基本情報

所属
環太平洋大学 次世代教育学部教育経営学科 学長補佐・教務部長・教授
学位
学術博士(神戸大学)

研究者番号
00723959
J-GLOBAL ID
201601011393935885

28年間、兵庫県の塾・予備校において英語教員として小中高生の指導に従事。教室責任者・エリア統括・教員研修責任者・教務開発部責任者の職務を担いつつ、神戸大学で学術博士を取得。2013年にIPU環太平洋大学に就任し、現在に至る。専門は英語科教育、応用言語学、コーパス言語学など。

経歴

  10

論文

  41

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  48

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  11

その他

  32
  • 2019年2月 - 2019年2月
    2019年度春期から教職員・学生に提供されるDropBoxの活用方法について、担当者から説明があった。また、実際の活用方法について質疑応答が行われた。2/7に基本知識の共有、2/22に応用事例の共有が図られた。
  • 2019年2月 - 2019年2月
    2018年10月に発足した学生評価委員会より、本学の教育改善に関する提言が行われた。主な内容は「学内ルールへの教職員間の意識の統一」「シラバスにおける到達目標の明確化」「グループワークにおける評価の公平性」であった。また同時に、カリキュラムマップ、シラバス、学年末集会について共有が図られた。
  • 2019年1月 - 2019年1月
    ディスカバリーにおけるアクティブ・ラーニングの在り方、インスパイアにおけるスポーツ科学調査の在り方について、担当者から報告があった。同時にアセスメントポリシーの点検として、後期授業アンケート(電子化)、学年末DP調査、カリキュラムマップやシラバスチェックの予定について共有が図られた。
  • 2018年12月 - 2018年12月
    はじめにアセスメントポリシーの進捗状況として、学修成果の可視化、高等教育の無償化、データサイエンスについて説明が行われた。次にテーマ別グループワークを通して、教員養成、公務員養成、企業員養成、初年次教育、課題探求型活動、資格・検定について話し合いが行われ、発表と質疑応答が行われた。
  • 2018年11月 - 2018年11月
    情報センターより、初年次生のPC必携化の現状、全学ICT活用状況アンケートの結果、今後の情報リテラシー教育の方向性について説明と報告がなされた。