Ishigaki Tomoya

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 19:06
 
Avatar
Name
Ishigaki Tomoya
E-mail
ishigakingu.ac.jp
Affiliation
Nagoya Gakuin University
Section
Faculty of Rehabilitation ScienceDepartment of Physical Therapy

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Morioka S, Osumi M, Nishi Y, Ishigaki T, Ishibashi R, Sakauchi T, Takamura Y, Nobusako S
Annals of clinical and translational neurology   6(3) 596-604   Mar 2019   [Refereed]
岸田 和也, 石垣 智也, 平田 康介, 山野 宏章, 松本 大輔
理学療法科学   34(1) 53-59   Feb 2019   [Refereed]
[目的]回復期リハ病棟退院直後に訪問リハを利用した日常生活活動に介助を要する者の家族介護負担軽減とその関係要因を検討すること。[対象と方法]17名を対象に介護負担尺度(J-ZBI_8)の開始時と30日後、終了時(180日後または調査終了時)との変化量と各評価項目の相関分析を行った。[結果]介護負担軽減は、30日後では頻回な訪問リハの実施、良好な利用者家族関係、頻回な家族教育、密なケアマネジャーとの連携、終了時では頻回かつ密な家族教育と有意な関係を認めた。[結語]退院後の介護負担軽減には、短...
Imai R, Osumi M, Ishigaki T, Kodama T, Shimada S, Morioka S
Neuroreport   28(17) 1144-1149   Dec 2017   [Refereed]
Imai R, Osumi M, Ishigaki T, Morioka S
Journal of physical therapy science   29(7) 1236-1241   Jul 2017   [Refereed]
Imai R, Osumi M, Ishigaki T, Morioka S
Clinical rehabilitation   31(5) 696-701   May 2017   [Refereed]
Ogawa T, Omon K, Yuda T, Ishigaki T, Imai R, Ohmatsu S, Morioka S
Clinical rehabilitation   30(9) 909-920   Sep 2016   [Refereed]
Ishigaki T, Ueta K, Imai R, Morioka S
Experimental brain research   234(6) 1429-1440   Jun 2016   [Refereed]
石垣智也, 石垣智也, 尾川達也, 永野咲恵, 宮尾康平, 西本絵美, 松本大輔
奈良理学療法学   (8) 10‐16-16   Mar 2016
目的:回復期リハビリテーション病棟(回復期リハ病棟)入院時のリハビリテーションへの参加意欲(リハ参加意欲)に関連する個人要因を、入院前生活の健康行動と社会経済的要因を考慮し検討すること。方法:多施設共同研究データから、235名を解析対象とした。入院時リハ参加意欲はPittsburgh Rehabilitation Participation Scaleで評価し、これに対して基本特性のみを考慮したモデルに、入院前生活の健康行動(入院前生活における自主的な運動機会の有無:入院前運動機会)を加え...
石垣 智也, 泉 真里恵, 田中 秀憲, 柳井 沙希, 尾川 達也, 松波 咲恵, 宮尾 康平, 西本 絵美, 松本 大輔
理学療法科学   29(4) 521-525   Aug 2014   [Refereed]
[目的]回復期リハビリテーション(以下、リハビリ)病棟入院患者の入院初期のリハビリへの参加意欲をPittsburgh rehabilitation participation scale(以下、PRPS)を用いて評価し、これと入院時の運動FIMとの関連性を検討することとした。[対象]回復期リハビリ病棟5施設の236名(平均年齢;77.7±12.4歳)を対象とした。[方法]入院時の運動FIMに対する入院初期のPRPSの関連性を、基本特性を考慮したうえで重回帰分析により評価した。[結果]入院時...
高取 克彦, 松本 大輔, 石垣 智也, 胡内 貴子
理学療法科学   29(2) 225-228   Apr 2014   [Refereed]
[目的]高齢者の転倒恐怖感とバランス機能および体型との関係を明らかにすること。[対象]介護予防普及啓発事業に参加した高齢女性71名。[方法]転倒に関するアンケート調査と重心動揺検査を実施した。アンケートは転倒恐怖感、転倒または転倒インシデント、疼痛の有無を聴取し、体型はBMIに基づいて分類した。[結果]転倒恐怖感は転倒インシデントの有無による差を示さず、肥満体型の者で有意に大きかった。また転倒恐怖感は開眼単位軌跡長と有意な相関を示し、重回帰分析では開・閉眼単位軌跡長が関連因子として抽出され...

Misc

 
なるほど脳科学(第4回)(最終回) 大脳辺縁系の脳科学
今井 亮太, 石垣 智也, 森岡 周
脳の看護実践   4(4) 68-73   Apr 2019
なるほど脳科学(第3回) 大脳基底核の脳科学
石垣 智也, 森岡 周
脳の看護実践   4(3) 81-86   Jan 2019
「している歩行能力」を捉える定量的な評価システムの構築と在宅リハビリテーションにおける実態調査
石垣智也
公益財団法人勇美記念財団 在宅医療助成報告書      2019
石垣智也, 石垣智也, 尾川達也, 宮下敏紀, 宮下敏紀, 平田康介, 岸田和也, 松本大輔
フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団研究助成・事業助成報告書   28th 221‐232   Nov 2018
なるほど脳科学(第2回) 運動と脳科学
今井 亮太, 石垣 智也, 森岡 周
脳の看護実践   4(2) 81-85   Oct 2018
なるほど脳科学 前頭前野の脳科学
石垣 智也, 森岡 周
脳の看護実践   4(1) 54-59   Jul 2018
科学的根拠に基づいた社会参加の意義と実際(第3回) 身体機能に対する社会参加の意義 身体活動と屋外歩行の科学的根拠
石垣 智也, 尾川 達也, 森岡 周
地域リハビリテーション   13(3) 212-218   Mar 2018
石垣智也, 竹村真樹, 岸田和也, 辰巳博俊, 山野宏章, 松本大輔
大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集   29 59‐69   Jun 2016
回復期リハビリテーション病棟入院患者におけるリハビリテーションへの参加意欲が日常生活機能改善および住宅復帰に与える影響についての多施設共同研究(平成24年度 大同生命厚生事業団 地域保健福祉研究助成 研究報告書)
石垣智也
平成24年度大同生命厚生事業団地域保健福祉研究助成研究報告書集   235-239   2014