researchmap
 
Featured Researcher
Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
 

正当なCSSです!

 


JST Home Page
 

Research Interests  [ 発生 ]

238 items found

JapaneseDevelopment
definition発生学(はっせいがく、Embryology)は、胚の発生を研究する学問である。胚とは、動物では誕生や孵化の前、植物では発芽の段階にある全ての組織と定義できる。

発生学はでは主に、受精卵の発生と組織や器官への分化を扱っている。分割が起こると、桑実胚から端に極のある胞胚となる。

左右相称動物では、胞胚の発達の仕方には大きく2通りあり、これによって動物界が二分されている。胞胚の最初にできた極が口になるのが旧口動物であり、肛門になるのが新口動物である。旧口動物には、昆虫などの多くの無脊椎動物が含まれ、新口動物には脊椎動物などの進化した動物の多くが含まれる。また、この過程を原腸形成という。

原腸形成が起こるとすぐに細胞は3つの層に分かれ、全ての器官や組織はここから作られる。
内胚葉からは、消化管、肺、膀胱等ができる。
中胚葉からは、筋肉、骨格、血管等ができる。
外胚葉からは、神経管や皮膚等ができる。

ヒトでは、「胚」という言葉は、受精卵が子宮に着床した時から、妊娠後8週目頃までを指し、妊娠8週目を過ぎると胎児と呼ばれるようになる。多くの種で、初期の胚は良く似ている。これは、多くの種が同じ進化の歴史を経てきているからであると説明される。これは相同性と呼ばれる。
(ウィキペディアより)

  • Kyoto University
    Graduate School of Medicine  
    Clinical Professor
  • Osaka University
    Graduate School of Medicine Division of Medicine  
    Professor
  • Tohoku University
    Graduate School of Agriculture Division of Life Science Department of Environmental Bioscience Laboratory of Environmental Biotechnology  
    Associate Professor
  • Keio University
    School of Medicine  
    Associate Professor
  • (Yoshida-Noro Chikako)
    Nihon University
    College of Industrial Technology, Department of Applied Molecular Chemistry  
    Professor
  • Kitasato University
    School of Marine Biosciences, Department of Marine Biosciences  
    Associate Professor
  • Waseda University
    Faculty of Science and Engineering  
  • Nara Medical University
    Professor
  • Hokkaido University
    Institute for the Advancement of Higher Education  
    Specially Appointed Professor
  • Tohoku University
    Graduate School of Life Sciences Department of Developmental Biology and Neurosciences Division of Developmental Biology Laboratory of Organ Morphogenesis  
    Professor