Ishihara Haruko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 1, 2019 at 19:14
 
Avatar
Name
Ishihara Haruko
E-mail
h-ishiharagred.seisa.ac.jp
Research funding number
40787959

Research Areas

 
 

Misc

 
小暮 克哉, 石原 朗子, 山鹿 貴史
大学アドミニストレーション研究 = Journal of higher education administration   (9) 67-77   Mar 2019   [Refereed]
石原 朗子, 小暮 克哉, 山鹿 貴史
大学アドミニストレーション研究 = Journal of higher education administration   (9) 1-14   Mar 2019   [Refereed]
Katsuya KOGURE, Haruko ISHIHARA, Tsuyoshi MAEDA, Reiko UENO
Hirosaki University Journal of Liberal Arts Development and Practices   1(1) 53-64   Mar 2017   [Refereed]
グローバル化や18 歳人口減少という厳しい環境におかれている日本の高等教育において、教養の在り方に再び脚光が集まっている。本稿では、大正期までに北東北3 県にそれぞれ設置された官立学校である、旧制弘前高等学校、秋田鉱山専門学校、盛岡高等農林学校について、それぞれの学校においてどのような教育内容が教授されていたかを当時の資料を基に比較検討することで、当時の高等教育機関における教養教育の共通点と学校間の相違点を整理分析し、実態の解明を行った。結果として、当時の高等教育機関では語学が重要視されて...
石原 朗子, 小林 建太郎, 鈴木 克夫
佛教大学総合研究所共同研究成果報告論文集   2(2) 65-80   Mar 2016   [Refereed]
本研究では,大学通信教育のスクーリングが,時代を経てどのように変化したか,なぜ変化したかを実証的に示すことを目的とする。大学通信教育は1947年に大学基準協会により制定された「大学通信教育基準」と,1981年に文部省により制定された「大学通信教育設置基準」により規定されている。このうち,「大学通信教育基準」では,スクーリングについて人格の陶冶をその開始時の理念としつつも,幾度かの変更を経て,授業時間数のみの重視に変わっている。本研究の対象とした A大学でもその影響は確認でき,1980年代初...
石原 朗子, 小林 建太郎, 鈴木 克夫
佛教大学総合研究所共同研究成果報告論文集 = Supplement to the bulletin of the Research Institute of Bukkyo University   (2) 65-80   Mar 2016
ISHIHARA Haruko
Japanese Journal of Higher Education Research   15(0) 181-200   2012
<p>  Taking as its target the educational functions of graduate-level educational institutions in the field of information technology, this paper aims to investigate the originality of the teaching methods and philosophies found in professional gr...
石原 朗子
Journal of the Liberal and General Education Society of Japan   32(1) 100-107   May 2010   [Refereed]
石原 朗子
Journal of the Liberal and General Education Society of Japan   30(2) 106-112   Nov 2008   [Refereed]
石原 朗子
Journal of the Liberal and General Education Society of Japan   29(2) 107-114   Nov 2007   [Refereed]