researchmap
 
[ 受付中 ]tsigeto  2019/03/06 16:24:04
イベント名「「少子化」論を問う: その変遷と科学言説の検証」
開催日2019/03/24
公開対象公開イベント
お問い合わせ先e-mail:stopkyouzaigmail.comTel:
担当者:高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会
連続勉強会<「国難」のなかのわたしたちのからだ>第2回
「「少子化」論を問う: その変遷と科学言説の検証」

日時:2019年3月24日(日)14:00-16:30
会場:東京麻布台セミナーハウス (大阪経済法科大学) 2階大研修室
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
参加費:500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
(当日参加も可ですが、準備の都合上、なるべく事前申込みをお願いします)

報告1:「少子化」観の形成とその変化:1974年から現在まで (田中 重人)
報告2:2010年代の「少子化」科学言説 (高橋 さきの)

◇ 申込み・問合せ先: stopkyouzai*gmail.com (*を@に置き換えてください)

◇ 主催: 高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会
◇ 共催: リプロダクティブ・ライツと健康法研究会
主催高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会
受付期間2019/03/06 ~ 2019/03/23
参加費500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
定員80名
URLhttps://remcat.hatenadiary.jp/entry/20190303/seminar2
開催場所東京麻布台セミナーハウス (大阪経済法科大学)
東京都港区麻布台1-11-5