入野俊夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/11 10:06
 
アバター
研究者氏名
入野俊夫
URL
http://www.wakayama-u.ac.jp/~irino/
所属
和歌山大学
部署
システム工学部
職名
教授
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
現在
和歌山大学システム工学部 教授
 
2005年
 - 
2007年
統計数理研究所 客員教授
 
2000年
 - 
2002年
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員
 
1997年
 - 
2000年
ATR人間情報通信研究所 主任研究員
 
1987年
 - 
1997年
NTT基礎研究所 研究主任〜主任研究員
 

受賞

 
2010年4月
米国音響学会 (Acoust. Soc. Am., ASA) フェロー
 
2000年
日本音響学会 第40回佐藤論文賞
 
1989年
日本音響学会 粟尾潔学術奨励賞
 

論文

 
Speech intelligibility prediction using a multi-resolution gammachirp envelope distortion index with common parameters for different noise conditions,
Katsuhiko Yamamoto, Toshio Irino, Shoko Araki, Keisuke Kinoshita, and Tomohiro Nakatani,
   2018年10月   [査読有り]
Seminar on brain, hearing and speech sciences for universal speech communication , Tohoku Univ., Sendai, Japan, 25 - 26 Oct 2018, (発表:25 Oct 2018)
Toshio Irino, Kenji Yokota, Toshie Matsui, Roy D. Patterson
Acta Acustica united with Acustica   104(5) 887-890   2018年10月   [査読有り]
Nicolas Grimault, Toshio Irino, Samar Dimachki, Alexandra Corneyllie, Roy D. Patterson, Samuel Garcia
Acta Acustica united with Acustica   104(5) 904-908   2018年10月   [査読有り]
Hideki Kawahara and Ken-Ichi Sakakibara and Masanori Morise and Hideki Banno and Tomoki Toda and Toshio Irino
Proc. Interspeech 2018   2027-2031   2018年8月   [査読有り]
Katsuhiko Yamamoto and Toshio Irino and Narumi Ohashi and Shoko Araki and Keisuke Kinoshita and Tomohiro Nakatani
Proc. Interspeech 2018   1863-1867   2018年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
人工知能学大辞典
人工知能学会編 (担当:共著, 範囲:入野俊夫 "聴覚系のモデル,")
共立出版   2017年7月   ISBN:978-4-320-12420-2
Perspectives on Auditory Research
A. N. Popper and R. R. Fay (Eds.) (担当:共著, 範囲:Roy D. Patterson and Toshio Irino, "Size Matters in Hearing: How the Auditory System Normalizes the Sounds of Speech and Music for Source Size,")
Springer   2014年   ISBN:978-1-4614-9101-9
Springer Handbook of Auditory Research Vol. 50
森 周司, 香田 徹, 日比野 浩, 任 書晃, 倉智 嘉久, 入野 俊夫, 鵜木 祐史, 鈴木 陽一, 牧 勝弘, 津崎 実 (担当:共著, 範囲:第4章"聴覚フィルタの心理物理実験とモデル," 第7章"シミュレータによる内部表現と特徴量,")
コロナ社   2011年   ISBN:9784339013238
日本音響学会編 音響サイエンスシリーズ
Neurophysiological Bases of Auditory Perception
Enrique A. Lopez-Poveda, Alan R. Palmer, and Ray Meddis (Eds.) (担当:共著, 範囲:Toshio Irino, Yoshie Aoki, Hideki Kawahara, and Roy D. Patterson, "Size Perception for acoustically scaled sounds of naturally pronounced and whispered words,")
Springer, LaVergne, TN USA   2010年4月   ISBN:978-1-4419-5685-9
Computer Processing of Asian Spoken Languages
Shuichi Itahashi and Chiu-yu Tseng (Eds.) (担当:共著, 範囲:Hideki Kawahara, Masanori Morise, Toru Takahashi, Ryuich Nishimura, Hideki Banno, Toshio Irino, "STRAIGHT, a framework for speech analysis, modification and synthesis,")
Consideration Books, Los Angeles, USA   2010年3月   ISBN:978-0-935047-72-1

特許

 
特許米国特許, 8781819 : Periodic signal processing method, periodic signal conversion method, periodic signal processing device, and periodic signal analysis method,
河原英紀, 森勢将雅, 高橋徹, 入野俊夫
森勢 将雅, 入野 俊夫, 河原 英紀, 坂野 秀樹

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 花田里欧子
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 入野俊夫
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 井上雅史
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岡本康秀
日本学術振興会: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 河原英紀

講演・口頭発表等

 
レベル依存性のある蝸牛雑音フロアを考慮した聴覚フィルタ特性の推定
横田 健治, 入野 俊夫 , 松浦 弘樹, Roy D. Patterson
聴覚研究会   2018年12月14日   九州大
2018年12月14日-15日
松井淑恵,坂野秀樹,西村竜一,入野俊夫
電子情報通信学会, 音声研究会/福祉工学研究会   2018年10月27日   電子情報通信学会, 音声研究会/福祉工学研究会
vol. 118, no. 269, SP2018-38, pp. 31-36
Toshio Irino and Roy D. Patterson
International Symposium on Universal Acoustical Communication 2018   2018年10月24日   
複数の雑音条件下における共通パラメータを用いた音声了解度予測
山本克彦,入野俊夫,荒木章子,木下慶介,中谷智広
秋季研究発表会講演論文集   2018年9月12日   日本音響学会
2-P-42, pp.897-898, 12-14 Sep 2018,
敵対的生成ネットワークを用いた楽曲 の自動コード推定法の検討
納庄 貴大, 西村竜一, 入野 俊夫
第120回音楽情報科学研究会(夏の シンポジウム)   2018年8月22日   情報処理学会
発表番号6, 研究報告音楽情報科学(MUS), 2018-MUS-120(6),1- 6,2018年8月21日-23日

Misc

 
畑山春菜, 長谷川純, 吐師道子, 松井淑恵, 入野俊夫
県立広島大 紀要 人間と科学   18(1) 19‐26-26   2018年3月
"難聴のある高齢者に話しかける際に,聞き取りを助ける方法の1つとして,文節の間をあけて話すことが推奨されている。こうした文節休止が文の聴取に与える効果について,模擬難聴システムを用いて高齢者の聴力をシミュレーションし,若年健聴者を対象に聴取実験を行なって検討した。その結果,文節休止0.6 秒,文節休止0.1秒,文節休止なしの順に文聴取の正答率が高く,文節休止は聞き取りの向上につながると考えられた。また,ごく短い0.1 秒の休止でも,一定の効果があることが示唆された。"When speaki...

学歴

 
1982年4月
 - 
1987年3月
東京工業大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 博士課程
 
1978年4月
 - 
1982年3月
東京工業大学 工学部 電気・電子工学科