MISC

2001年8月

微細構造を考慮した脆性破壊モデルの黒鉛構造設計法への応用

Transactions of 16th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology (SMiRT-16) (CD-ROM)
  • 石原 正博
  • ,
  • 高橋 常夫*
  • ,
  • 塙 悟史

開始ページ
8
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

Burchellにより提案された黒鉛材料の微細組織構造を考慮した確率論的な破壊モデルは、微細組織として粒子サイズ、気孔サイズ及びその分布が考慮でき、平均引張強度のみならず引張強度分布も精度よく予測できることから注目されている。そこで、この微細構造を考慮した脆性破壊モデルの応力勾配下への適用性について検討するとともに、セラミックス材料で広く用いられているワイブル理論との比較検討を行った。その結果、微細構造に基づく破壊モデルは、曲げ強度のみならず曲げ応力と引張応力の混在した応力状態でも強度の予測が可能であること、また、ワイブル理論とほぼ同じ強度予測をするものであることが明らかとなった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?12057

エクスポート
BibTeX RIS