猪原 敬介

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 11:51
 
アバター
研究者氏名
猪原 敬介
eメール
kei.inoharagmail.com
URL
https://sites.google.com/site/keisukeinoharaweb
所属
くらしき作陽大学
部署
子ども教育学部 子ども教育学科
職名
講師
学位
博士(教育学)(京都大学)

プロフィール

『言語の学習』について,「認知科学(計算モデル・コーパス)」と「教育心理学(調査・実験)」の手法を用いて研究を進めています。特に,『読書からの偶発的語彙学習』に関心があります。

詳しい研究紹介・解説入り業績リストなどは個人HPで管理しています。
右上のプロフィールにあるURLからどうぞ。

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
くらしき作陽大学 子ども教育学部 子ども教育学科  講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
電気通信大学 情報理工学研究科(日本学術振興会) 特別研究員 PD
 
2014年4月
 - 
2016年3月
電気通信大学 情報理工学研究科  UECポスドク研究員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
福井大学 医学部 医学科 病態制御医学講座 精神医学領域  学術研究員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
京都大学 教育学研究科(日本学術振興会)  特別研究員DC1
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
京都大学大学院 教育学研究科 博士課程 教育科学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院 教育学研究科 修士課程 教育科学専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
岡山大学 文学部 行動科学科 心理学専修コース
 

受賞

 
2016年9月
日本認知科学会 『野島久雄賞』 読書が文章理解に与える影響に関する研究
 
2013年8月
博報財団 『優秀賞』(第7回 児童教育実践についての研究助成事業) 小学校低学年児童における読書量、語彙力、文章理解力の関係
受賞者: 猪原 敬介・上田 紋佳・塩谷 京子
 

論文

 
Inohara Keisuke, Ueda Ayaka, Shoya Kyoko, Osanai Hidekazu
Psychologia   60(2) 85-96   2018年9月   [査読有り]
乳幼児期から児童期における読み聞かせ頻度の変化と保護者の持つ読み聞かせの効果への期待 小学校に児童を通わせる保護者を対象とした実態調査
猪原 敬介, 上田 紋佳, 塩谷 京子
くらしき作陽大学作陽音楽短期大学研究紀要   50 15-23   2018年
体験の回避が就職活動不安と就職活動の関係に及ぼす影響
上田 紋佳, 猪原 敬介
ルーテル学院研究紀要   51 41-51   2018年
語彙力・文章理解力の発達に及ぼす読書のジャンルの影響―小学生3年生を対象とした縦断研究―
上田 紋佳, 猪原 敬介, 塩谷 京子, 小山内 秀和
読書科学   59 121-133   2017年   [査読有り]
共通点の探索を通じた創造的な着眼点の発見―対象間の関連性に着目した検討―
山川真由, 清河幸子, 猪原敬介
認知科学   24(3) 314-327   2017年   [査読有り]
Komeda H, Osanai H, Yanaoka K, Okamoto Y, Fujioka T, Arai S, Inohara K, Koyasu M, Kusumi T, Takiguchi S, Kawatani M, Kumazaki H, Hiratani M, Tomoda A, Kosaka H
Scientific reports   6 37875   2016年11月   [査読有り]
Morita Tomoyo, Kosaka Hirotaka, Saito Daisuke N., Fujii Takeshi, Ishitobi Makoto, Munesue Toshio, Inohara Keisuke, Okazawa Hidehiko, Kakigi Ryusuke, Sadato Norihiro
RESEARCH IN AUTISM SPECTRUM DISORDERS   26 16-32   2016年6月   [査読有り]
Arai S, Okamoto Y, Fujioka T, Inohara K, Ishitobi M, Matsumura Y, Jung M, Kawamura K, Takiguchi S, Tomoda A, Wada Y, Hiratani M, Matsuura N, Kosaka H
Brain & development   38(5) 471-480   2016年5月   [査読有り]
Fujioka T, Inohara K, Okamoto Y, Masuya Y, Ishitobi M, Saito DN, Jung M, Arai S, Matsumura Y, Fujisawa TX, Narita K, Suzuki K, Tsuchiya KJ, Mori N, Katayama T, Sato M, Munesue T, Okazawa H, Tomoda A, Wada Y, Kosaka H
Molecular autism   7 19   2016年3月   [査読有り]
Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial.
Kosaka, H., Okamoto, Y., Munesue, T., Yamasue, H., Inohara, K., Fujioka, T., Anme, T., Orisaka, M., Ishitobi, M., Jung, M., Fujisawa, T. X., Tanaka, S, Arai, S., Asano, M., Saito, D. N., Sadato, N., Tomoda, A., Omori, M., Sato, M., Okazawa, H., Higashida, H., & Wada, Y.
Translational Psychiatry   6 e872   2016年   [査読有り]
猪原 敬介, 上田 紋佳, 塩谷 京子, 小山内 秀和
教育心理学研究   63(3) 254-266   2015年11月   [査読有り]
Masuya Y, Okamoto Y, Inohara K, Matsumura Y, Fujioka T, Wada Y, Kosaka H
Molecular autism   6 34   2015年6月   [査読有り]
Inohara, K., Honma, R., Goto, T., Kusumi, T., & Utsumi, A.
Scientific Study of Literature      2014年1月   [査読有り]
Inohara, K. & Ueno, T.
Proceedings of the 36th Annual Conference of the Cognitive Science Society      2014年   [査読有り]
Matsuura, N., Ishitobi, M., Arai, S., Kawamura, K., Asano, M., Inohara, K., Narimoto, T., Wada, Y., Hiratani, M., & Kosaka, H.
Asian Journal of Psychiatry   12 50-57   2014年12月   [査読有り]
Jung M, Kosaka H, Saito DN, Ishitobi M, Morita T, Inohara K, Asano M, Arai S, Munesue T, Tomoda A, Wada Y, Sadato N, Okazawa H, Iidaka T
Molecular autism   5 35   2014年6月   [査読有り]
Matsuura N, Ishitobi M, Arai S, Kawamura K, Asano M, Inohara K, Fujioka T, Narimoto T, Wada Y, Hiratani M, Kosaka H
Child and adolescent psychiatry and mental health   8(1) 273   2014年   [査読有り]
Inohara,K. Tsunemi, K., & Kusumi, T
Psychologia   56 1-19   2013年4月   [査読有り]
Komeda H, Kosaka H, Saito DN, Inohara K, Munesue T, Ishitobi M, Sato M, Okazawa H
Molecular autism   4(1) 20   2013年6月   [査読有り]
Komeda H, Tsunemi K, Inohara K, Kusumi T, Rapp DN
Acta psychologica   142(3) 349-355   2013年3月   [査読有り]
猪原 敬介, 楠見 孝
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   19(1) 100-121   2012年3月
猪原 敬介, 堀内 孝, 楠見 孝
認知心理学研究   5(2) 141-152   2008年
塩田 真友子, 猪原 敬介, 堀内 孝
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (22) 88-82   2006年11月

書籍等出版物

 
猪原敬介 (担当:分担執筆, 範囲:読書は本当に読解力を上げる?)
ナガセ   2018年8月   
猪原敬介 (担当:分担執筆, 範囲:読書好きが学習のベースをつくる――教育・発達心理学的観点から)
金子書房   2018年6月   
トレヴァー・ハーレイ (担当:共訳, 範囲:意味(第5章))
誠信書房   2018年6月   ISBN:4414306329
猪原敬介 (担当:分担執筆, 範囲:「補助あり読書」で、もう一押しの支援を!)
学研プラス   2018年2月   
猪原 敬介
京都大学学術出版会   2016年3月   ISBN:481400012X
川﨑惠里子(編) (担当:分担執筆, 範囲:読書からの語彙獲得(第4章))
誠信書房   2014年9月   ISBN:4414300029
繁桝算男・四本裕子 (監訳) (担当:分担執筆, 範囲:音韻論,句構造文法など151項目)
培風館   2013年9月   ISBN:4563052345
福田 由紀 (担当:分担執筆, 範囲:LSAからみた単語意味の獲得 (コラム2))
培風館   2012年12月   ISBN:4563052310

競争的資金等の研究課題

 
読書量が多いのに言語力が伸びないのはなぜか:縦断調査・介入実験による検討
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 猪原 敬介
ベクトル空間モデルによる計算モデリング手法の深化と言語の意味の諸問題の認知的解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 内海 彰
読書が国語力に及ぼす長期的影響:実験と自然言語処理による検討
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 猪原 敬介
若手研究者に係る出版助成事業
京都大学: 総長裁量経費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 猪原 敬介
特定ジャンルの読書不足が語彙力・意味連想に与える影響:計算論アプローチによる検討
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2014年8月 - 2016年3月    代表者: 猪原 敬介
UECポスドク研究員 研究費
電気通信大学: 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 猪原 敬介
2014年度若手研究者国際会議発表助成
日本認知科学会: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 猪原 敬介
小学校低学年児童における読書量、語彙力、文章理解力の関係
博報財団: 第7回 児童教育実践についての研究助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 猪原 敬介
自閉症スペクトラム障害者への経鼻オキシトシン継続投与による治療効果の探求
公益財団法人 臨床薬理研究振興財団: 第36回 研究奨励金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 小坂 浩隆
文章理解における状況モデルと実世界との視空間的類似性に関する検討
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 猪原 敬介

講演・口頭発表等

 
データに基づいた知見の必要性 ―読書が言語力に及ぼす影響についての研究から―(読書・読書教育についての議論の現状と課題―データに基づく読書研究の推進に向けて―. 日本教育心理学会第58回総会, 自主企画シンポジウム,企画・話題提供)
猪原敬介
日本教育心理学会第58回総会   2016年10月   
読字スキルの発達に及ぼす読書の影響:小学校1年生から3年生にかけての縦断調査による検討
猪原敬介, 上田紋佳, 塩谷京子, 小山内秀和
第59回日本読書学会大会   2015年8月   
ADHDの小児におけるself-generated working memoryに影響を及ぼす前頭前野の極の発達の変化
新井 清義, 岡本 悠子, 藤岡 徹, 猪原 敬介, 石飛 信, 松村 由紀子, 丁 ミンヨン, 河村 佳保里, 滝口 慎一郎, 友田 明美, 和田 有司, 平谷 美智夫, 松浦 直己, 小坂 浩隆
日本脳科学会プログラム・抄録集   2015年11月   
「読む」「推論する」について(日本教育心理学会第56回総会 自主企画シンポジウム「児童の学習を支える力の育成・支援」話題提供,)
猪原敬介
日本教育心理学会第56回総会   2014年11月   
LSA predicts the effect of habitual reading on readers' word associations.
Inohara, K. & Kusumi, T.
The 21st annual meeting of the Society for Text and Discourse   2011年7月   

Works

 
猪原 敬介   データベース   2018年7月

Misc

 
猪原敬介, 内海彰
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   24th ROMBUNNO.P10‐6 (WEB ONLY)   2018年
日本語語彙についての多肢選択課題と既知判断課題の成績の関係―高校生から60歳代までを対象とした大規模調査
猪原敬介・古屋美樹・松尾千佳・沓澤糸
日本教育心理学会第59回総会      2017年10月
物語文・説明文・Webテキストの読書習慣と単語連想の関連についてのコーパス分析
猪原敬介, 内海彰
日本認知科学会第33回大会      2016年9月
読書におけるジャンルと語彙力の関連についてのコーパス分析 フィクション,ノンフィクション,Web文章の比較
猪原敬介, 内海彰
日本認知心理学会第14回大会      2016年6月
Inohara, K.,Utsumi, A.
Proceedings of the 38th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, Recogbizing and Representing Events, CogSci 2016, Philadelphia, PA, USA, August 10-13, 2016      2016年   [査読有り]

社会貢献活動

 
読み聞かせと本読み〜豊かに育つ「ことば」の世界
【出演】  倉敷市役所 企画財政局 企画財政部 企画経営室  倉敷市大学連携講座  2018年9月9日
児童における言語力の発達:本読みとの関連を中心に. 発達障害の子ども達への“あたたかい支援”とは ~発達障害の特性と子どもの発達をどのように捉えて支援するか~
【出演, パネリスト】  京都大学  研究大学強化促進事業「百家争鳴」プログラム  2014年2月16日

担当経験のある科目

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本認知科学会  編集委員(「認知科学」誌)
 
2015年4月
 - 
2018年2月
日本認知心理学会 ディスコース心理学研究部会  事務局
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本認知心理学会 ディスコース心理学研究部会  書記