ISHIDA Satoshi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 29, 2019 at 22:24
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
 - 
Today
Unit Leader, Institute for Rural Engineering,Division of Regional Resources Engineering, Groundwater Resources Unit, National Agriculture and Food Research Organization
 

Education

 
Apr 1981
 - 
Mar 1989
University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
2017
学会功労賞, Japanese Association of Groundwater Hydrology
 

Published Papers

 
白旗 克志, 吉本 周平, 土原 健雄, 石田 聡
応用地質 = Journal of the Japan Society of Engineering Geology   59(4) 201-212   Oct 2018
土原 健雄, 吉本 周平, 皆川 裕樹, 白旗 克志, 石田 聡
地下水学会誌   60(2) 169-192   May 2018
土原健雄, 奥山武彦, 石田聡, 白旗克志
地下水学会誌   60(1) 41‐52   Feb 2018
Shirahata Katsushi, Yoshimoto Shuhei, Tsuchihara Takeo, Ishida Satoshi
GEOLOGIA CROATICA   71(2) 83-90   2018   [Refereed]
白旗克志, 吉本周平, 土原健雄, 石田聡
農村工学研究部門成果情報   2016 23‐24   Sep 2017
白旗克志, 吉本周平, 土原健雄, 石田聡
地盤工学会誌   65(9) 24‐25   Sep 2017
土原健雄, 吉本周平, 吉本周平, 石田聡
地下水学会誌   59(3) 239‐251,205(1)   Aug 2017
奥山 武彦, 土原 健雄, 石田 聡, 白旗 克志
地盤工学会誌 = Geotechnical engineering magazine : 土と基礎   65(8) 18-21   Aug 2017
石田 聡, 白旗 克志, 土原 健雄, 吉本 周平
農研機構研究報告 農村工学研究部門 = Bulletin of the NARO, Rural Engineering   (1) 11-17   Mar 2017
1 本の井戸の任意の深度を空気パッカーで遮断し,パッカーの上下2 深度から同時に揚水することで帯水層内の水質混合を抑止する単孔式二重揚水装置を作製した。この装置を用い,農村工学研究部門内の井戸の地下水面下2m にパッカーを設置して取水試験を行い,揚水中の水位,EC,pH,水温,DO,ORP をパッカー上段・下段それぞれについて測定した。その結果,揚水強度2L/min ではパッカー上段の水位は時間とともに低下した。これに対しパッカー下段の水位は殆ど変化せず,上段の水位変化の影響を受けなかった...
石田 聡, 白旗 克志, 土原 健雄, 吉本 周平
水土の知 : 農業農村工学会誌   85(3) 241-244   Mar 2017
Shirahata Katsushi, Yoshimoto Shuhei, Tsuchihara Takeo, Ishida Satoshi
PADDY AND WATER ENVIRONMENT   15(1) 36-36   Jan 2017   [Refereed]
中里裕臣, 白旗克志, 土原健雄, 石田聡
地盤工学会誌   65(1) 46‐47   Jan 2017
Shirahata Katsushi, Yoshimoto Shuhei, Tsuchihara Takeo, Ishida Satoshi
JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY   50(3) 252-252   Jul 2016   [Refereed]
吉本 周平, 土原 健雄, 白旗 克志, 石田 聡
地下水学会誌   58(2) 227-240,図巻頭1枚   May 2016
石田 聡, 有田 智也, 曹 英傑, 唐 常源, 白旗 克志, 土原 健雄, 吉本 周平
農村工学研究所技報   (218) 89-97   Mar 2016
石田 聡, 白旗 克志, 土原 健雄
JATAFFジャーナル = JATAFF journal : 農林水産技術   3(9) 30-34   Sep 2015
吉本 周平, 澁谷 達也, 酢谷 岳, 黒田 清一郎, 土原 健雄, 白旗 克志, 石田 聡
農村工学研究所技報   (217) 13-28   Mar 2015
富山県砺波市の庄川扇状地に位置する砺波西中調整池で実施された浸透試験において,周辺の地下水の主要イオン組成やラドン濃度を測定し,これらの結果を踏まえて,調整池への湛水が地下水環境に与える影響を把握するためのモニタリング方法について検討した。調整池近傍の地下水面付近については,ラドン濃度を指標として調整池からの浸透水による地下水への寄与を把握できる。また,カルシウムイオンや硝酸性窒素の濃度変化もこれと整合的である。比較的深層の地下水については,ラドンやカルシウムイオン,硝酸性窒素の濃度に明瞭...
石田 聡, 吉本 周平, 幸田 和久, 小林 勤, 白旗 克志, 土原 健雄
農村工学研究所技報   (217) 1-12   Mar 2015
トンガ王国ババウ群島ババウ島およびハアパイ諸島リフカ島において,淡水レンズ地下水中の電気伝導度(EC)測定およびイオン濃度分析を行った。調査の結果,ババウ島においては一部の揚水井戸で150mS/mを超えるECが観測された。リフカ島においては,水道水源施設である暗渠(ギャラリー)および井戸のECは150mS/mを下回っていたが,塩水化によって揚水を停止した施設が存在した。測定結果と既往の記録等により地下水塩水化の要因を分析したところ,ババウ島ではそれまで分散して配置されていた揚水用の井戸が減...
ISHIDA Satoshi, YOSHIMOTO Shuhei, SHIRAHATA Katsushi, TSUCHIHARA Takeo
Journal of Groundwater Hydrology   57(4) 515-532   2015
NO3-N concentrations, δ15N and SF6, in groundwater were measured at 39 observation wells in 2009 and 2012 in a reservoir area of the Sunagawa underground dam, completed in 1994, to evaluate the environmental impact...
石田 聡, 白旗 克志, 土原 健雄, 吉本 周平
地盤工学会誌   62(11) 36-37   Nov 2014
幸田 和久, 小林 勤, 石田 聡, 吉本 周平
地盤工学会誌 : 土と基礎   62(11) 30-33   Nov 2014
白旗 克志, 石田 聡, 吉本 周平, 土原 健雄
農村工学研究所技報   (215) 141-154   Mar 2014
愛知ら(2011)によれば,複数の正弦振動成分からなる潮位変動の影響をうける不圧帯水層で実測した水位変動を,異なる周期成分に分離して応答を分析する方法は,愛知ら(2011)以前に検討例がない。我が国では,南西諸島の淡水レンズのほか沿岸域の不圧帯水層の地下水利用は普通にみられ(例えば磯崎,1970; 森ら,2012),また上述のように将来的な開発構想もあることから,不圧帯水層の地下水位の潮汐応答や水理性状に関する上記のような分析方法の検討は重要である。本報告では,潮汐に応答する淡水レンズ地下...
Yoshimoto Shuhei, Tsuchihara Takeo, Ishida Satoshi, Imaizumi Masayuki
ENVIRONMENTAL EARTH SCIENCES   70(5) 2061-2077   Nov 2013   [Refereed]
Koda Kazuhisa, Manpuku Yuzo, Kobayashi Tsutomu, Ishida Satoshi, Yoshimoto Shuhei, Okubo Masaaki
JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY   47(3) 257-272   Jul 2013   [Refereed]
ISHIDA Satoshi, YOSHIMOTO Shuhei, KOBAYASHI Tsutomu, KODA Kazuhisa, NAKAZATO Hiroomi
地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   61(6) 32-35   Jun 2013
Measurements of electric conductivity in groundwater, electromagnetic surveys (TEM) and DC resistivity surveys were carried out at Laura island where the fresh water lens developed on the Majuro atoll, Republic of the Marshall Islands. The thickne...
吉本 周平, 今泉 眞之, 石田 聡, 小倉 力, 奥島 修二
農村工学研究所技報   (214) 175-196   Mar 2013
東京電力福島第一原子力発電所の事故によって汚染された農地を対象として,NaI(T1)シンチレーション検出装置から得られたγ線スペクトルのピーク判定と計数解析を自動的に実行する手法を提示するとともに,福島県飯舘村で実施された除染技術実証試験の効果の評価に適用した。以下に,結果の概要を示す。・ピーク判定の結果,134Csの600keV付近と800keV付近のピーク,137Csの662keVのピークについては,検出率が100%である。137Csの662keVのコンプトン端に相当するとみられる46...
石田 聡, 吉本 周平, 白旗 克志, 土原 健雄, 今泉 眞之
農村工学研究所技報   (214) 163-173   Mar 2013
本研究では沖縄県多良間島を調査地として,淡水レンズの動態を把握する手法を検討するため,オールストレーナの観測孔内の5深度に自記電気伝導度計を設置し,孔内電気伝導度を1時間間隔で測定した。測定の結果,孔内の電気伝導度は潮汐の影響を受け周期的に変動していることが明らかになった。この影響は測定値の25時間の平均を取ることで取り除くことができたが,台風時などの不定期な潮位変動の影響は取り除くことはできなかった。淡水レンズの塩淡境界深度を求めるには,塩淡境界の上下に設置した自記電気伝導度計の測定値を...
Yoshimoto Shuhei, Tsuchihara Takeo, Ishida Satoshi, Masumoto Takao, Imaizumi Masayuki
PADDY AND WATER ENVIRONMENT   9(4) 367-384   Dec 2011   [Refereed]
TSUCHIHARA Takeo, YOSHIMOTO Shuhei, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki
Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan   79(5) 339-348   Oct 2011
The coastal lakes, which are designated for inclusion of Rishiri-Rebun-Sarobetsu National Park, are located in the northern part of Hokkaido Pref, Japan and nurse rich ecosystems. This study is associated with environmental isotope-based investiga...
ISHIDA Satoshi, TSUCHIHARA Takeo, YOSHIMOTO Shuhei, MINAKAWA Hiroki, MASUMOTO Takao, IMAIZUMI Masayuki
Irrigation, Drainage and Rural Engineering journal   79(3) 7-18   Jun 2011
木下 勝義, 川本 治, 正田 大輔, 石田 聡, 中里 裕臣, 田頭 秀和
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (211) 215-221   Mar 2011
吉本 周平, 土原 健雄, 石田 聡, 今泉 眞之
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (211) 35-43   Mar 2011
土原 健雄, 吉本 周平, 石田 聡, 今泉 眞之
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (211) 21-34   Mar 2011
石田 聡, 吉本 周平, 小林 勤, 幸田 和久, 土原 健雄, 中里 裕臣, 増本 隆夫, 今泉 眞之
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (211) 9-20   Mar 2011
Ishida S., T. Tsuchihara, S. Yoshimoto and M. Imaizumi
JARQ   45(1) 51-61   Jan 2011   [Refereed]
Imaizumi Masayuki, Tsuchihara Takeo, Yoshimoto Shuhei, Ishida Satoshi, Uchiyama Sadayuki, Yuuki Youichi
JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY   44(3) 291-299   Jul 2010   [Refereed]
ISHIDA Satoshi, YOSHIMOTO Shuhei, KOBAYASHI Tsutomu, KODA Kazuhisa, TSUCHIHARA Takeo, MANPUKU Yuzo
地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   58(5) 22-25   May 2010
Measurements of electric conductivity in groundwater and electromagnetic surveys were carried out at Laura island where the fresh water lens developed on the Majuro atoll, Republic of the Marshall Islands. The fresh groundwater was shape of the le...
石田 聡, 土原 健雄, 吉本 周平, 皆川 裕樹, 増本 隆夫, 今泉 眞之
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (210) 1-9   Mar 2010
淡水レンズは、島や半島において海水を含む帯水層の上部に、密度差によってレンズ状に浮いている淡水域を指し、カリブ海、太平洋、インド洋などの低平な島嶼や、我が国における沖縄県大東島や多良間島などの南西諸島などでは重要な水資源となっている。淡水レンズは降雨浸透水と海水の微妙な圧力バランスによって形成されていることから、降水量の変化、揚水量の変化、海水準の変化に対して、その賦存量が大きく影響を受け、水資源として脆弱である。一方で、我が国では沖縄県を対象として淡水レンズを水源として保全・開発する予定...
TSUCHIHARA Takeo, YOSHIMOTO Shuhei, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki
Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   77(2) 207-217   Apr 2009
The principals and procedures of ELISA (Enzyme-linked Immunosorbent Assay)-based determination of pesticides (Fenitrothion) in environmental samples were reviewed, and the applicability of the ELISA method for groundwater quality monitoring were v...
石田 聡, 東 一樹, 土原 健雄
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (209) 7-15   Mar 2009
湧水や湿原および周辺の生態系の保全、持続的な地下水資源の確保、地盤沈下問題の解決などのためには、土壌(涵養)→帯水層(流動)→河川・海(流出)までを一連の水移動機構として捉える必要がある。特に、浅層地下水利用が盛んな盆地においては、河川水が伏流水となって地下水として涵養され、下流で再び河川に湧出しており、地下水資源の保全を考える上では、河川と地下水の相互作用を明らかにすることは重要な課題である。本研究では、ラドン濃度測定により、盆地末端部における河川中の地下水湧出状況を明らかにすることを目...
吉本 周平, 土原 健雄, 石田 聡
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (207) 109-126   Mar 2008
近年、国内外のさまざまな地域において、地下水中の硝酸性窒素(NO3-N)濃度の上昇が問題となっている。汚染の原因としては、農地への過剰な施肥および畜産排泄物や生活排水の不適切な処理などが考えられる。宮古島は南西諸島の西部に位置する平坦な島で、主要な産業はサトウキビを中心とする農業である。表層地質である琉球石灰岩は、サンゴや有孔虫などの骨格を形成する炭酸塩鉱物からなる炭酸塩岩であり、多孔質で透水性が極めて高く、降雨の大部分が速やかに地下に浸透することから、河川の発達が無く、島の生活用水や農業...
YOSHIMOTO Shuhei, TSUCHIHARA Takeo, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   75(5) 545-558   Oct 2007
吉本 周平, 土原 健雄, 石田 聡
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (206) 195-208   Mar 2007
Imaizumi Masayuki, Ishida Satoshi, Tuchihara Takeo
PADDY AND WATER ENVIRONMENT   4(4) 251-263   Dec 2006   [Refereed]
TSUCHIHARA Takeo, YOSHIMOTO Shuhei, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki
Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   74(11) 981-984   Nov 2006
TSUCHIHARA Takeo, II Hiroyuki, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   74(5) 755-765   Oct 2006
Tsuchihara Takeo, Ishida Satoshi, Imaizumi Masayuki, Kawachi Toshihiko
PADDY AND WATER ENVIRONMENT   4(3) 125-137   Sep 2006   [Refereed]
TSUCHIHARA Takeo, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki
Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   74(7) 587-590   Jul 2006
2005年11月に開催されたラムサール条約第9回締約国会議において, 日本の湿地20カ所が新たに「国際的に重要な湿地」として登録され, 釧路湿原, 琵琶湖等の既に登録されている13カ所と併せた日本の登録湿地数は33となった。湿原はその多くが河川や帯水層に直結しており, 水管理の観点からも湿原の適正な保全・管理はこれまで以上に大きな課題となってきている。本報では, 湿原の再生, 保全, 管理に資するという観点から, 国内外の湿原の現状, 湿原の機能を評価する上で基礎となる湿原水文学について概...
Ishida Satoshi, Tsuchihara Takeo, Imaizumi Masayuki
PADDY AND WATER ENVIRONMENT   4(2) 101-110   Jun 2006   [Refereed]
TSUCHIHARA Takeo, NAKAYA Tetsuo, ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki, KAWACHI Toshihiko
Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   73(6) 575-586   Dec 2005
The Chiruwatsunai River of an arborescent stream system, one of the major natural rivers in Kushiro wetland, is fed by a lot of in-and off-stream springs directly and indirectly, respectively. The in-stream springs are those springing up from the ...
ISHIDA Satoshi, MORI Kazushi, TSUCHIHARA Takeo, IMAIZUMI Masayuki
Journal of the Japan Society of Engineering Geology   46(4) 207-219   Oct 2005
The mechanisms of preferential flow and recharge to groundwater through macropores of sand and gravel aquifer were investigated in the experimental artificial recharge site with recharge pit(2m in diameter and 3m in depth)in Uonuma upland, Niigata...
ISHIDA Satoshi, TSUCHIHARA Takeo, IMAIZUMI Masayuki
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   73(3) 313-321   Jun 2005
ISHIDA Satoshi, HARA Ikuo, TSUCHIHARA Takeo, IMAIZUMI Masayuki
Journal of the Japan Landslide Society   41(5) 467-474   Jan 2005
IMAIZUMI Masayuki, ISHIDA Satoshi, TSUCHIHARA Takeo, KOMAE Takami
Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   72(7) 565-570   Jul 2004
ISHIDA Satoshi, IMAIZUMI Masayuki, TSUCHIHARA Takeo, NIHIRA Satoshi
Journal of the Japanese Society of Irrigation,Drainages and Reclamation Engineering   71(1) 35-38   Jan 2003
Ishida S, M. Kotoku, E. Abe, MA. Fazal, T. Tsuchihara, M. Imaizumi
RMZ Materials and Geoenvironment   50(1) 149-152   Sep 2003   [Refereed]
Yokoyama Takao, Satoh Yoshikazu, Isida Satoshi
Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series B.   59(563) p2294-2299   Jul 1993
We have simulated the heat transfer in aquifer thermal energy storage by a full-scale code that has reflected local properities in the underground. Although this simulation code is very useful in understanding heat transfer accurately, it is not e...
Artificial Recharge of Groundwater in Dune Sand for the Use of Thermal Energy
ISHIDA Satoshi, INAMOTO A., KOBAYASHI I., NAKAGAWA K., FUJINAWA K., and YOKOYAMA T.
Selected Papers on environmental Hydrogeology   4 205-213   1993   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
中里裕臣, 石田聡, 白旗克志, 土原健雄, 紺野道昭
日本応用地質学会研究発表会講演論文集   5 Oct 2018   
石田聡, 白旗克志, 土原健雄, 紺野道昭, 中里裕臣
日本応用地質学会研究発表会講演論文集   5 Oct 2018   
NAKAZATO Hiroomi, ISHIDA Satoshi, TSUCHIHARA Takeo, YOSHIMOTO Syuhei, MINAGAWA Hiroki
物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   23 Nov 2009   

Research Grants & Projects

 
JSPS: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): ISHIDA Satoshi
JSPS: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): ISHIDA Satoshi
JSPS: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015    Investigator(s): ISHIDA Satoshi
JSPS: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012    Investigator(s): ISHIDA Satoshi