研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/12/10

フランス語における状況の表現法:構文・動詞叙法の選択(曽我裕典著、白水社)

Tweet ThisSend to Facebook | by getsuei99

京都大学教養部時代(昔は、1&2回生の時には教養部で、3回生以降は各人の専門学部(私の場合は法学部)で学ぶというシステムでした)、フランス語の講義は半年で挫折。怠惰な学生に、ドイツ語の講義との並行受講は、ちと荷が重すぎました。#京都大学教養部 #京都大学法学部 #フランス語


15:52 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 評論