石金 浩史

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/06 02:49
 
アバター
研究者氏名
石金 浩史
 
イシカネ ヒロシ
URL
http://www3.psy.senshu-u.ac.jp/~ishikane/
所属
専修大学
部署
人間科学部
職名
教授
学位
博士(心理学)(東京大学), 修士(心理学)(東京大学), 学士(文  学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院人文社会系研究科 助手 (同大学文学部助手兼任)
 
2005年4月
 - 
2008年3月
独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター 研究員
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
東京大学 その他 心理学
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学 その他 心理学
 
 
 - 
1995年3月
東京大学 文学部 心理学専修課程
 

受賞

 
2000年12月
1999年度日本基礎心理学会優秀発表賞
 
2002年11月
2001年度日本基礎心理学会優秀発表賞
 
2004年11月
2003年度日本基礎心理学会優秀発表賞
 
2005年12月
2004年度日本基礎心理学会優秀発表賞
 

論文

 
網膜における位相の揃った周期的スパイク発火と逃避行動
立花政夫,雁木美衣
羊土社 『実験医学』   24(15) >2243-2249   2006年9月
Gangi M,Honda S,Tachibana M
Nature Publishing Group, Nature Neuroscience   8(8) >1087-1095   2005年6月
Synchronized oscillatory activity is generated among visual neurons in a manner that depends on certain key features of visual stimulation. Although this activity may be important for perceptual integration, its functional significance has yet to ...
Trigger of escape behavior by oscillatory synchronized discharges among retinal ganglion cells in frogs
Honda S, Gangi M, Horiuchi Y, Tachibana M
The Japanese Journal of Psychonomic Science   24(1) >107-108   2005年9月
Pharmacological suppression of oscillatory synchronized discharges in retinal ganglion cells inhibits escape behavior of the frog
Gangi M、Horiuchi Y、Honda S、Tachibana M
The Japanese Journal of Psychonomic Science   23 >109-110   2004年9月
網膜における同期的・周期的スパイク発火の生成と機能
立花政夫
共立出版 蛋白質核酸酵素   49(3) >478-485   2004年2月
視覚系における神経活動と選択的注意
石金 浩史
心理学評論   46(3) >357-370   2003年11月
本論文は眼球に始まる視覚系を概説した上で注意とその神経基盤に関して議論した総説である。視覚系は眼球に入力された視野内の情報を処理し、それぞれの段階において神経細胞はそれぞれの受容野内の刺激を処理しつつ、ボトムアップ的に高次の段階に情報を転送している。しかしながら、意識にのぼる情報はその一部に過ぎない。これは視覚的な注意の機能により情報が選択された結果によるものと考えられる。心理学的な研究と平行して、神経科学的研究において注意と神経活動との間に相関が観察されることが報告され、多くの知見が集積...
Synchronous oscillations in frog retinal ganglion cells
Gangi M、Tachibana M
The Japanese Journal of Psychonomic Science   21(1) >47-48   2002年9月
カエル網膜神経節細胞群における並列的光情報表現
立花政夫
社団法人電気学会 電気学会学会誌   >1-6   2001年7月
A key role of starburst amacrine cells in originating retinal directional selectivity and optokinetic eye movement
Yoshida Y,Watanabe D,Tachibana M,Pastan I,Nakanishi S
Cell Press, Neuron   (30) >771-780   2001年6月
The directional selectivity of retinal ganglion cell responses represents a primitive pattern recognition that operates within a retinal neural circuit. The cellular origin and mechanism of directional selectivity were investigated by selectively ...
マウス網膜神経節細胞の光応答特性
立花政夫
日本基礎心理学会 基礎心理学研究   19(1) >21-22   2000年9月
Short-and long-range synchronous activities in dimming detectors of the frog retina
Kawana A,Tachibana M
Cambridge University Press Visual Neuroscience   16(6) >1001-1014   1999年12月
In the visual system, nearby neurons of similar functional type have a tendency to fire synchronously. Cross-correlation analysis of spike discharges recorded from pairs of neurons has revealed that the synchronized activity is frequently associat...
視覚系における情報伝達-網膜神経節細胞における同期的・周期的発火-
立花政夫
VISION   (11) >119-122   1999年3月
Ca2+-activated K+ current at presynaptic terminals of goldfish retinal bipolar cells
Sakaba T, Tachibana M
Elsevier Neuroscience Research   (27) >219-228   1997年3月
Properties of the Ca2+-activated K+ current (IK(Ca)) were investigated in bipolar cells isolated from the goldfish retina. Pharmacological experiments and single channel current recordings demonstrated that IK(Ca) represented currents through BK c...
網膜双極細胞における細胞タイプと最大イオンコンダクタンスに関する解析
Kamiji Nilton Liuji,石原彰人,山地一禎,臼井支朗
信学技報   106(407) >7-12   2006年12月
多細胞同時記録実験と解析
石金 浩史
日本神経回路学会誌   15(3) >203-208   2008年9月
Neural mechanisms of synchronous oscillations in retinal ganglion cells
Tachibana M, Gangi M, Arai I, Asaka T, Du J
Springer-Verlag The Neural Basis of Early Vision   11 >59-60   2003年7月
Shiro Usui, Teiichi Furuichi, Hiroyoshi Miyakawa, Hidetoshi Ikeno, Soichi Nagao, Toshio Iijima, Yoshimi Kamiyama, Tadashi Isa, Ryoji Suzuki, Hiroshi Ishikane
Springer Berlin, Lecture Notes in Computer Science   4985(2008) >884-894   2008年6月
Neuroinformatics is a new discipline which combines neuroscience with information technology. The Japan-Node of INCF was established at NIJC of RIKEN Brain Science Institute to address the task of integrating outstanding neuroscience researches in...
Analysis of maximum ionic conductances and cell-types in retinal bipolar cells
Kamiji, N.L., Ishihara, A., Yamaji K., Usui, S.
IEICE Technical Report   NC2006(72) >7-12   2006年
Yonehara K, Sakuta H, Shintani T, Nakamura-Yonehara K, Kamiji N, Usui S, Noda M.
PLoS ONE   4(1) >1-14   2009年1月
The direction of image motion is coded by direction-selective (DS) ganglion cells in the retina. Particularly, the ON DS ganglion cells project their axons specifically to terminal nuclei of the accessory optic system (AOS) responsible for optokin...
視覚オブジェクトの連続性を符号化する神経基盤
石金 浩史
専修大学人文科学研究所・人文科学年報   39 >1-18   2009年3月
ニューロンによる情報表現の実証的研究について
石金 浩史
専修人間科学論集(心理学篇)   2(1) >21-25   2012年3月
ゼブラフィッシュの視運動反応と運動刺激に対する順応
長畑 萌
専修人間科学論集(心理学篇)   3(1) >81-87   2013年3月
視覚系における運動情報処理を理解する上で,運動残効は非常に有用な手がかりを与えてくれる。運動残効の神経基盤に関しては有力な仮説とモデルが提唱されてはいるが,神経活動と知覚との相関関係が示されるにとどまっている。そこで,本研究では比較的神経系の形態と機能の同定が進んでいるゼブラフィッシュを用い,その視運動反応の特性を確認した上で,運動刺激を長時間呈示することにより生じる行動変化を観察した。また,剥離網膜標本から神経節細胞の活動電位を記録し,視機性の反応に関与することが示唆されている運動方向選...
網膜からのマルチニューロン記録と行動実験による視覚系の解明
石金 浩史
基礎心理学研究   32(1) >95-100   2013年9月
Neuroscientists have studied the visual system by accumulating knowledge about the structural and functional properties of single neurons. However, recent studies performing multi-unit recordings have revealed that a significant fraction of neuron...
パッチクランプ法によるニューロン活動の測定
石金 浩史
専修大学心理科学研究センター年報   1 >125-137   2012年3月
 脳は精神活動を支える中枢神経系である。その機能は外界や体内の情報を取得し, 分析した
上で適応的な活動を行うことにある。その構成要素であるニューロンの電気的活動を詳細に調
べることは, 脳における情報処理の解明に欠かせない。本研究プロジェクトにおける脳活動の
測定では, パッチクランプ法を中心とした電気生理学的手法によってニューロンの機能と構造を
調べることを目標としている。パッチクランプ法は, 細胞膜に発現しているイオンチャネルを介し
て流れる電流をリアルタイムに測定する方法である。ま...
情動ストループ課題による摂食障害研究の現状と課題
長畑萌
専修人間科学論集(心理学篇)   4(1) >11-20   2014年3月
摂食障害は体重増加への恐怖,自己の身体に関する歪んだ認知,異常な食行動を主症状とする精神疾患である。さまざまな語を赤や青などの色のインクで書き,インクの色名を答えさせたときの所要時間を測定すると,摂食障害の患者では身体や食物などに関する語に注意をひかれるため,それらと関連しない語に比して色名呼称が遅れることが知られている。これまで多くの研究が行われ,診断の下位分類,BMI,入院期間,治療による症状の軽快などさまざまな要因により情動ストループ効果は異なるとされているが,研究により異なる部分が...
差動皮質応答による空間的注意位置関連領野の同定:fNIRSによる研究
原澤賢充,南部政智,北崎充晃
信学技報   112(112) >55-57   2012年6月
空間的注意の位置と関連する脳部位をfNIRS を用いて同定した。固視点を囲む円周上に複数のRSVP 刺激を配置し,ターゲットの出現位置を円周上でゆっくり移動させることで,空間的注意の位置を経時的に変化させた。固視点上方から時計回りに移動する条件と固視点下方から移動する条件の脳活動の差分によって,注意の位置に関連する脳活動を抽出した。結果,レティノトピーの弱い高次皮質においても注意の位置に関連する活動を取り出すことができた。
運動刺激順応後に観察される視運動反応の変化
松崎みどり 矢吹美帆 中沢仁
日本神経回路学会第25回全国大会講演論文集   >10-11   2015年9月
青錐体の軸索終末部におけるS-opsinの機能的意義
石金 浩史
専修人間科学論集(心理学篇)   8(1) >31-36   2018年3月
視覚系における光受容の初期過程として知られているフォトトランスダクションは,視細胞外節部の視物質が光を吸収し,ホスホジエステラーゼが活性化し,cGMP の濃度が低下することにより陽オンチャネルが閉じて細胞が過分極するというものである。しかしながら,近年ほ乳類の青錐体において外節以外の軸索終末部においても視物質である S-opsin が発現していることが分かってきた。そこで,本研究では膜電位固定法を中心とした電気生理学的手法を適用し,この異所性の視物質が光を吸収することで青錐体の出力制御に関...

書籍等出版物

 
イラストレクチャー認知神経科学 ―心理学と脳科学が解くこころの仕組み― 付録
石金 浩史
オーム社   2010年2月   ISBN:978-4-274-20822-5

講演・口頭発表等

 
視覚誘発性逃避行動から解明する神経集団における同期的周期的発火の機能的意義
日本心理学会第67回大会   2003年9月   日本心理学会
網膜における運動方向選択性の形成にStarburst Amacrine Cellは必須である
第79回日本生理学会大会   2002年3月   日本生理学会
マルチ電極を用いた神経節細胞群の同期発火パターン解析
日本心理学会第61回大会   1997年9月   日本心理学会
Temporal and population coding by visual neurons:How does the flog's eye tell to the frog's brain?
NBNI-2006   2006年7月   NBNI-2006
Visual information coding by synchronized oscillations
Vision Science Society 6th Annual Meeting   2006年5月   Vision Science Society
Synchronization accompanied by gamma-range oscillations is generated among visual neurons in a manner that depends on certain key features of visual stimulation. Based on the correlation between this activity and perception, it has been suggested...

競争的資金等の研究課題

 
視覚情報の神経細胞集団による符号化様式の解明
視覚系における細胞集団(セルアセンブリ)による時相関的な視覚情報符号化に関して,神経科学的手法と行動実験を組み合わせることにより相関関係のレベルだけでなく,因果関係のレベルで解明することを目指す.
視覚系における運動方向選択性細胞の特性と機能的意義の解明