石井智浩

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
石井智浩
 
イシイ トモヒロ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70333820.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部 奈良病院小児外科

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2005年
東北大学 助手・病院
 

Misc

 
風間 理郎, 佐藤 智行, 天江 新太郎, 和田 基, 佐々木 英之, 西 功太郎, 中村 潤, 島岡 理, 佐野 信行, 石井 智浩, 松本 勇太郎, 仁尾 正記, 林 富
日本小児外科学会雑誌   48(5) 821-828   2012年8月
【目的】Kasabach Merritt症候群(以下KMS)の治療はステロイド,interferon-α(以下IFN-α),放射線療法,塞栓療法(transcatheter arterial embolization以下TAE),外科的切除vincristine(以下VCR)等があり,それぞれの有効性が報告されているが,いまだ標準的治療法は定まっていない.今回,われわれは自験例を解析し,KMSの治療戦略について検討した.【方法】1994年から2006年までに経験したKMSの6例(年齢分布:...
和田 基, 天江 新太郎, 佐々木 英之, 松浦 俊治, 西 功太郎, 風間 理郎, 石井 智浩, 吉田 茂彦, 林 富
日本小児外科学会雑誌   44(1)    2008年2月
佐藤 智行, 天江 新太郎, 吉田 茂彦, 石井 智浩, 和田 基, 風間 理郎, 孝橋 賢一, 山元 英崇, 恒吉 正澄, 林 富
日本小児外科学会雑誌   43(4) 629-634   2007年6月
症例は24歳男性,16歳時に後腹膜腫瘍(当時の診断は炎症性偽腫瘍)を摘出された.8年後発熱にて発症,CT検査にて左後腹膜に棍棒状の腫瘍が発見された.肉眼的に腫瘍を全摘,病理組織検査にて炎症性筋線維芽細胞性腫瘍と診断され,再発であることが確認された.術後5か月で後縦隔への再々発をきたしたため,腫瘍摘出術を再度試みた.本症では補助療法の有効性や必要性について未だ評価は定まっておらず,完全切除が唯一の効果的な治療法とされているため,再々手術時は切除範囲を広めに確保しながら腫瘍全摘を行った.現在術...
和田 基, 天江 新太郎, 西 功太郎, 風間 理朗, 吉田 茂彦, 海津 慶子, 石井 智浩, 上野 豪久, 加藤 友朗, 林 富
日本小児外科学会雑誌   43(3)    2007年5月
和田 基, 西 功太郎, 風間 理朗, 天江 新太郎, 吉田 茂彦, 石井 智浩, 佐野 信行, 中村 潤, 仁尾 正記, 林 富
日本小児外科学会雑誌   43(3)    2007年5月