MISC

2000年1月

黒鉛材料の酸化による強度劣化特性の非破壊的検出法

第4回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム講演論文集
  • 石原 正博
  • ,
  • 柴田 大受

開始ページ
101
終了ページ
108
記述言語
日本語
掲載種別

セラミックスの超音波伝播メカニズムとして、入射した超音波と均一に配列した気孔との相互干渉を考慮したものが高坪らにより提案され、微細構造と超音波物性との相関性について研究が進められている。一方、実用的な材料の場合には、黒鉛の酸化のように気孔サイズが一様でない場合が多く、この場合の超音波波形の解析が重要であることが多い。そこで、本報告では気孔サイズが異なる場合の超音波波形について解析的な検討を行い、超音波と非均一に配列した気孔との相互干渉効果を考慮した超音波伝播モデルを提案した。提案モデルの工学的な応用として、超音波伝播モデル及び破壊力学モデル組み合わせモデルを検討したところ、この組み合わせモデルにより超音波伝播波形から酸化後の黒鉛材料の強度予測が可能であることがわかった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?8053

エクスポート
BibTeX RIS