カウンタ

2921283(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/12/07

【開催報告】広島市立大学広島平和研究所公開講演会「日米の比較から見る広島東洋カープの野球文化的意味」

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

昨日、18時30分から20時まで、広島市立大学サテライトキャンパスにおいて、広島市立大学広島平和研究所の公開講演会「日米の比較から見る広島東洋カープの野球文化的意味」が行われました。


本講演会は広島市立大学広島平和研究所の研究プロジェクト「平和都市・広島の文化的構築に関する予備的調査――広島東洋カープを手がかりに(2019年度~2020年度)」の第1回公開講演会として行われたもので、私が演者として登壇いたしました。


今回は、野球文化学の観点から日米の野球の違いを都市との関係から考察するとともに、広島という都市における広島東洋カープの持つ意義を検討しました。


広島東洋カープに関する研究は少なくなく、書籍も多数上梓される中、野球と平和、あるいはカープと平和の関係を究明しようとする試みは、平和学や野球文化学だけに止まらず、都市研究や社会研究、あるいは「広島学」という点からも意義深いものと思われました。


研究期間である2021年3月末までプロジェクトが積極的に推進され、よりよい成果を挙げらることが期待されるところです。


そして、今回の講演会に招待してくださった河炅珍先生や当日の運営を担当された河上暁弘先生、竹本真希子先生のご尽力に改めて御礼申し上げます。


<Executive Summary>
Hiroshima City University Hiroshima Peace Institute Public Lecture "Hiroshima Toyo Carp and Its Meaning for Baseball Culture: Based on a Comparison between Japan and the USA" (Yusuke Suzumura)


I made a public speech at Hiroshima City University Hiroshima Peace Institute on 6th December 2019. Theme was "Hiroshima Toyo Carp and Its Meaning for Baseball Culture: Based on a Comparison between Japan and the USA".


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=76976
20:44 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 学会・研究会活動