基本情報

所属
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM) 研究員 (講師)
学位
博士(社会学)(2024年3月 一橋大学)

連絡先
itoglocom.ac.jp
J-GLOBAL ID
202101015470356619
researchmap会員ID
R000018574

外部リンク

 専門領域は社会学(地域社会学)・政策学(地域政策学)です。主な研究テーマは、戦後日本における地方移住政策の成立と変遷をめぐる政策史研究です。具体的には国や地方自治体による都市から非都市とされる地域への政策的な移住促進が、なぜ行われるようになったのか、そしてなぜ現在まで継続的に行われているのかを歴史的に研究しています。分析手法としては、政策学における歴史的制度論や言説的制度論、社会学におけるフレーム分析やレトリック分析・言説分析などを援用しながら、政策的な移住促進を正当化してきた論理とその背景を明らかにすることを目指しています。

 地方移住政策史研究の他にも、新聞雑誌などのメディアを対象にした地方移住の歴史社会学的研究、国や自治体による移住定住促進政策の政策過程研究、地元住民と移住者の摩擦や葛藤と共生に関する研究などもしています。地域研究時の主なフィールドは出身である長野県や岩手県などです。

 近年は、モビリティをめぐるソーシャリティとポリティクスというテーマで、移住者を含む移動する人びと(モバイルな人びと)やそれを取り巻く社会技術・政治状況について、社会科学における移動論的転回やNew Mobility Paradigmと呼ばれる潮流の上で研究しています。特に最近は、デジタル化とモビリティ、モビリティと格差といったテーマに関心を有しています。

 2022年〜、地理学系の研究者と共に、移動移住観光研究会なるものも主催しています。モビリティ研究等の観点から毎月1名が専門分野の研究発表と議論を行う研究会です。

 研究テーマと関連する分野での市民や民間事業者、行政との協働による実践的活動と事業にも注力しております。現在は自治体訪問者満足度調査や未訪問者認知度調査、地域PR事業におけるアドバイザー、まちづくりワークショップや地域講座の主催運営などを受託し行っています。

 研究、事業ともに協働・連携できる方を随時探しておりますので、お気軽にご連絡ください。


論文

  12

MISC

  6

講演・口頭発表等

  37

担当経験のある科目(授業)

  7

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

社会貢献活動

  19

メディア報道

  15

その他

  7