MISC

1994年1月

HTTR炉床部構造の耐震健全性評価, III; サポートポストの構造健全性

Nucl. Eng. Des.
  • 石原 正博
  • ,
  • 伊与久 達夫
  • ,
  • 二川 正敏

148
開始ページ
91
終了ページ
100
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.1016/0029-5493(94)90244-5

高温工学試験研究炉(HTTR)の炉床部に設置する黒鉛製サポートポストの座屈試験を実スケールおよび1/2スケールの要素試験片を用いて実施した。試験では、サポートポストの傾斜角、繰返し荷重および酸化量を変化させて座屈強度を調べた。その結果、1.サポートポストの傾斜角および繰返し荷重が座屈強度にほとんど影響しないこと、2.通常運転時には、サポートポストに約20倍の安全裕度があること、3.空気侵入事故時にサポートポストが酸化され、同時に最大の地震荷重を負荷した状態でも、サポートポストに4.5倍の安全裕度があること、等が明らかとなり、サポートポストの健全性を実証した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1016/0029-5493(94)90244-5
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?2053870
ID情報
  • DOI : 10.1016/0029-5493(94)90244-5
  • ISSN : 0029-5493

エクスポート
BibTeX RIS