論文

査読有り
2004年4月

2D-C/Cコンポジットの競合リスクモデルを用いた曲げ強度予測法の提案

Materials Science Research International
  • 石原 正博
  • ,
  • 塙 悟史
  • ,
  • 曽我部 敏明
  • ,
  • 橘 幸男
  • ,
  • 伊与久 達夫

10
1
開始ページ
65
終了ページ
70
記述言語
英語
掲載種別

2D-C/Cコンポジットの曲げ強度予測法について、実験及び解析的に検討を行った。実験的な検討では、3点曲げ強度を実測し、また破壊後の試験片のSEM観察から基本的な破壊様式を検討した。破面観察の結果、引張応力下での繊維の延びによる破壊様式、圧縮応力下での繊維の座屈による破壊様式及びせん断応力下での繊維間のスライディングによる破壊様式が観察された。解析的な検討では、セラミックス材で広く用いられているワイブル強度理論からの強度予測を検討するとともに、基本的な破壊モードを考慮し競合リスクモデルを用いた強度予測法を提案し、これによる強度予測を検討した。検討の結果、ワイブル強度理論からの予測は、実測値の2倍以上の強度予測結果となり、異方性の高い繊維強化材料には応用できないことがわかった。一方、提案方法では、実測値とほぼ一致する強度予測を示すことが明らかとなった。さらに、提案方法でパラメータ解析を実施したところ、圧縮応力下での破壊様式が曲げ破壊を支配していることが明らかとなった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?22234
ID情報
  • ISSN : 1341-1683

エクスポート
BibTeX RIS