Mika Nakano


研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/12/03

2019.10.11九大AL教室(プレゼン教育)で講演しました

Tweet ThisSend to Facebook | by Nakanom


プレゼンテーション教育に関する活動の報告
http://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/~cfde/report20191011/  
------------
令和元年10月11日(金)に
九州大学アクティブラーニング教室「プレゼンテーション教育を考える」を開催しました。今回の九州大学アクティブラーニング教室は、九州大学におけるプレゼンテーション教育の実践例と共に、今後のプレゼンテーション教育について考える機会としました。実践例としては、学部1年生を主に対象とした講義「プレゼンテーション入門」および学部2年生以上と大学院生を対象とした講義「プレゼンテーション基礎」、そして、初年次学生からTA教育までの幅広いプレゼンテーション教育を実践している図書館TA(Cuter)の活動について、話題提供して頂きました。話題提供の後には、大学におけるプレゼンテーション教育についての全体討論を行いました。

【日時】令和元年10月11日(金)15:00~17:00
【会場】九州大学 伊都キャンパス
中央図書館4階 きゅうとコモンズ

【定員】40名(先着順)
【参加費】無料
【対象】プレゼンテーション教育に関心のある大学教職員、高校教員、大学院生

【講師】
中野美香(福岡工業大学 社会環境学部・准教授)
上土井宏太(九州大学附属図書館 学術サポート課 学習・研究支援係)

【共催】九州大学附属図書館

【プログラム】
15:00~15:35 話題提供1(中野美香)
「深い学びにつながるプレゼンテーション教育:並行反復学習法による九大生の変化」
本講演では基礎的・汎用的能力の一つとしてプレゼンテーション能力を捉え、深い学びにつながるプレゼンテーション教育の方法と実践事例を紹介します。具体的には、講師が開発した並行反復学習法を用いた九州大学での講義「プレゼンテーション入門」および「プレゼンテーション基礎」の受講生の変化を明らかにし、今後の課題と展望を述べます。

15:35~16:10 話題提供2(上土井宏太)
「九州大学附属図書館におけるプレゼンテーション教育支援-図書館TA(Cuter)と共に-」
九州大学附属図書館では、大学院生の図書館TA(Cuter)が図書館職員と協働して学習支援に取り組んでおり、講習会や学習相談等を通したピアサポートによって、学生たちの身近な存在として活躍しています。本講演では、プレゼンテーション教育を支援するために図書館TA(Cuter)が行っている1年生向けプレゼン講座、TAとなる学生向けに開講されているアカデミックスキルズ講習、高年次基幹教育でのTA活動などについて、実践例を交えながら紹介します。

16:10~16:20 休憩

16:20~17:00 全体討論


11:32 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 教育