論文

査読有り
2011年3月

大学の教養教育課程における死生観教育のあり方の検討

千葉大学大学院看護学研究科紀要
  • 岡本 明美
  • ,
  • 眞嶋 朋子
  • ,
  • 増島 麻里子
  • ,
  • 渡邉 美和
  • ,
  • 淺井 潤子
  • ,
  • 糸川 紅子
  • ,
  • 岩爪 美穂
  • ,
  • 熊野 真紀
  • ,
  • 重田 宏恵
  • ,
  • 田中 史子

33
開始ページ
1
終了ページ
9
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
千葉大学大学院看護学研究科

大学の教養課程における終末期ケアに関する講義を受講した学生52名の課題レポートを素材として、受講した学生の学びの具体的内容を質的機能的に分析した。その結果、学生の学びは、【対峙することを避けていた死を考える意義】【自己を取り巻く人々とのかかわりの価値】【終末期にある人々へのケアとかかわりの重要性】【終末期にある人々を取り巻く医療環境の現実と課題】の4つに集約された。以上の結果から、学生は死について考える意義や、終末期にある人々との関わりについての理解を深めるとともに、死に関する考え方に直面することにより、現在の生活を振り返ったり、今後の生き方や周囲の人々との関係について新たな認識を持つと考えられた。

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20110530420001&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F120005939737&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_3.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20110530420001&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F1102950&type=%8D%C5%90V%8A%C5%8C%EC%8D%F5%88%F8Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif