伊藤 精英

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 11:36
 
アバター
研究者氏名
伊藤 精英
 
イトウ キヨヒデ
URL
http://www.fun.ac.jp/~itokiyo
所属
公立はこだて未来大学
部署
システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科
職名
教授
学位
博士(教育学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授
 
2005年4月
 - 
2016年3月
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 准教授
 
2000年4月
 - 
2005年3月
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 講師
 
1998年4月
 - 
2000年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1998年3月
筑波大学 大学院 心身障害学研究科 博士課程修了 
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京学芸大学 大学院 教育学研究科 修士課程修了 
 
 
 - 
1989年3月
和光大学 人文学部 人間関係学科 卒業
 

委員歴

 
2004年
 - 
2009年
日本生態心理学会  常任理事
 
2008年
 - 
現在
日本感性工学会  部会幹事
 

受賞

 
2016年
情報処理学会 第3回アクセシビリティ研究会 YAMAHA賞 視覚障がい児童の創造性支援ツールと参加型デザインの可能性
受賞者: 岡本誠,大槻綾子,伊藤精英
 
2016年
日本デザイン学会 第63回春期研究発表大会 グッドプレゼンテーション賞 体性感覚を用いた自己包囲ユーザインタフェース
受賞者: 木下誠子,岡本誠,伊藤精英,沢田護
 
2014年12月
SIGGRAPH Asia Best Demo Award as voted by Comiittee Touch at a distance: simple perception aid device with user's explorer action
受賞者: 秋田純一,小野哲雄,伊藤精英,岡本誠
 
2012年9月
IARIA Best Paper Award Development of the Future Body - Finger: A Novel Travel Aid for the Blind
受賞者: 伊藤精英,藤本義治,秋田純一,大槻綾子,正谷智広,小松考徳,岡本誠,小野哲雄
 
2008年
ASIA NETWORK BEYOND DESIGN(ANBD2008) The Best Award CyARM
受賞者: 岡本誠,小野哲雄,伊藤精英,秋田純一
 

書籍等出版物

 
伊藤精英(分担):「サウンドテクスチャー 日常音環境の知覚を可能にする情報単位」(pp.47-80)
東京大学出版会   2013年7月   ISBN:4130141325
伊藤精英(分担):「光と影の世界に生きるぼく」(pp.39-55)
岩波書店   2011年   ISBN:9784005006984
伊藤精英(共著) (pp.142-159)
岩波書店   2010年11月   
仮想3次元音場提示技術を用いた視覚障害者用道路横断訓練システムの開発
伊藤精英(分担) (『画像ラボ』 第17巻 第7号 pp.30-34)
日本工業出版   2006年7月   
認知科学辞典
伊藤精英(分担)
共立出版   2002年7月   
伊藤精英(訳):「定位の生態学理論と前庭システム」(pp.47-78),伊藤精英(共著):「知覚システムとインターモダル不変項」(pp.79-86)
東京大学出版会   2001年2月   ISBN:4130111108
場や出来事を聴く
伊藤精英(分担)(『現代思想』 第25巻 第12号)
青土社   1997年11月   
TAUの意味論 ―音による予期的知覚
伊藤精英(分担)(『現代思想』 第22巻 第13号 pp.73-83)
青土社   1994年11月   

論文

 
A unimodal interface device coupling distance with intensities in luminance and temperature
Masaki Nishino, Junichi Akita, Kiyohide Ito, Makoto Okamoto, Tetsuo Ono
Computers Helping People with Special Needs, 16th International Conference, ICCHP 2018      2018年7月   [査読有り]
Medium facilitates the perception of affordances for touch
Kiyohide Ito, Mamoru Sawada, Hiroyuki Mishima, Masashi Takiyama, Yusuke Kikuchi
18th International Conference on Perception and Action, ICPA18      2015年7月
Auditory perception of shaking events
Kiyohide Ito, Masachi Takiyama
Studies in Perception & Action XIII   129-132   2015年7月
Relationship between physiological tremor and haptic perception
Shigeru Sakurazawa, Arashi Noto, Kiyohide Ito
Studies in Perception & Action XIII   145-148   2015年7月
Response in delayed human control system
Y.Fujita, S.Sakurazawa & Kiyohide Ito
Studies in Perception & Action XIII   11-14   2015年7月
FutureBody-Finger
K.Ito, Y.Fujimoto, M.Okamoto, J.Akita & T.Ono
IARIA International Journal on Advances in Life Science   7(1&2) 54-64   2015年6月   [査読有り]
Kiyohide Ito,Yoshiharu Fujimoto,Ryoko Otsuki,Yuka Niiyama,Akihiro Masatani,Takanori Komatsu,Junichi Akita,Tetsuo Ono,Makoto Okamoto
Computers Helping People with Special Needs, 14th International Conference, ICCHP 2014   65-72   2014年7月   [査読有り]
Junichi Akita,Tetsuo Ono,Kiyohide Ito,Makoto Okamoto
SIGGRAPH Asia 2014 Emerging Technologies, Shenzhen, China, December 3-6, 2014   14:1-14:3   2014年   [査読有り]
Perception-action cycle in remote control of helicopters
Y.Fujita, S.Sakurazawa & Kiyohide Ito
Studies in Perception & Action XII   5-8   2013年7月
Development of the Future Body-Finger: A novel travel aid for blind
K.Ito, Y.Fujimoto, R.Otsuki, M.Okamoto, J.Akita, T.Komatsu, A.Masatani& T.Ono
The Second International Conference on Ambient Computing, Applications, Services and Technologies, IARIA AMBIENT 2012   60-63   2012年9月   [査読有り]
The effect of ambient sound on body sway while standing
T.Miyake, H.Inou, M,Sawada, H.Mishima & K.Ito
12th European Workshop on Ecological Psychology   28-29   2012年6月
Makoto Okamoto,Takanori Komatsu,Kiyohide Ito,Junichi Akita,Tetsuo Ono
Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference, AH 2011, Tokyo, Japan   No.35    2011年3月   [査読有り]
H. Hand-mixing with chopsticks:regulations of hand movements by ingredient properties and tool length
Kiyohide Ito & Hiroyuki Mishima
The International Conference SKILLS 2011   1-4   2010年7月
Takayuki Shiose,Yasuhiro Kagiyama,Kentaro Toda,Hiroshi Kawakami,Kiyohide Ito,Akira Takatsuki,Akitoshi Seiyama
Computers Helping People with Special Needs, 12th International Conference, ICCHP 2010   447-450   2010年7月   [査読有り]
Stoffregen, T. A., Villard, S., Kim, C., Ito, K., & Bardy, B. G.
Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance   35(4) 1221-1231   2009年8月   [査読有り]
Junichi Akita,Takanori Komatsu,Kiyohide Ito,Tetsuo Ono,Makoto Okamoto
Adv. Human-Computer Interaction   2009 901707:1-901707:6   2009年   [査読有り]
Ryo Mizuno,Kiyohide Ito,Tetsuo Ono,Junichi Akita,Takanori Komatsu,Makoto Okamoto
Foundations of Augmented Cognition. Neuroergonomics and Operational Neuroscience, 5th International Conference, FAC 2009 Held as Part of HCI International 2009 San Diego, CA, USA, July 19-24, 2009, Proceedings   185-191   2009年   [査読有り]
Takayuki Shiose,Yasuhiro Kagiyama,Kiyohide Ito,Kazuhiko Mamada,Hiroshi Kawakami,Osamu Katai
Computers Helping People with Special Needs, 11th International Conference, ICCHP 2008, Linz, Austria, July 9-11, 2008. Proceedings   859-864   2008年   [査読有り]
Tetsuo Ono,Takanori Komatsu,Junichi Akita,Kiyohide Ito,Makoto Okamoto
Computers Helping People with Special Needs, 10th International Conference, ICCHP 2006, Linz, Austria, July 11-13, 2006, Proceedings   1251-1258   2006年   [査読有り]
Takayuki Shiose,Kiyohide Ito,Kazuhiko Mamada
Computers Helping People with Special Needs, 10th International Conference, ICCHP 2006, Linz, Austria, July 11-13, 2006, Proceedings   1273-1279   2006年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
体と諸感覚 残存感覚を理解し、健康とそれに関するQOLを高めるには
伊藤 精英
視覚障害者に対するリハビリテーション研究会   2018年7月26日   
Analyses of user’s action for perceiving shapes using active perception device.
15th International Conference on Perception and Action   2009年   
User's motion for shape perception using CyARM.
13th International Conference on Human-Computer Interaction   2009年   
調理操作を規定する料理音の解析:調理心理学に向けて
第2回生命ソフトウェア部会研究会   2009年   
Shape Perception using CyARM - Active Sensing Device
6th International Conference on Cognitive Science (ICCS2008)   2008年   
Toward touching a landscape in a picture: Investigation of groping strategy about tactile images and image simplification method.
11th International Conference on Computers Helping People with Special Needs   2008年   
タスク制約下におけるリーチング軌道の冗長性
日本認知科学会第25回大会   2008年   
聴覚システムとアフォーダンス
第10回日本感性工学会   2008年   
立体コピーの触察における探索戦略の推定
第10回日本感性工学会大会   2008年   
盲人の道路横断課題における移動音源定位の正確性に果たす移動音源の速度及び間接音レベルの効果
日本音響学会聴覚研究会   2006年   
CyARM: Interactive device for environment recognition and joint haptic attention using non-visual modality
10th International Conference on Computers Helping People with Special Needs   2006年   
Identification of acoustic factors for perception of crossability common to blind and sighted pedestrians
10th International Conference on Computers Helping People with Special Needs   2006年   
容器から液体が溢れないようにするにはどうすれば良いか
日本特殊教育学会   2006年   
視覚障害者のニーズと支援者の意識に関する研究②-視覚障害者との比較を中心に-
日本特殊教育学会   2006年   
視覚障害者と晴眼者の間接音変化に対する態度
ヒューマンインターフェースシンポジウム2006   2006年   
移動音源定位に対する主観座標系の3次元位置計測システムによる同定
ヒューマンインターフェースシンポジウム2006   2006年   
Auditory navigation interface featured by acoustic sensitivity common to blind and sighted people.
3rd International Conference on Enactive Interfaces (ENACTIVE06)   2006年   
CyARM:運動感覚を活用した空間認識インタフェースとその実装.
インタラクション2005   2005年   
CyARM: an alternative aid device for blind persons.
Conference on Human Factors in Computing Systems   2005年   
Can we learn to “hear colors?”: Toward auditory pattern perception metaphor using 6th sense.
13th International Conference on Perception and Action   2005年   

Misc

 
Kiyohide Ito, Yoshiharu Fujimoto, Makoto Okamoto, Junichi Akita, Akihiro Masatani, Tetsuo Ono
International Journal on Advances in Life Sciences   7 54-65   2015年1月
© 2015 by authors. We have developed a sensory substitution device (SSD), called FutureBody-Finger (FB-Finger) based on a "smart" mechanism with an ecological interface. The primary aim of FB-Finger is to enable visually impaired persons to "recog...
伊藤精英, 滝山聖士
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   14th ROMBUNNO.P2-14   2012年
藤本義治, 岡本誠, 伊藤精英, 秋田純一, 小松孝徳, 小野哲雄
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.1223L   2011年9月
伊藤 精英, 佐々木 正人
文学   11(6) 142-155   2010年11月
伊藤精英
日本特殊教育学会大会発表論文集   48th 337   2010年8月
鍵山泰尋, 梁川景樹, 塩瀬隆之, 伊藤精英, 白川剛史, 川上浩司, 片井修
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.1431   2009年9月
千葉元気, 白川剛史, 塩瀬隆之, 伊藤精英, 川上浩司, 片井修
知能システムシンポジウム資料   36th 211-216   2009年3月
The Postural responses of adults who are blind to a moving environment.
Stoffregen, T. A., Ito, K., Hove, P., Yank, J. R., & Bardy, B. G.
Journal of Visual Impairment and Blindness      2009年
CyARM: Perception Aid Device Based on User's Exploration Action.
Akita, J.,Komatsu, T., Ito, K., Ono, T., & Okamoto, M.
Advances in Human-Computer Interaction      2009年
岡本雅, 塩瀬隆之, 鍵山泰尋, 伊藤精英, 川上浩司, 片井修
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   11th ROMBUNNO.1A2-5   2009年
水野亮, 伊藤精英, 小野哲雄, 秋田純一, 小松孝徳, 岡本誠
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.3224   2008年9月
水野 亮, 伊藤 精英, 秋田 純一, 小野 哲雄, 小松 孝徳, 岡本 誠
デザイン学研究. 研究発表大会概要集   (55) 120-121   2008年6月
In this article, we attempted to test whether the shape could be perceived using an environment perception device with movements similar to sensory organs. In the experiment, the active sensing device known as CyARM was adopted. CyARM measures and...
水野亮, 伊藤精英, 秋田純一, 小野哲雄, 小松孝徳, 岡本誠
日本デザイン学会研究発表大会概要集   55th 120-121   2008年6月
水野 亮, 伊藤 精英, 小野 哲雄, 岡本 誠, 秋田 純一, 小松 孝徳
日本デザイン学会研究発表大会概要集   55(0) 61-61   2008年
本稿では,人間の能動的な知覚に着目し,ユーザが環境を知覚するためのセンシングデバイスは,ユーザが能動的にセンサを動かしながら使用するべきであると主張した.また,能動的に使用することの出来るセンシングデバイスを用い,ユーザが環境を知覚できるかどうかを検証した.その代表的な例として,我々がこれまで開発してきた能動的センシングデバイスCyARM を用い,実験を行った.タスクはオブジェクトの形状を特定することであった.実験の結果,特定されやすい形状と特定されにくい形状の特徴が明らかになった.今後は...
伊藤精英, 木村健一, 松石隆
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   10th ROMBUNNO.21C-03   2008年
鍵山泰尋, 塩瀬隆之, 伊藤精英, 川上浩司, 片井修
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   10th ROMBUNNO.21C-01   2008年
松本一輝, 伊藤精英
日本認知科学会大会発表論文集   25th 418-421   2008年
千葉元気, 宇都宮卓也, 塩瀬隆之, 伊藤精英, 間々田和彦, NOMURA Shigueo, 鍵山泰尋, 白川剛史, 本田彬俊, 川上浩司, 片井修
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2007 ROMBUNNO.2521   2007年9月
本田彬俊, 塩瀬隆之, 伊藤精英, 間々田和彦, NOMURA Shigueo, 鍵山泰尋, 白川剛史, 千葉元気, 川上浩司, 片井修
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2007 ROMBUNNO.2523   2007年9月

担当経験のある科目

 
 

Works

 
ネズミイルカの環境情報認知に関する研究
2002年 - 2003年
低視力者のウェイファインディングに関する認知心理学的研究
2000年
盲人用触覚ディスプレイに関する基礎研究
1999年 - 2000年
宮城県白石市マルチメディアセンターの設計
芸術活動   1999年
盲人の音による姿勢制御
1999年
駅構内における盲人のナビゲーションに関する研究
1996年 - 1997年

競争的資金等の研究課題

 
アクティブタッチ技能の獲得過程の解明:身体の触運動ダイナミクスからの検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 野中哲士 (分担:伊藤精英)
中途失明者の「障害物知覚」が訓練できるバーチャル・ウォール
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 伊藤 精英
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 伊藤 精英
知のエコロジカル・ターン:人間的環境回復のための生態学的現象学
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 河野哲也 (分担:伊藤精英)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 伊藤 精英
平成23年度は,科学研究費補助金の全額交付が大きく遅延した.そのため,8月まで研究計画の実施を見送り,文献調査を行ってきた.1.文献調査:高齢者の聴覚知覚の特性,及び中高年者の聴覚的注意の特質に関する文献調査を実施した.また,これまでに普及しているサイン音の音響特性についても文献調査を実施した.ラウドネス感覚において1kHzから4kHz程度の感受性は相対的に維持されていることから,この周波数領域を基本周波数とすることが望ましいという調査結果を得た.2.トーンバースト,クリックピッチ,クリッ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 伊藤 精英
本研究は,医学的な聴力では把握できない日常生活を遂行する際に必要となる聴覚的技能を明らかにし,この技能のことを生活聴力として新たな概念の提唱を目的とした.音の移動を自覚的にせよ,無自覚的にせよ,人は認知しており,それは身体の動きに現れることが示された.視覚障害者を対象とした生活聴力として道路横断場面における車輌音の接近の認知の正確性に果たす聴覚的技能について検討し得られた知見を基に,道路横断訓練ソフトウエアを開発した.調理熟達化に果たす聴覚技能の研究を行い,調理遂行に関連ある音響特性を特定...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 伊藤 精英
1 仮想エコーロケーション音と姿勢動揺との関係これを達成するために聴取者の足下及び前方にスピーカを設置し白杖によるタッピング音に類似した合成音を時間遅延させて提示した。遅延時間が短くなるほど足下のスピーカ音と前方のスピーカ音とが弁別しにくくなり最後には融合する。これが壁面の接近と後退の手がかりとして利用されていれば、姿勢動揺が生起するはずである。実験条件は5条件とされた。(1)仮想タッピング音が前方方向で接近と後退を繰り返す条件、(2)仮想タッピング音に仮想壁のピンクノイズを付加して前方方...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 伊藤 精英
研究の目的本研究では反射音定位が盲人の姿勢制御に果たす役割を解明することを目的とした.平成13年度 (1)側面方向の反射音定位が姿勢の動揺に果たす役割を明らかにした.平成14年度 (2)前方向の反射音の変化量と姿勢の動揺の程度との関係を明らかにした.(3)反射音の変化に最も鋭敏に応答する身体部位を推定した.研究方法(1)被験者 実験の被験者には先天性・後天性盲人及び晴眼者を用いた.(2)手続き 無響室内において複数のスピーカよりピンクノイズを提示し,聴取時における被験者の身体動揺を測定した...
音響仮想現実技術を用いた盲人の道路横断のための聴覚訓練用ソウトウェア及び学習プログラムの開発
財団法人 大川情報通信基金: 
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 伊藤 精英
盲人の道路横断判断における音響情報の有効性に関する学際的研究
財団法人 日産科学振興財団: 
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 伊藤 精英
音響仮想現実技術を用いた盲人の道路横断訓練用インターラクティブシステムの開発
財団法人 南北海道学術振興財団: 
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 伊藤 精英
3次元音場提示システムを用いた悪天候状況下における盲人の道路横断に利用可能な聴覚情報の解明
財団法人 南北海道学術振興財団: 
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 伊藤 精英
低視力者の屋内移動を支援する情報システムの提案に関する基礎的研究
財団法人 南北海道学術振興財団: 
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 伊藤 精英
仮想壁提示システムを用いた盲人の反射音定位能力の解析
財団法人 南北海道学術振興財団: 
研究期間: 2000年 - 2000年

特許

 
岡本 誠, 秋田 純一, 伊藤 精英, 小野 哲雄, 高木 友史
岡本 誠, 秋田 純一, 伊藤 精英, 小野 哲雄
2005-25452
秋田 純一, 小野 哲雄, 伊藤 精英, 小松 孝徳, 岡本 誠
2005-99913
岡本 誠, 秋田 純一, 伊藤 精英, 小野 哲雄
岡本 誠, 秋田 純一, 伊藤 精英, 小野 哲雄, 高木 友史

社会貢献活動

 
油の音で上手に空揚げ
【インタビュイー】  北海道新聞社  北海道新聞 みなみ風  2012年1月25日
人に優しい函館づくり 障害者を支える研究8年
【インタビュイー】  北海道新聞社  北海道新聞 みなみ風  2008年3月6日

その他

 
函館視力障害センター第三者評価委員会 委員