石川 慎一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/24 02:57
 
アバター
研究者氏名
石川 慎一郎
 
イシカワ シンイチロウ
eメール
iskwshingmail.com
URL
http://language.sakura.ne.jp/s/
所属
神戸大学
部署
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
職名
教授
学位
修士(文学)(神戸大学), 博士(文学)(岡山大学)
科研費研究者番号
90320994

プロフィール

(略歴)
神戸市出身。兵庫県立長田高等学校卒業。神戸大学文学部文学科英米文学専攻課程卒業。神戸大学大学院文学研究科英文学専攻修了。岡山大学大学院文化科学研究科人間社会文化学専攻・国際文化論大講座・言語文化論分野修了。博士(文学)。1999年4月より静岡県立大学短期大学部専任講師,2001年4月より広島国際大学人間環境学部専任講師,2004年4月より神戸大学国際コミュニケーションセンター・大学院総合人間科学研究科言語論講座助教授。2007年4月より,改組により,神戸大学国際コミュニケーションセンター・大学院国際文化学研究科外国語教育論講座准教授。2013年4月より同教授。2015年4月より,改組により,神戸大学大学教育推進機構国際コミュニケーションセンター・大学院国際文化学研究科外国語教育論講座教授。2016年10月より,改組により, 神戸大学全学基盤系教育基盤域教授(主配置:大学教育推進機構/副配置:国際文化学研究科)。 2017年12月より,併任措置により,神戸大学全学基盤系教育基盤域教授(主配置:大学教育推進機構/副配置:国際文化学研究科/数理・データサイエンスセンター)。
 

(専門分野)
応用言語学。とくにコーパス言語学の手法を用いた日英語の定量的・定性的言語テクスト研究。

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2004年3月
岡山大学 大学院文化科学研究科博士課程人間社会文化学専攻修了  
 

委員歴

 
 
   
 
大学英語教育学会  法人社員・国際交流委員会委員長
 
 
   
 
日本文体論学会  理事
 
 
   
 
日英言語文化学会  評議員
 
 
   
 
英語コーパス学会  理事
 
 
   
 
学術英語学会  学術アドバイザー
 

受賞

 
2013年10月
英語コーパス学会 英語コーパス学会学会賞 『英語コーパスと言語教育』,『言語研究のための統計入門』,『ベーシックコーパス言語学』,『日本語教育のためのコーパス調査入門』他
 
2012年6月
中部地区英語教育学会 中部地区英語教育学会学会賞 紀要論文
 
2008年9月
大学英語教育学会 大学英語教育学会学術賞 English Lexicography in Japan(大修館書店)(石川慎一郎,南出康世,村田年,投野由紀夫編)
 
2008年8月
全国英語教育学会 全国英語教育学会学会賞 論文L2 Proficiency and Word Perception: An fMRI-based Study (Shin'ichiro Ishikawa & Yuka Ishikawa)
 

論文

 
L2日本語語彙の習得プロセスについて―LARPコーパスに見る台湾人学習者による日本語作文の縦断分析―
石川 慎一郎
統計数理研究所共同研究レポート   400 1-18   2018年3月
グローバルキャリア人の育成をめざす新しい小学校英語教育の創造―神戸大学附属小学校「グローバル英語教育」の理念と実践―
石川 慎一郎, 石田 麻衣子, 杉山 はるか,
神戸大学国際コミュニケーションセンター論集   14 1-13   2018年3月
How L2 Learners’ Critical Thinking Ability Influences Their L2 Performance: A Statistical Approach
石川 慎一郎
Advances in Social Science, Education and Humanities Research (Atlantis Press)   145 70-75   2018年1月   [査読有り]
"From Principle to Practice: Integration of the Principles of English as a Lingua Franca, Content and Language Integrated Learning, Deep Active Learning, and Cooperative Language Learning in the Design of Communicative English Language Teaching for Japane
石川 慎一郎
大学英語教育学会中部支部紀要   15 11-27   2017年12月   [招待有り]
Learners' Acquisition and Use of L2 Japanese Vocabulary: Influence of L1 Backgrounds and L2 Proficiency Levels: A Learner Corpus-based Analysis
石川 慎一郎
第2言語としての日本語の習得研究   20 10-27   2017年12月   [招待有り]

Misc

 
海外論文紹介243 NNSは,NS同様,慣用連語をより速く処理できるか
石川 慎一郎
英語教育   66(11) 95   2018年1月   [依頼有り]
海外論文紹介237 CEFRのスケールは学習者のL2産出の区分に有効か
石川 慎一郎
英語教育(大修館書店)   66(4) 73   2017年7月   [依頼有り]
答えのない時代を生き抜く力をつける:英語指導で培うキーコンピタンシー
石川 慎一郎
チャートネットワーク(数研出版)   82 4   2017年4月   [依頼有り]
キーコンピテンシーを志向したカリキュラムデザイン
石川 慎一郎
神戸大学附属小学校研究紀要   (4) 170-180   2016年11月   [依頼有り]
アクティブラーニングの二重性:英語教育への示唆
石川 慎一郎
チャートネットワーク   79 1-4   2016年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
(章執筆)『ESP語彙研究の地平』
石川 慎一郎 他, (編)石川 有香
英宝社   2018年3月   
(編著書)『Learner Corpus Studies in Asia and the World Vol. 3』
(編)石川 慎一郎 (担当:編者)
神戸大学   2018年3月   
(章執筆)『英語教育徹底リフレッシュ:グローバル化と21世紀型の教育』
石川 慎一郎 他28名, (編)今尾 康裕 他3名
開拓社   2017年4月   
『ベーシック応用言語学:L2の習得・処理・学習・教授・評価』
石川 慎一郎
ひつじ書房   2017年3月   
Intercontinental Dialogue on Phraseology Vol.3: Linguo-cultural Research on Phraseology
石川 慎一郎, Joanna Szerszunowicz et al. (全32名)
University of Bialystok Publishing House, Poland   2016年4月   
『言語研究と量的アプローチ』
石川 慎一郎, 石川 有香 et al. (全22名) (担当:共編者)
金星堂   2016年3月   
『コーパスと英語教育』
石川 慎一郎, 投野 由紀夫(他全5名) (担当:共著)
ひつじ書房   2015年10月   
『Life beyond Dictionaries』
石川 慎一郎, Olga M. Karpova et al 全18名 (担当:共著)
Cambridge Scholars Publishing (UK)   2015年8月   
『英語教育学の今:理論と実践の融合』
石川 慎一郎, 高田 智子他 全105名
全国英語教育学会   2014年8月   
Learner Corpus Studies in Asia and the World Vol.2
石川 慎一郎 (担当:編者)
Kobe University   2014年5月   
(訳書)『コーパス言語学:手法・理論・実践』(原著者:T. McEnery & A. Hardie)
石川 慎一郎 (担当:単訳)
ひつじ書房   2014年5月   
『現代社会と英語―英語の多様性をみつめて―』
石川 慎一郎
金星堂   2014年3月   
(科研報告書)『語彙知識測定による英語能力の推定:語彙サイズ,構成,アクセス速度の観点から』
石川 慎一郎, 望月 正道 他 (担当:共著)
麗澤大学望月正道研究室   2014年3月   
『Research on Phraseology Across Continents Vol.2』
Shinichiro Ishikawa
University of Bialystok Publishing House (Poland)   2013年12月   
Learner Corpus Studies in Asia and the World Vol.1
Shinichiro Ishikawa (担当:監修)
Kobe University   2013年3月   
『21世紀英語研究の諸相:言語と文化からの視点』
石川 慎一郎
開拓社   2012年9月   
『日本語教育のためのコーパス調査入門』
石川 慎一郎 (担当:共著)
くろしお出版   2012年8月   
Research on Phraseology in Europe and Asia: Focal Issues of Phraseological Studies Vol.1
Shinichiro Ishikawa
University of Bialystok Publishing House (Poland)   2012年6月   
『ベーシックコーパス言語学』
石川 慎一郎
ひつじ書房   2012年4月   
『Corpora and Language Technologies in Teaching, Learning and Research』
Shinichiro Ishikawa, George Weir, Korwnpia Poonpon (担当:共編者)
University of Strathclyde Publishing, UK   2011年9月   
Phraseology, Corpus Linguistics and Lexicography
Katsumasa Yagi, Takaaki Kanzaki, Ai Inoue, Shinichiro Ishikawa, et al (担当:共著)
Kwansei Gakuin University Press   2011年2月   
『英語教育学大系8:英語研究と英語教育』
岡田 伸夫, 南出 康世, 梅咲 敦子, 石川 慎一郎, et al (担当:共著)
大修館書店   2010年12月   
『言語研究のための統計入門』
石川 慎一郎, 前田 忠彦, 山崎 誠 (担当:共編者)
くろしお出版   2010年12月   
Corpus, ICT, and Language Education
George R S WEIR, Shinichiro ISHIKAWA, et al (担当:共編者)
University of Strathclyde Publishing   2010年9月   
(教材等)『えいごルーキーGABBY』(NHK教育番組DVD)
石川 慎一郎, 冨田 祐一/中嶋 洋一 (担当:共著)
NHKエンタープライズ/コロンビアミュージックエンタテイメント   2010年7月   
『ことばの対照:西光義弘教授退職記念論集』
石川 慎一郎, 岸本 秀樹/他全30名 (担当:共著)
くろしお出版   2010年2月   
(訳書)『慣用連語とコロケーション - コーパス・辞書・言語教育への応用』
石川 慎一郎, 南出 康世/他12名 (担当:共訳)
くろしお出版   2009年4月   
『英語コーパスと言語教育:データとしてのテクスト』
石川 慎一郎
大修館書店   2008年7月   
『日英の言語文化の比較と英語教育―さまざまな視座/多様な視座を求めて』
石川 慎一郎, 大谷 泰照, 奥津 文夫, et al (担当:共著)
三修社   2008年3月   
(教材等)『Revised Polestar Reading ワークブック』
石川 慎一郎, 西光 義弘/池野 修/他11名 (担当:共著)
数研出版   2008年1月   
(教材等)『Revised Polestar Reading 教師用指導書』
石川 慎一郎, 西光 義弘/池野 修/他11名 (担当:共著)
数研出版   2008年1月   
(教材等)『高等学校英語科検定教科書Revised Polestar Reading』
石川 慎一郎, 西光 義弘/池野 修/他11名 (担当:共著)
数研出版   2008年1月   
(教材等)『電子辞書活用ハンドブック2007』
石川 慎一郎, 村田 年/小川 貴弘/他5名 (担当:共著)
カシオ教育研究所   2007年4月   
『科研(基盤B)報告書:大規模コーパスを用いた日本人英語学習者用語彙リスト構築と教材分析システムの開発』
相澤 一美, 石川 慎一郎 (担当:共著)
東京電機大学   2007年3月   
『ウィズダム和英辞典』
小西 友七, 岸野 英治, 石川 慎一郎, et al (担当:共著)
三省堂   2007年1月   
(教材等)『ニューポートイングリッシュグラマー21ユニッツ』
石川 慎一郎 (担当:共著)
文英堂   2007年1月   
(教材等)『ニューポートイングリッシュグラマー26ユニッツ』
石川 慎一郎
文英堂   2007年1月   
(教材等)『ニューポート高校英語』
石川 慎一郎
文英堂   2007年1月   
『English Lexicography in Japan』
Ishikawa Shin'ichiro, Murata Minoru, Tono Yukio, Minamide Kosei (担当:共著)
大修館書店   2006年12月   
(教材等)『英単語Checkmate』
石川 慎一郎, 相澤 一美, 望月 正道 ほか7名 (担当:共著)
桐原書店   2006年12月   
(訳書)『コーパス語彙意味論:語から句へ』
南出 康世, 石川 慎一郎 (担当:共訳)
研究社   2006年5月   
『「大学英語教育学会基本語リスト」に基づくJACET 8000 英単語』
石川 慎一郎, 相澤 一美, 村田 年 (担当:共著)
桐原書店   2005年11月   
『広げる知の世界:大学でのまなびのレッスン』
石川 慎一郎, 北尾 謙治, 実松 克義, 石川 有香, 早坂 慶子 他 (担当:共著)
ひつじ書房   2005年5月   
『テクストの地平 森晴秀教授古稀記念論文集』
富山 太佳夫, 加藤 文彦, 石川 慎一郎 (担当:共著)
英宝社   2005年3月   
『An Exploration of a New Poetic Expression beyond Dichotomy : An Analytical Approach to the Meta-poetic Features of the Poems of D.H.Lawrence』
Shinichiro Ishikawa
Dissertation.com   2005年2月   
『D.H.ロレンス短編全集 第4巻』
西村 孝次, 鉄村 春生, 上村 哲彦, 戸田 仁, 石川 慎一郎, et al (担当:共訳)
大阪教育図書   2005年2月   
(教材等)『VITAL4500 英単語・熟語』
石川 慎一郎
文英堂   2004年11月   
English Corpora under Japanese Eyes: JAECS Anthology Commemorating its 10th Anniversary
Nakamura Junsaku, Inoue Nagayuki, Tabata Tomoshi, Shinichiro Ishikawa, et al (担当:共著)
Rodopi(オランダ)   2004年10月   
(訳書)『英語辞書学への招待』
南出 康世, 石川 慎一郎 (担当:共訳)
大修館書店   2004年9月   
『JACET8000活用事例集:教育と研究への応用』
石川 慎一郎, 村田 年, 上村 俊彦, 望月 正道, 清水 伸一, 杉森 直樹 (担当:共著)
大学英語教育学会   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
X々型畳語の構造・使用・意味特性 ―「現代日本語書き言葉均衡コーパス」 を用いた計量的調査―
石川 慎一郎
統計数理研究所「言語研究と統計2017」   2017年3月   
シンポジウム:「多様な外国語学習者の言使用特性-中国人英語 /日本語学習者の過剰・過小使用語彙 -」 [招待有り]
石川 慎一郎 他3名
国立国語研究所第2回学習者コーパスワークショップ   2017年3月   
外国語教育とアクティブラーニング:「深い学び」を目指して~教科書づくり・授業づくりの現場から~ [招待有り]
石川 慎一郎
甲南大学言語教授法・カリキュラム開発研究会特別研究会   2017年3月   
日本語学習者コーパスの教育応用における留意点―『多言語母語の日本語学習者 横断コーパス 』に見る母語話者 L1産出データの安定性検証を中心に―
石川 慎一郎
言語資源活用ワークショップ2016   2017年3月   
ESPと語彙:言語資源からの語彙選定の方法を考える [招待有り]
石川 慎一郎
大学英語教育学会関西支部ESP研究会   2017年2月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石川 慎一郎
科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 石川 慎一郎
科学研究費補助金/萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 石川 慎一郎
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2010年       代表者: 石川 慎一郎
科学研究費補助金/若手研究(B)
研究期間: 2007年       代表者: 石川 慎一郎