基本情報

所属
東京学芸大学 教育学部 教育心理学講座 准教授
学位
博士(教育学)

J-GLOBAL ID
201101045216883349

説明的文章の読解を核として,理解と表現を含むリテラシーの実態解明と指導方法の開発を行なっています。
●説明文読解における読解方略の構造とその指導
読解方略の構造の明確化と,それを踏まえた方略指導法の開発を行なって「相互教授法」の開発や教室場面への応用,アセスメントの重要性を示す論文としてまとめました。「読むこと」だけに閉じるのではなく,表現活動を含んだリテラシーとして捉え,プロセスや指導方法を検討や実践,評価枠組みと支援システムの開発に取り組んでいます。
●数学教育に関する研究
記号を用いて論理的に考え,その記号体系に則って表現する,という点では文章の理解と共通であると考えます。しかし,多くの学習者にとって,数学の学習がそのような「ことばの学習」になっているとは言えません。数学特有の非言語的表象とのかかわりや独特の認識論的信念などに注目し,数学の理解と問題解決についての研究を実施しています。
●新しいメディアを用いた学習
テレビやSNSなど,新しいメディアを用いた学習にはどのような「リテラシー」が必要なのでしょうか。読解という観点から,新しいメディアでの学習のプロセスを研究しています。

受賞

  2

論文

  20

書籍等出版物

  12

講演・口頭発表等

  15

MISC

  41

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7