研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/12/05

arXiv事始め

Tweet ThisSend to Facebook | by LULU
ここ数年,機械学習ソフトウェアの品質に関する研究をしています.最新動向に触れようとすると,arXivを調べることになります.興味深い研究のプレプリントが公開されていて,大変,便利です.一方で,次のような経験があって,あまり良い印象を持っていませんでした.

以前,某国際学会に投稿した論文の査読に,「これこれのarXiv公開プレプリントと何が違う?」とあり,論文はrejectされました.当時は,arXivのことも,そんなプレプリントが公開されていることも知らない頃でした.読んだところ,実際は「違う」のですが,どうも,査読者は気に入らなかったようです.さらに,当該プレプリントは,何処かの国際学会に採択された形跡がありません.査読結果を受け取った立場としては釈然としないですね.

というような経緯があったのですが,今回,arXivに登録してみました.11月に某国際ワークショップで発表した論文です.ワークショップ終了後に論文集を発行するスタイルなので,しばらくの間,ワークショップ参加者以外へは「未公開」になってしまいます.そこで,arXivに頼ったというわけです.

     Distortion and Faults in Machine Learning Software, arXiv:1911.11596, 2019.

です.実は,SIGSE (2019.7.12 小樽)で発表した「モデルの歪みと機械学習プログラムの欠陥」と同じで,こちらのほうは,「資料公開」からダウンロードできるようにしました.お好きなほうを御覧下さい.
21:32 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 評論