基本情報

所属
九州大学芸術工学研究院 日本学術振興会特別研究員(PD)
学位
学士(音楽)(大阪音楽大学)
学士(発達科学)(神戸大学発達科学部)
修士(学術)(神戸大学大学院国際文化学研究科)
博士(学術)(2020年3月 神戸大学大学院国際文化学研究科)

研究者番号
50886687
J-GLOBAL ID
201701012631661385

1985年、大阪府東大阪市生まれ。


大阪音楽大学卒業。トランペットを宮村聡氏、秋月孝之氏に師事。
神戸大学発達科学部人間表現学科表現文化論音楽学教室に編入学。神戸大学大学院国際文化学研究科博士課程後期課程修了(学術博士)。専門は、芸術社会学文化政策研究。

研究の関心は、シンガポールと日本におけるアウトリーチプログラムやコミュニティ・アートで、「地産地消で、すべての人々が文化的に豊かに暮らせる芸術文化環境づくり」を目指している。

研究テーマの背景には、幼少時から20年間続いた介護体験、音楽大学やセンチュリ―ユースオーケストラで行っていたアウトリーチ活動、2008年の大阪府知事との「橋下文化行政に物申す」などを経験したことがある。

自ら音楽団体を主宰し、アウトリーチ活動(演奏活動)を行いながら、臨床と理論との往復を行い、考え続けている。

Dr. Akemi MINAMIDA is a Post-Doctoral Fellow of Japan Society for the Promotion of Science at Kyushu University, Faculty of Design and a professional trumpeter. She studied classical trumpeting and orchestra at Osaka College of Music and magicology at Kobe University (BA). Since enrolling as a master’s student at Kobe University Graduate School of Intercultural Studies, she has been researching cultural policy, in particular, outreach and community arts programs, in Singapore and Japan. She obtained her Ph.D. from Kobe University in March 2020.

Dr. MINAMIDA was a visiting student at National University of Singapore in 2013; visiting fellow at Nanyang Technological University, Singapore, from 2016 to 2017; a research fellow of the Japan Society for the Promotion of Science at Kobe University from 2016 to 2018; a educational assistant at Osaka College of Music from 2018 to 2020.

Some of the main publications by Dr.MINAMIDA are “The Dilemma between Cultural Policy and Arts Management in the Singapore Symphony Orchestra: National Prestige, Nation Building, Creative Economy,” Cultural Economics (Japan), 12(1), 1-13, 2015 and “Cultural Policy in Singapore from 1959 to 1965: A Case Study in Building ‘Malayan Culture’,” Cultural Policy Research, 11, 2018 etc.


委員歴

  1

論文

  7

MISC

  6

講演・口頭発表等

  26

所属学協会

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

学術貢献活動

  1

社会貢献活動

  3

その他

  2