岩国徴古館に厚く御礼申し上げます。
(本来は、拙論の公刊と同時期に公開する予定でしたが、諸事繁多により、数ヶ月も遅れる結果となりました。失礼しました)

ちなみに『新撰古筆手鑑』という整版本に関しては、詳しくは拙論に譲りますが、和漢の古筆複数を集め、伝称筆者を添えながら忠実に摸刻したとみられる資料です。元禄8年(1695)の刊記を持った、上中下の3冊本です。

これまで具体的に取り上げることがほとんどなく、また伝存も稀のようであり、現時点で私が確認できているのは、岩国徴古館蔵・吉川家寄贈図書中の1本(資料番号1211000038)と、大阪府立中之島図書館蔵・石崎文庫中の1本(請求記号石崎924/2)の、計2本のみという状況です。

そこで上述の拙論で、岩国徴古館蔵本に基づきながら、書誌・内容の概説と、摸刻されている古筆資料の一部について、図版や翻刻を掲げつつ、紹介と考察とを行いました。

ただしその際、さすがに3冊分の全点までは紹介できませんでした。そのため拙論の中でも予告しておいたとおり、岩国徴古館本・上中下3冊の表紙を含めた全丁の画像を、researchmap・マイポータルの「資料公開」機能で試験公開してみることを思いついた、という次第です。

長くなってしまいますが、あと数点ほど申し添えます。

・あくまで個人でご利用の、ご参照程度の画像、ということでご理解下さい。
本PDFからの転載は、全体でも一部分でも、恐れ入りますがご遠慮下さい。ご利用等をご検討の場合は、ご所蔵先の岩国徴古館にお問い合わせ下さい。

・今回試みるような、カラーでの全丁公開などは、撮影当時(2007年)まったく考えていませんでしたので、画像として、あまり見栄えのするものではありません。
そもそもがデジタルカメラの機能に頼っただけの素人撮影ですので、基本的にはピントが合っていて、内容が分かれば十分、というような画像です。

・またそのような事情から、トリミングをやや大きめ(強め?)にせざるを得なかった画像もあります。内容理解にまで影響が及ぶものではありませんので、その点どうぞご理解下さい。

・加えて、データのアップロードの容量制限(10MBまでの由)のため、「資料公開」に置いてあるデータは、サイズをやや小さめにしてあります。判読できる範囲とは思われますが、元画像に較べての粗さは否めません。致し方のないところですので、その点もどうぞご理解下さい。

・今回PDF化の画像処理をしていて、上述の拙論で、もう少し触れておいた方がよかったかも、という書誌情報いくつかがありました。いずれ補訂等を行いたいと考えています。

・また本ブログの内容にも、公開後、若干手を加えたりする場合もあります。あわせてご了承下さい。

以上です。
私自身、中古中世文学に関する仮名資料以外の、和漢の書の古典や名品・遺品といったものに、全く詳しくありませんので、ご専門・ご関心の方々にご覧いただければ、何かまた発見される可能性が?などと考えたりもしています。
どなたかの、何かのお役に立つようでしたら幸いです。