論文

査読有り
2005年11月

二次元C/C複合材料の座屈破壊

Key Engineering Materials
  • 石原 正博
  • ,
  • 山地 雅俊*
  • ,
  • 馬場 信一
  • ,
  • 塙 悟史

297-300
開始ページ
201
終了ページ
206
記述言語
英語
掲載種別

炭素繊維強化炭素複合材料(C/C複合材)は高温耐熱性に優れ、原子力分野でも高温ガス炉用材料や核融合炉材料としての利用が期待されている。C/C複合材料のうち、PAN系二次元C/C複合材料(2D-C/C複合材料)がその特性及びコストの観点から最も有望視されており、原子力分野への適用を念頭に各種強度特性データなども取得されはじめている。C/C複合材料の構造材への適用を考えた場合、座屈破壊の防止は重要な検討項目の一つであるが、C/C複合材料の座屈破壊に関する研究は皆無の状態である。そこで本研究では、試験片のアスペクト比を変えた2D-C/C複合材料の座屈試験を行うとともにSEMによる破面観察を行った。検討の結果、2D-C/C複合材料の座屈には三つのモードが存在することが明らかとなり、それらは等方性材料などに一般的に用いられるオイラーの理論では説明できないものであった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?29764
ID情報
  • ISSN : 1013-9826

エクスポート
BibTeX RIS