論文

2017年2月

肺合併症を有する患者において結腸切除術を区域麻酔で管理した症例の検討

臨床麻酔
  • 加澤 昌広
  • ,
  • 伊藤 裕之
  • ,
  • 里元 麻衣子
  • ,
  • 槇田 浩史

41
2
開始ページ
157
終了ページ
160
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
真興交易(株)医書出版部

全身麻酔管理が困難と考えられる腹部手術の際に、全身麻酔を避けて区域麻酔下で実施されることがある。当施設で結腸切除術を区域麻酔下で施行された症例26例に対して、疼痛、嘔気嘔吐および短期予後について後ろ向きに検討した。術中の全身麻酔への変更が1例、術中疼痛が4例、嘔気が4例、術後肺炎が1例であった。結腸切除術は区域麻酔により比較的安全に施行できる。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS