MISC

2019年11月

【がん患者の創傷・皮膚障害 〜ケアの基本と実践〜】がん薬物療法関連創傷・皮膚障害 手足症候群 加圧コントロールがケアの決め手

がん看護
  • 糸川 紅子

24
8
開始ページ
724
終了ページ
727
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)南江堂

<文献概要>はじめに 2000年代初頭は化学療法の黎明期であった.新薬が相次いで承認され,さまざまながんの治療成績が向上した.同時に化学療法の中心が外来へと移行し,支持療法の確立や診療報酬の改訂が行われた.化学療法と社会生活が併行できることに大きな期待があった.しかし,このムーブメントの中でひときわ注目を集めたのが皮膚障害であり,とりわけ手足症候群は生活する上での苦痛をもたらす副作用として対策が急がれた.手足症候群は代表的なものとして,フッ化ピリミジン製剤に伴う慢性炎症とマルチキナーゼ阻害薬に伴う急性炎症に大別される.本稿ではスキンケアや加圧の除去が症状緩和・悪化防止に奏功しやすい慢性炎症に焦点を当て,とくに重症化しやすい足底病変の管理について概説する.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/40022058031
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10536558
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20191107280005&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40022058031&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20191107280005&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D1342-0569%26volume%3D24%26issue%3D8%26spage%3D724&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20191107280005&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2Fj_kango24_724&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/030062073