カウンタ

2811782(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/09/11

興味深いESPNのドキュメンタリー"Football Is Us: The College Game"

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

米国のスポーツ専門放送局のESPNが制作したドキュメンタリー番組 Football Is Us: The College Game は、興味深い番組です。


1869年にプリンストン大学とラトガーズ大学による対抗戦が行われてから2019年で150周年を迎えたことを記念して作られた本作は、世界で最も大学スポーツのビジネス化が進んでいる米国において、大学スポーツの頂点に立ち、巨額の金銭が動く大学のアメリカンフットボールの歴史を描きます。


「アメリカンフットボールの父」とも呼ばれるウォルター・キャンプの功績や指導者として20世紀前半の大学アメリカンフットボール界を牽引し、1931年に飛行機事故により43歳で他界したクヌート・ロックニー、あるいは歴史的黒人大学(HBUC)の隆盛と衰退などが豊富な図像や映像とともに紹介されており、アメリカンフットボールの発展史を知るには格好の構成となっています。


さらに、勝利のためには選手を叱責し、時には罵倒することも辞さないものの、卓越した手腕で1950年代から1960年代にかけてオハイオ州立大学の黄金時代を実現したウッディ・ヘイズが1978年のゲーター・ボウルで相手選手に暴行を加えたことでヘッドコーチを解任される様子や、大人から子どもまで選手の一挙手一投足に熱狂し、アマチュアでありながらプロ以上の注目を集める姿などは、現在、日本の大学スポーツ界で進められつつある大学スポーツ協会(UNIVAS)の取り組みの今後を考える上でも興味深い事例を提供していると言えるでしょう。


何より、アメリカンフットボールを「『屈強で健全』という米国の男性の理想像の象徴」とするFootball Is Us: The College Gameは、アメリカンフットボールが米国では絶大な人気を誇るにもかかわらず世界的には傍流の競技に留まる理由を端的に示します。


こうした番組は商業的には収支が合わないかも知れません。


それだけに、NHKの衛星放送で翻訳版が放送されれば日本のアメリカンフットボール愛好家だけでなく、スポーツ愛好家やスポーツ行政、大学スポーツの関係者にとっても有益ではないかと思われるところです。


<Executive Summary>
"Football Is Us", an ESPN's Remarkable Documentary Programme (Yusuke Suzumura)


ESPN released a new documentary programme Football Is Us: The College Game to celebrate the 150th anniversary for American college football. It is very remarkable programme, since we can understand not only brief history of American college football, but also examples of merit and demerit of such kind of college sports.


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=75247
04:46 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 日々の出来事