researchmap
 
ピックアップ研究者
拓殖大学
和歌山県生まれ。埼玉県立春日部高等学校卒、明治学院大学法学部卒、明治学院大学大学院法学研究科博士前期課程修了。学習院大学大学院政治学研究科...
 

正当なCSSです!

 


JST Home Page
 

研究キーワード  [ ドラッグデリバリーシステム ]

総件数: 115件

英訳drug delivery system
意味生体内における薬物の分布を制御するシステム。

具体的には、治療対象となる臓器・組織への薬物の集積や薬物徐放化などが挙げられる。

治療対象以外の臓器・組織への薬物移行や急激な体内薬物濃度の変動を抑えることで、副作用の低下が期待される。また、治療対象となる臓器・組織へ効率的に薬物を集積させる事で、より少ない投与量での治療が望める。加えて、薬物徐放化では一回の投与で長期間体内における薬物濃度が維持されるため、投与回数の減少も可能である。
類義語薬物送達システム(6)

  • イシダ タツヒロ
    徳島大学
    大学院医歯薬学研究部 薬物動態制御学分野  
    教授
  • 広島大学
  • タカクラ ヨシノブ
    京都大学
    大学院薬学研究科 医療薬科学専攻  
    教授
  • オカダ ナオキ
    大阪大学
    薬学研究科 附属創薬センター  
    教授
  • ニシカワ マキヤ
    (西川 元也)
    東京理科大学
    東京理科大学 薬学部 薬学科  
    教授
  • ミウラ ヤスヒロ
    浜松医科大学
    医学部 医学科  
    教授
  • ヒガシ タイシ
    熊本大学
    大学院先導機構  
    准教授
  • フジモト ケイジ
    慶應義塾大学
    理工学部応用化学科  
    教授
  • セノオ マサハル
    岡山大学
    自然科学研究科  
    教授
  • モリモト ユウジ
    防衛省 防衛医科大学校
    生理学講座  
    教授