ITO Hiroyuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 4, 2017 at 12:07
 
Avatar
Name
ITO Hiroyuki
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Division of Field Crops and Horticulture Resarch Crop Breeding Group

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Ishikawa G, Nakamura K, Ito H, Saito M, Sato M, Jinno H, Yoshimura Y, Nishimura T, Maejima H, Uehara Y, Kobayashi F, Nakamura T
PloS one   9(10) e111337   2014   [Refereed]

Misc

 
谷口 義則, 伊藤 裕之, 池永 幸子, 中村 俊樹, 石川 吾郎, 吉川 亮, 中村 和弘, 平 将人, 八田 浩一, 前島 秀和, 伊藤 美環子, 中村 洋, 伊藤 誠治
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (118) 1-19   Mar 2016
谷口 義則, 中村 和弘, 伊藤 裕之, 平 将人, 中村 俊樹, 石川 吾郎, 吉川 亮, 八田 浩一, 前島 秀和, 伊藤 美環子, 中村 洋, 伊藤 誠治
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (115) 21-36   Mar 2013
「銀河のちから」は超強力特性を持つ硬質小麦である。1996年5月に「盛系C-138(後の東北209号)」と「東北205号(ハルイブキ)」との人工交配を行い、派生系統育種法で育成した。2010年8月に育成を完了し、2011年1月に品種登録出願を行った。播性はIV、出穏期および成熟期は寒冷地の基準で"やや早"であり、寒冷地の硬質主力品種「ゆきちから」より出穏期は1日、成熟期は2日遅い。叢生はやや匍匐し株はやや開き、葉色は濃い。稗長が88cmのやや短稈種で、穂型は紡錘状、褐ふ、有芒で穂長は中程度...
IKENAGA Sachiko, TANIGUCHI Yoshinori, NAKAMURA Kazuhiro, ITO Hiroyuki
日本作物學會紀事   81 296-297   Sep 2012
谷口 義則, 中村 和弘, 伊藤 裕之, 平 将人, 中村 俊樹, 石川 吾郎, 吉川 亮, 八田 浩一, 前島 秀和, 伊藤 美環子#中村 洋#伊藤 誠治
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (114) 23-37   Mar 2012
「ゆきはるか」は穂数が多く多収で、スポンジケーキ適性の優れた簿力小麦である。1997年5月に麺用小麦の「東山30号(後のキヌヒメ)」と「関東117号(後のきぬあずま)」との人工交配を行い、派生系統育種法で選抜・固定をはかり、2010年8月に育成を完了し、2011年1月に品種登録申請を行った。播性はIV、出穂期および成熟期は寒冷地の基準で"やや早"であり、寒冷地で薄力粉の原料として使用されている「キタカミコムギ」より出穂期は6~8日早く、成熟期は4~6日早い。叢生は中程度で株は開き、葉色はや...
斉藤 美香, 小林 史典, 伊藤 裕之, 新畑 智也, 乙部 千雅子, 石川 直幸, 藤田 雅也, 石川 吾郎, 中村 俊樹
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (114) 55-65   Mar 2012
3つのWxタンパク質と3つのSSIIaタンパク質を欠く甘昧種コムギおよびその育成過程で分離してくる姉妹系統は、新たな食品素材として期待されており、早期の品種育成が望まれている。そのため、DNAマーカーを用いた効率的な連続戻し交雑により国内各地域に適するそれらの実用品種の迅速な育成を進めている。短期間で品種育成を進めるために、DNAマーカーを用いた連続戻し交雑の効率性について検討した。その結果、変異型GBSSI,SSIIaそれぞれ3遺伝子ずつを導入し、それぞれの準同質遺伝子系統同士を交雑する...