researchmap
 

研究キーワード  [ レニンーアンジオテンシン ]

総件数: 6件

英訳Renin-Angiotensin System
意味レニン-アンジオテンシン系(Renin-Angiotensin System;RAS)またはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System;RAAS)とは、血圧や細胞外容量の調節に関わるホルモン系の総称。

血圧低下や循環血液量の低下に伴って、活性化される。

1.傍糸球体装置が血圧低下を感知すると、血液中にレニンを分泌する。
2.レニンは、アンジオテンシノーゲンをアンジオテンシンⅠに変換する。
3.アンジオテンシンⅠは、肺毛細血管に存在するアンジオテンシン変換酵素(ACE)によってアンジオテンシンⅡに変換される。
4.アンジオテンシンⅡは、副腎皮質球状帯に作用してアルドステロンの分泌を促進。また、脳下垂体に作用しバソプレッシン(ADH)の分泌を促進。
5.アンジオテンシンⅡは、アミノペプチダーゼによってアンジオテンシンⅢにされる。
(ウィキペディアより)

  • <
  • >
  • クリハラ トシヒデ
    慶應義塾大学 医学部
    眼科学教室  
    特任准教授
  • スズキ フミアキ
    岐阜大学
    岐阜大学  
    理事
  • マツサカ タイジ
    東海大学
    医学部医学科生体構造機能学  
    教授
  • ホシデ サトシ
    自治医科大学
    医学部 内科学講座循環器内科学部門  
    准教授
  • イシカワ ジョウジ
    自治医科大学
  • ヤマサキ ヤスシ
    旧所属 岡山大学 大学院自然科学研究科
    講師,人工腎臓室室長

  • <
  • >