検索

Search Type
-
Room Name
Modules
 
 

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/10/17

迷信打破とやぐら

Tweet ThisSend to Facebook | by ogt
鎌倉付近にはやぐらとよばれる鎌倉室町期の横穴式墳墓がある。横浜市金沢区も、鎌倉文化の圏内だったため、やぐらが多くみられる。だが後の時代になり、やぐらは塵芥置き場として転用される場合があった。

関東大震災では、現在の金沢区にあたる地域でも大きな被害があった。例えば、釜利谷の白山道にあった旧東光寺はこの地震で倒壊した。その時の家屋の瓦礫の一部は白山道奥のやぐらに収納されたという。簡単に言えば、墓所に瓦礫を収納したということだ。こうした行為には、明治以降の迷信打破運動の影響があったと思われる。
07:54 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)