researchmap
 
[ 終了 ]suzumura  2018/02/05 10:41:14
イベント名法政大学江戸東京研究センター設立記念国際シンポジウム「新・江戸東京研究~近代を相対化する都市の未来~」
開催日2018/02/25
公開対象公開イベント
お問い合わせ先e-mail:edotokyo-jimuml.hosei.ac.jpTel:03-3264-9682
担当者:法政大学江戸東京研究センター事務室
このたび、法政大学江戸東京研究センターでは2018年1月の設立を記念し、国際シンポジウム「新・江戸東京研究~近代を相対化する都市の未来~」を開催いたします。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。

***************************
法政大学江戸東京研究センター
設立記念国際シンポジウム「新・江戸東京研究~近代を相対化する都市の未来~」

[日時]
2018年2月25日(日)、10時から19時(開場:9時)

[会場]
法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎7階 薩埵ホール

[プログラム概要]
*午前の部(10時から12時)
(1)主催者挨拶
陣内秀信(法政大学江戸東京研究センター長)/新・江戸東京研究の展望

(2)基調講演
槇文彦(建築家)/ヒューマニズムの建築を目指して
川田順造(人類学者)/「川向こう」をめぐる断想

*午後の部(13時から19時)
(3)セッション1 (13時から)
「江戸東京のモデルニテの姿 — 自然・身体・文化 —」
チエリー・オケ(哲学/パリ・ナンテール大学)
ローザ・カーロリ(日本学/ヴェネツィア大学)
モデレーター:安孫子信(哲学/法政大学)

セッション2 (15時から)
「江戸東京の巨視的コンセプト Post-Western/Non-Western」
パオロ・チェッカレッリ(都市計画/フェラーラ大学)
ロレーナ・アレッシオ (建築/トリノ工科大学)
ホルヘ・アルマザン(建築/慶應義塾大学)
モデレーター:北山恒(建築/法政大学)

セッション3 (17時から)
「水都の再評価と再生を可能にする哲学と戦略」
リチャード・ベンダー(都市計画・建築/カリフォルニア大学バークレー校)
アントネッロ ボアッテイ(都市計画/ミラノ工科大学)
高村雅彦(都市建築史/法政大学)
モデレーター:陣内秀信

[使用言語]
日本語及び英語(同時通訳付)

[入場料]
無料

[主催]
法政大学江戸東京研究センター

[参加申込]
申込専用フォームからお申し込みください。
https://www.event-u.jp/fm/m10867

[備考]
当日は東京マラソンによる交通規制が行われるため時間にゆとりをもってご来場ください。

[お問合せ先]
法政大学江戸東京研究センター
電子メール:edotokyo-jimu@ml.hosei.ac.jp
電話:03-3264-9682

[詳細情報]
法政大学江戸東京研究センター
https://edotokyo.hosei.ac.jp/news/news-20180120204336
***************************

主催法政大学江戸東京研究センター
受付期間2018/02/05 ~ 2018/02/25
参加費無料
定員800
URLhttps://edotokyo.hosei.ac.jp/news/news-20180120204336
開催場所法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎7階 薩埵ホール
東京都千代田区富士見2-17-1