researchmap
 
ピックアップ研究者
国立病院機構熊本医療センター
熊本大学第二内科に入局後、多発性骨髄腫、そして成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLあるいはATLLともいう)という成熟リンパ球細胞の腫瘍化に...
 

正当なCSSです!

 
[ 終了 ]jkaz  2017/03/10 11:51:50
イベント名放送大学ガバナンス研究会 天川晃先生連続講義
開催日2017/03/18
公開対象公開イベント
お問い合わせ先e-mail:jkaz5529gmail.comTel:
担当者:田口
 3月研究会は18日(土)13:30〜17:00、放送大学神奈川学習センターです。司会・進行は大谷先生にお願いしました。
 13:30〜15:15 天川先生 第4章「地方自治法の制定」+第5章「内務省の解体」
(概要)1947年は日本の地方制度について大きな変化があった年です。4月に地方自治法が制定され、12月に内務省が解体されたからです。地方自治法の制定は知事公選制の導入の一つの帰結でした。内務省の解体は内務省分権化の一つの帰結でした。これら両者が相まって、内務省―府県システムは崩れたと見ることができます。
 地方自治法の制定と内務省の解体については『戦後自治史』でその大要はわかります。しかし、自治大学校所蔵の資料やGHQ民政局資料を突き合わせてみてゆくと『戦後自治史』とは異なる細部の姿も見えてきて、まだまだ解明すべき課題は残っています。ともあれ、地方自治法の制定と内務省の解体を経て、戦後自治システムの模索という新たな課題を担うこととなりました。
 15:30〜17:00 泉澤さん 「モチベーション研究と公務員〜Public Serviceにおける合理性とは〜」
(概要)公務員に特有のモチベーションであるPublic Service Motivation(以下「PSM」)を構成する3次元のうち、合理性次元について整理する。公務員にとっての合理性が公益実現という行政組織の目的に関連することを、個人と組織の関係性、PSM研究における合理性次元の変遷、PSM研究と組織コミットメントの比較から確認する。その上で、日本において公務員の合理性がどのように捉えられているかについて既存調査を用いて検証する。
主催放送大学ガバナンス研究会
受付期間2017/03/01 ~ 2017/03/18
参加費無料
定員40
URLhttp://governancekenkyukai.com
開催場所放送大学神奈川学習センター
神奈川県横浜市南区大岡2-31-1