MISC

2002年1月

競合リスク理論によるC/Cコンポジットの曲げ破壊の評価

Proceedings of International Conference on Carbon in 2002 (Carbon2002) (CD-ROM)
  • 石原 正博
  • ,
  • 小嶋 崇夫
  • ,
  • 星屋 泰二

開始ページ
6
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

2次元織りの炭素繊維強化炭素マトリックス複合材料(C/Cコンポジット)について、曲げ破壊特性を実験及び解析的に検討した。実験では、C/Cコンポジットの基本的な破壊様式を明らかとするために、曲げ試験及び試験後の破面観察を行った。破面観察の結果、引張り破壊様式,圧縮破壊様式及びせん断破壊様式の3種類の基本的な破壊様式が認められた。そこで、これら基本的な破壊様式が競合して強度が発現されるとした競合リスク理論を用いて曲げ破壊の解析的検討を行った。競合リスク理論に用いるパラメータは別途実施した実験により定め、曲げ強度の予測を試みた。その結果、曲げ強度が競合リスク理論により良く予測できることが明らかとなり、本理論により、より一般的な応力勾配下の強度予測が可能であることがわかった。さらに、本理論と有限要素法とを組み合わせることにより、任意形状をした構造体の強度予測を可能とする予測モデルの提案を行った。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?19450

エクスポート
BibTeX RIS