苫野一徳

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 18:52
 
アバター
研究者氏名
苫野一徳
URL
http://ittokutomano.blogspot.jp
所属
熊本大学
部署
教育学部
職名
准教授
学位
博士(教育学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
70507962
Twitter ID
ittokutomano

プロフィール

哲学・教育学徒です。多様で異質な人たちが、どうすれば相互に承認し了解し合えるかを生涯探究テーマとしています。著書に『「自由」はいかに可能か—社会構想のための哲学』(NHKブックス)『教育の力』(講談社現代新書)、『どのような教育が「よい」教育か』(講談社選書メチエ)、『勉強するのは何のため?』(日本評論社)、『子どもの頃から哲学者』(大和書房)、『はじめての哲学的思考』(ちくまプリマー新書)、『公教育をイチから考えよう』(日本評論社)、『問い続ける教師』(学事出版)、『学校は、何をするところか』(中村堂)など。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
   
 
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2010年4月
   
 
大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 研究員
 
2010年4月
   
 
早稲田大学教育・総合科学学術院 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東京工学院専門学校 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学 教育・総合科学学術院 助手
 

受賞

 
2009年9月
日本デューイ学会 研究奨励賞 「エマソン超越主義の現象学的再解釈」
 
2004年6月
昭和池田記念財団 昭和池田賞 「新しい教育環境の夢へ」
 

書籍等出版物

 
内田 良, 苫野 一徳 (担当:共著)
武久出版   2018年10月   ISBN:4894541300
苫野 一徳, 菊池 省三 (担当:共著)
中村堂   2018年2月   ISBN:4907571453
多賀 一郎, 苫野 一徳 (担当:共著)
学事出版   2017年10月   ISBN:4761923636
苫野 一徳
筑摩書房   2017年4月   ISBN:4480689818
世界思想社   2017年4月   ISBN:4790716988
晃洋書房   2017年4月   ISBN:4771028737
リヒテルズ 直子, 苫野 一徳 (担当:共著)
日本評論社   2016年8月   ISBN:4535563454

論文

 
苫野一徳
本質学研究   (5) 1-17   2017年5月   [査読有り]
「自由の相互承認」のための学校・地域コミュニティづくり-教育心理学と教育哲学の協働のために-
苫野一徳
教育心理学年報   56 216-224   2017年3月   [査読有り][招待有り]
苫野一徳
本質学研究   (2) 77-85   2016年5月   [招待有り]
社会が求めるこれからの教師像
苫野一徳
教育展望(特集「これからの時代に求められる教師力」)   62(2) 34-38   2016年3月   [招待有り]
苫野一徳
本質学研究   (1) 103-105   2015年7月   [招待有り]
いじめの本質にせまる授業
苫野一徳
授業づくりネットワーク   18(326) 52-57   2015年7月   [査読有り]
井藤 元 高宮 正貴 苫野 一徳
大阪成蹊大学紀要   (1) 181-191   2015年3月
公教育を社会の原理から考える
苫野一徳
広田照幸+宮寺晃夫編『教育システムと社会ーその理論的検討』(世織書房)      2014年8月   [招待有り]
社会構想のための現象学的アプローチ
苫野一徳
21世紀の思想的課題―転換期の価値意識      2013年10月   [招待有り]
苫野 一徳
こころの科学   0(0) 24-27   2012年5月   [招待有り]
エマソンにおける「個」の概念―現代思想からの再評価を基に―
苫野一徳
博士学位論文(早稲田大学)      2011年11月   [査読有り]
教育・社会構想のためのメタ方法論の深化――公教育の「正当性」原理再論
苫野一徳
構造構成主義研究   (5) 147-181   2011年4月   [査読有り]
苫野 一徳
日本デューイ学会紀要   (51) 45-58   2010年10月   [査読有り]
苫野 一徳
日本デューイ学会紀要   (50) 91-105   2009年10月   [査読有り]
ヘーゲル「自由」論の射程
苫野一徳
イギリス理想主義研究   5 11-20   2009年   [招待有り]
現象学によるデューイ経験哲学のアポリアの克服
苫野一徳
構造構成主義研究   3 110-136   2009年   [査読有り]

Misc

 
「テスト」は一体何のため?
苫野一徳
教員養成セミナー   (531) 154-155   2019年3月   [依頼有り]
「現場を知らずに偉そうなことを言うな」!?(先生に読んでほしい哲学の話)
苫野一徳
教職研修   558 80-80   2019年2月   [依頼有り]
市民社会を成熟させる「主権者教育」とは?
苫野一徳
教員養成セミナー   41(8) 138-139   2019年2月   [依頼有り]
公教育の構造転換は起こせる!ー教育は市民社会のルールが最も厳格に適用されなければならないものだ
対談 内田良×苫野一徳
図書新聞2019年1月26日   5-5   2019年1月   [依頼有り]
認め合うことを学ぼう
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊(19.1.14)   8-8   2019年1月   [依頼有り]
学びの個別最適化とは?(2018年トピックをふり返る)
苫野一徳
不登校新聞   (497) 4-4   2019年1月   [依頼有り]
大学の「教職課程」における学びを問い直す
苫野一徳
教員養成セミナー   41(6) 138-139   2019年1月   [依頼有り]
子どもたちと重ねる哲学対話
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊(18.12.16)   1-1   2018年12月   [依頼有り]
「自我のエロス」から「関係のエロス」へ
苫野一徳
月刊教職研修   556 71-71   2018年12月   [依頼有り]
哲学とは究極的には教育学である(先生に読んでほしい哲学の話)
苫野一徳
月刊教職研修   555 73-73   2018年11月   [依頼有り]
自由を奪う「スタンダード」
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊(2018年11月18日)   3-3   2018年11月   [依頼有り]
教育はなにを目指すのか〜哲学と経済学の出会い〜
苫野一徳×大竹文雄×中室牧子
尼崎市学びと育ち研究所研究紀要   (1) 24-42   2018年11月   [依頼有り]
哲学者は変人ばかり?(先生に読んでほしい哲学の話)
苫野一徳
月刊教職研修   554 76-76   2018年10月   [依頼有り]
それは子どもたちの問題か(巻頭ひとこと)
苫野一徳
内外教育   6698 1-1   2018年10月   [依頼有り]
学びの創意工夫奪う賞罰管理
苫野一徳
熊本日日新聞(2018年10月21日朝刊)   1-1   2018年10月   [依頼有り]
絶対の答えのない問いに答え抜く!
苫野一徳
国語ニューサポート(東京書籍)   (30) 10-11   2018年10月   [依頼有り]
教師の醍醐味
苫野一徳
教員養成セミナー   524 138-139   2018年10月   [依頼有り]
教育政策の土台に「哲学」を(くまにち論壇)
苫野一徳
熊本日日新聞(18/9/16)   1-1   2018年9月   [依頼有り]
学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合(前編)
苫野一徳
私塾界   (449) 116-117   2018年9月   [依頼有り]
哲学に基づく教育政策を
苫野一徳
月刊教職研修   553 71-71   2018年9月   [依頼有り]
公教育はどう変わればいいのか
苫野一徳
都政新聞(2018年8月31日)   3-3   2018年8月   [依頼有り]
地方が秘める教育の最先端
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊(18/8/19)   3-3   2018年8月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   522 154-155   2018年8月   [依頼有り]
インタビュー「なぜ勉強するの?」
苫野一徳
Dream Navi   9(5) 32-33   2018年8月   [依頼有り]
個の尊重と協同が支える学び
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊(2018年7月15日)      2018年7月   [依頼有り]
哲学の歴史は、弟子が師匠を批判する歴史
苫野一徳
月刊教職研修   551 74-74   2018年7月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   520 154-155   2018年7月   [依頼有り]
苫野一徳
朝日新聞朝刊(2018年6月26日)      2018年6月   [依頼有り]
育みたい「自由の相互承認」
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊「くまにち論壇」(2018年6月17日)   1-1   2018年6月   [依頼有り]
子どもは哲学者
苫野一徳
月刊教職研修   550 63-63   2018年6月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   519 154-155   2018年6月   [依頼有り]
教師の残業を減らすシステムを
苫野一徳
熊本日日新聞   1-1   2018年5月   [依頼有り]
学校とは何か、何をするところか?
苫野一徳
Career Guidance   422 8-11   2018年5月   [依頼有り]
「もっと抽象的に話してください」
苫野一徳
月刊教職研修   549 74-74   2018年5月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   516 154-155   2018年5月   [依頼有り]
(インタビュー)独善でない支援活動に
苫野一徳
読売新聞朝刊(2018年4月14日)      2018年4月   [依頼有り]
「探究型学び」への転換点(くまにち論壇)
苫野一徳
熊本日日新聞   3-3   2018年4月   [依頼有り]
哲学はこんなに役に立つ!
苫野一徳
図書館教育ニュース   1464 1-1   2018年4月   [依頼有り]
哲学とは、”答え抜く”こと
苫野一徳
月刊教職研修   (548) 74-74   2018年4月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   (515) 154-155   2018年4月   [依頼有り]
現代に生きるトルストイの教育思想
苫野一徳
緑の杖(日本トルストイ協会報)   (15) 11-23   2018年3月   [依頼有り]
スポーツ指導に役立てる「哲学的思考」〜「本質」を見抜くために〜
苫野一徳
Sports Japan   (36) 44-47   2018年3月   [依頼有り]
過度の「スタンダード化」がもたらすもの(学校の「当たり前」を問い直す(12))
苫野一徳
月刊教職研修   547 71-71   2018年3月   [依頼有り]
いつかは正面から戦いを挑まねばならない(特集「師を語る」)
苫野一徳
潮   (709) 65-66   2018年3月   [依頼有り]
なぜ体罰はダメなのか
苫野一徳
教員養成セミナー   513 154-155   2018年3月   [依頼有り]
学校を、もっと「ごちゃまぜ」にしていこう説
苫野一徳
不登校新聞2018年2月1日   (475)    2018年2月   [依頼有り]
人は不安よりも「エロス」で動く(学校の「当たり前」を問い直す(11))
苫野一徳
月刊教職研修   546 76-76   2018年2月   [依頼有り]
これからの時代の「教科横断的な学び」
苫野一徳
教員養成セミナー   40(8) 138-139   2018年2月   [依頼有り]
問い、探求…幸せつくる力に(インタビュー)
苫野一徳
熊本日日新聞(18/1/1)   8-8   2018年1月   [依頼有り]
【巻頭スペシャル対談】学校は、何をするところか?〜「道徳」の教科化を考える
苫野一徳・菊池省三
白熱する教室   (11) 1-5   2018年1月   [依頼有り]
【巻頭対談】全面実施目前、「道徳」の本質を問う!
竹田青嗣・苫野一徳
授業づくりネットワーク   (336) 2-12   2018年1月   [依頼有り]
「学びの個別化と協同化の融合」に向けて(学校の「当たり前」を問い直す(10))
苫野一徳
月刊教職研修   545 78-78   2018年1月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   40(6) 138-139   2018年1月   [依頼有り]
教育哲学への道(ペスタロッチ)
苫野一徳
西日本新聞(2018年1月14日)   37-37   2018年1月   [依頼有り]
教育哲学への道(ボルノー)
苫野一徳
西日本新聞(2017年12月10日)   29-29   2017年12月   [依頼有り]
時間割再考の必要性(学校の「当たり前」を問い直す(9))
苫野一徳
月刊教職研修   544 68-68   2017年12月   [依頼有り]
そもそも運動部活動はなんのためにある?(連載:これから「運動部活動」の授業をします!ー私の専門分野からのエールー
苫野一徳
コーチング・クリニック   (349) 58-61   2017年12月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   509 138-139   2017年12月   [依頼有り]
(書評)下司晶『教育思想のポストモダンー戦後教育学を超えて』
苫野一徳
教育哲学研究   (116) 175-180   2017年11月   [依頼有り]
教育哲学への道(トルストイ)
苫野一徳
西日本新聞(2017年11月12日)      2017年11月   [依頼有り]
学校をもっとごちゃまぜの環境に(学校の「当たり前」を問い直す(8)
苫野一徳
月刊教職研修   543 75-75   2017年11月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   40(4) 138-139   2017年11月   [依頼有り]
教育哲学への道(エマソン)
苫野一徳
西日本新聞(2017年10月8日)   25-25   2017年10月   [依頼有り]
進行しつつある「学びの構造転換」(学校の「当たり前」を問い直す(7)
苫野一徳
月刊教職研修   542 78-78   2017年10月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   40(2) 138-139   2017年10月   [依頼有り]
インタビュー「変わる」
苫野一徳
熊本日日新聞(2017年9月30日)      2017年9月
書評『マナーと作法の社会学』『マナーと作法の人間学』
苫野一徳
教育学研究   84(3) 330-331   2017年9月   [依頼有り]
苫野一徳
地歴・公民科資料   (85) 6-9   2017年9月   [依頼有り]
自由に生きるための「価値観」とは
苫野一徳
熊本日日新聞(17/9/30)   2-3   2017年9月   [依頼有り]
自由の相互承認
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/9/26)   1-1   2017年9月   [依頼有り]
椅子の哲学的考察の準備
苫野一徳
又吉直樹マガジン 椅子      2017年9月   [依頼有り]
学びの個別化と協同化
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/9/19)   1-1   2017年9月   [依頼有り]
統廃合から複合へ
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/9/12)   1-1   2017年9月   [依頼有り]
義務教育の本質
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/9/5)   1-1   2017年9月   [依頼有り]
教師の「主体的・対話的で深い学び」を実現させよう
苫野一徳
内外教育   (6611) 1-1   2017年9月   [依頼有り]
テストは何のためか(学校の「当たり前」を問い直すー〈哲学的〉学校探究(6))
苫野一徳
月刊教職研修   541 72-72   2017年9月   [依頼有り]
苫野一徳
教員養成セミナー   40(1) 138-139   2017年9月   [依頼有り]
この教育がスゴい!(1)稀代の教育哲学者が思い描く“フツーの教育”をする学校
苫野一徳
教職課程   43(12) 84-89   2017年9月   [依頼有り]
若者よ、ビジョンを描け
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/8/29)   1-1   2017年8月   [依頼有り]
哲学対話をやってみよう
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/8/22)   1-1   2017年8月   [依頼有り]
新しい学校づくり
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/8/15)   1-1   2017年8月   [依頼有り]
そもそも民主主義とは何か?
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/8/1)   1-1   2017年8月
教室に多様性を
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/8/8)   1-1   2017年8月
教育哲学への道(コールバーグ)
苫野一徳
西日本新聞(2017年8月13日)   27-27   2017年8月   [依頼有り]
誰もが納得する共通の了解を見いだすこと。それが哲学の役目。
苫野一徳
建築雑誌   132(1701) 26-27   2017年8月   [依頼有り]
これからの時代の学習内容(学校の「当たり前」を問い直すー〈哲学的〉教育探究ー(5))
苫野一徳
月刊教職研修   540 74-74   2017年8月   [依頼有り]
教育の二項対立から抜け出そう
苫野一徳
教職課程   43(11) 1-1   2017年8月   [依頼有り]
読んで読んで読みまくろう
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/7/25)   1-1   2017年7月
言葉をためる、交わし合う(一筆)
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/7/18)   1-1   2017年7月
教育哲学への道(フーコー)
苫野一徳
西日本新聞(2017年7月9日)   21-21   2017年7月   [依頼有り]
道徳教育を問い直す(一筆)
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/7/11)   1-1   2017年7月   [依頼有り]
教育の根っこを考える(一筆)
苫野一徳
熊本日日新聞夕刊(17/7/4)   1-1   2017年7月   [依頼有り]
「みんなで一緒に」を考え直す(学校の「当たり前」を問い直すー〈哲学的 〉学校探究ー(4))
苫野一徳
月刊教職研修   539 76-76   2017年7月   [依頼有り]
インタビュー「生きづらさ乗り越えるには」
苫野一徳
熊本日日新聞朝刊(2017年6月9日)      2017年6月   [依頼有り]
教育哲学への道(シュタイナー)
苫野一徳
西日本新聞(2017年6月11日)   33-33   2017年6月   [依頼有り]
“能動的”忍耐(学校の「当たり前」を問い直すー〈哲学的〉学校探究ー(3))
苫野一徳
月刊教職研修   538 76-76   2017年6月   [依頼有り]
(インタビュー)そもそも何のための教育か 原理を共有すれば見えてくる
苫野一徳
学研・進学情報   50(3) 2-5   2017年6月   [依頼有り]
教育哲学への道(デュルケーム)
苫野一徳
西日本新聞(2017年5月14日)   29-29   2017年5月   [依頼有り]
ルールはともにつくり合うもの(学校の「当たり前」を問い直すー〈哲学的〉学校探究ー(2))
苫野一徳
月刊教職研修   537 76-76   2017年5月   [依頼有り]
総合部会に参加して
苫野一徳
学会通信2017(九州教育学会)   17-18   2017年4月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
どのような先生が「よい」先生か [招待有り]
苫野一徳
教育を盛り上げる会in熊本   2019年2月2日   
地方が開く教育の未来 [招待有り]
苫野一徳
上益城郡校長会   2019年1月15日   
未来の体育を構想するプロジェクト [招待有り]
苫野一徳
未来の体育を構想するプロジェクト   2019年1月12日   
役に立つ哲学〜「税」の本質と哲学的思考の奥義〜 [招待有り]
苫野一徳
東海税理士会   2019年1月11日   
ひとりひとりの子どもを大切にする公教育とは 〜公教育の構造転換のために〜 [招待有り]
苫野一徳
子ども応援大綱の実現に向けて、公教育を考えよう! Part1 ~楽しい学校とするために本音で語ろう~   2018年12月28日   名古屋市教育委員会
みらいの教育の担い手として〜公教育の構造転換のために〜 [招待有り]
苫野一徳
追手門学院全教員研修会   2018年12月26日   
公教育の構造転換のためのロードマップ [招待有り]
苫野一徳
風越コラボ   2018年12月16日   軽井沢風越学園
ニーズの本質 [招待有り]
苫野一徳
哲学塾in東京   2018年12月15日   ランチェスター経営ジム
よい教育とは? [招待有り]
苫野一徳
探究学舎   2018年12月9日   
内田良さん×苫野一徳さんトークライブ 「公教育の構造転換は起こせる!」 緊急出版!『みらいの教育 学校現場をブラックからワクワクへ変える』(武久出版)刊行記念 [招待有り]
内田良×苫野一徳
2018年12月8日   
子どもの生きる力を伸ばす哲学的思考 [招待有り]
苫野一徳
早稲田大学エクステンションセンター   2018年12月8日   
スポーツ指導に役立てる哲学的思考〜本質を見抜くために〜 [招待有り]
苫野一徳
長岡市スポーツ協会研修会   2018年12月1日   
教育の本質 [招待有り]
苫野一徳
ランチェスター経営ジム「哲学塾」   2018年11月24日   
経営に役立てる哲学的思考 [招待有り]
苫野一徳
第8回ランチェスター経営ジム全国大会   2018年11月9日   
はじめての哲学的思考 [招待有り]
苫野一徳
哲学塾   2018年10月20日   ランチェスター経営ジム
そもそも道徳とは何か?〜道徳の教科化の根本問題〜 [招待有り]
苫野一徳
くまもと市民学習会   2018年10月17日   
苫野一徳
経営とデザインのあり方をさぐるセミナー   2018年10月11日   九州経済産業局
そもそも学校は何のため?〜教育実践の土台を考える〜 [招待有り]
苫野一徳
風越コラボin熊本   2018年9月15日   
未来の学校・学びを構想する ~公教育の構造転換に向けて~ [招待有り]
苫野一徳
東京都日野市「未来に向けた学びと育ちの基本構想」検討委員会   2018年8月20日   
よい「学び」をつくる教師のあり方、生き方とは 〜新科目「公共」の実施へ向けて〜 [招待有り]
苫野一徳
全国公民科・社会科教育研究会   2018年8月20日   
苫野一徳
育ちと学びの会   2018年8月10日   
苫野一徳
南東北・民間教育研修2018   2018年7月29日   
学校は、何をするところか? [招待有り]
苫野一徳
菊池道場全国大会   2018年7月28日   
公教育の未来~学校に馴染めない子供ももっと輝く学びの場を考える~ [招待有り]
代田昭久・井出隆安・苫野一徳・齋藤由美子・佐藤友香・中島武・森山徹
教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム分科会   2018年7月7日   
苫野一徳
第1回風越コラボ   2018年6月30日   
苫野一徳
みらいずカレッジ2018キックオフイベント   2018年6月24日   
苫野一徳
SOMA座談会   2018年5月19日   
苫野一徳
高知県立嶺北高校   2018年5月18日   
苫野一徳・中室牧子・大竹文雄
尼崎市学びと育ちシンポジウム   2018年5月17日   
苫野一徳
経済産業省第3回「『未来の教室』とEdTech研究会」   2018年5月7日   
これからの教育の哲学 [招待有り]
苫野一徳・井庭崇
慶應義塾大学SFC「創造社会論」   2018年4月20日   
哲学塾 [招待有り]
苫野一徳
ランチェスター経営ジム   2018年4月5日   
苫野一徳
教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム第1回総会   2018年3月18日   
苫野一徳
教師 多賀一郎 × 哲学者 苫野一徳 講演会&サイン会   2018年3月11日   
苫野一徳
多賀一郎×苫野一徳「学校、教師のこれからのあり方を考えるin東京」   2018年3月10日   
苫野一徳
多賀一郎×苫野一徳「学校、教師のこれからのあり方を考えるin熊本」   2018年3月3日   
なぜ今、幼小中連携か~連携、そして一貫で子供が変わる、学校が変わる、地域が変わる~ [招待有り]
苫野一徳
熊本市教育委員会「幼小中連携担当者会」   2018年2月15日   
苫野一徳
ケアする人のケアセミナーin 熊本   2018年2月10日   たんぽぽの家
多賀一郎・苫野一徳
多賀一郎×苫野一徳「学校、教師のこれからの在り方を考えるin神戸」   2018年1月27日   
次世代の学校づくりを考える [招待有り]
苫野一徳
信州大学教職大学院公開セミナー   2018年1月8日   
苫野一徳
言語文化教育研究会第4回研究集会   2017年12月10日   
苫野一徳
平成29年度公認スポーツ指導者全国研修会   2017年12月9日   日本体育協会
教育の未来〜「新しい普通」の学校づくり〜 [招待有り]
苫野一徳
おるたねカフェ   2017年12月2日   
はじめての哲学的思考 [招待有り]
苫野一徳
さぬき生活文化振興財団講演勉強会   2017年11月18日   
働くとは何か?経営とは何か? [招待有り]
苫野一徳
ランチェスター経営ジム全国大会   2017年11月10日   
苫野一徳
みやぎ教育のつどい   2017年11月3日   宮城県教職員組合
今後の小中一貫教育の可能性 〜2100年まで生きる子どもたちのためのこれからの学校〜 [招待有り]
苫野一徳
平成29年度熊本県小中一貫教育フォーラム   2017年10月19日   熊本県教育庁教育指導局義務教育課
「そもそも教育とは何か?」から考える、これからの教育 [招待有り]
苫野一徳
熊本学園大学附属中学校・高等学校教員研修   2017年10月17日   
縦割り保育の意義 [招待有り]
苫野一徳
熊本市立古町幼稚園縦割り保育研修会   2017年10月12日   
苫野一徳先生と考える「これからの教育」と「明日からの教室」 [招待有り]
苫野一徳
東北青年塾   2017年10月1日   
現代に生きるトルストイの教育思想 [招待有り]
苫野一徳
日本トルストイ協会   2017年9月16日   
教育の力を考える [招待有り]
苫野一徳
教育改革推進フォーラム(熊本開催) ~教育の力を全ての教員と生徒に~   2017年8月27日   産業能率大学
教育の力を考える [招待有り]
苫野一徳
第11回キャリア教育推進フォーラム~教育の力を考える~    2017年8月4日   産業能率大学
教育の未来をつくる〜転換期における管理職の力〜 [招待有り]
苫野一徳
第48回熊本県公立小中学校教頭会研究大会   2017年8月2日   
苫野一徳
尼崎市「学びと育ち研究所」   2017年7月31日   尼崎市 ひと咲きまち咲き担当局 ひと咲き施策推進部 尼崎大学・学びと育ち研究担当
苫野一徳
AeNEW CONCENT   2017年7月29日   AeNEW CONCENT
苫野一徳
玉川大学学術研究所人文科学研究センター 平成29年度第1回公開講演会   2017年7月22日   
勉強するのは何のため? [招待有り]
苫野一徳
隠岐島前高校   2017年6月23日   
どのような教育が魅力的な教育か [招待有り]
苫野一徳
島根県庁有志の会   2017年6月22日   
『はじめての哲学的思考』刊行記念トーク&サイン会 [招待有り]
苫野一徳
蔦屋書店熊本三年坂   2017年5月28日   
苫野一徳先生と語り合う「教育のテツガク」
苫野一徳
北海道国語教育フォーラム   2017年5月20日   
苫野一徳
この哲学がスゴい!〜ケンカしない哲学交流ラウンジ〜   2017年5月12日   
子育てをやさしく哲学する [招待有り]
苫野一徳
熊本県子育て支援センター連絡協議会総会   2017年4月26日   
苫野一徳
Edu-Chat   2017年4月23日   
こうなる、こうしよう、これからの教育〜軽井沢風越学園の哲学〜 [招待有り]
苫野一徳
decamp shinshu準備実行委員会   2017年4月2日   
学校を知ろう〜オルタナティブ教育に学ぶ教育の本質〜 [招待有り]
苫野一徳
NPO法人ROJE九州   2017年3月10日   
オルタナティブな学校のつくり方・続け方 [招待有り]
苫野一徳
熊本オルタナティブ教育協会   2017年2月18日   
学びの個別化・協同化・プロジェクト化について [招待有り]
苫野一徳
熊本大学教育学部附属幼稚園 保育研究協議会   2017年2月4日   
哲学は究極の思考法である
苫野一徳
くまもと創造プラザ83   2017年1月27日   
リヒテルズ直子氏×苫野一徳氏とイチから考える公教育 [招待有り]
苫野一徳
日本イエナプラン教育協会   2017年1月22日   
信頼と承認の砦を築く〜幼児教育の大事な本質〜 [招待有り]
苫野一徳
熊本県国公立幼稚園園長会   2017年1月20日   
これからの時代の教師に求められている力とは? [招待有り]
苫野一徳
NPO法人EN Lab、NPO法人Teach For Japan共催シンポジウム   2016年12月17日   
学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合について [招待有り]
苫野一徳
西宮市立高木北小学校   2016年12月6日   
教育の未来をつくる [招待有り]
岩瀬直樹・山口裕也・苫野一徳
講談社講座「教師の学校」   2016年12月3日   
死ぬまで一度は哲学しよう [招待有り]
苫野一徳
ロータリークラブ熊本   2016年11月25日   
テツガク、それは究極の思考法 [招待有り]
苫野一徳
高校生のための熊大ワクワク連続講座   2016年11月12日   熊本大学
哲学対話と本質観取
苫野一徳
講談社講座「教師の学校」   2016年10月15日   
苫野一徳
日本教育心理学会第58回総会   2016年10月8日   
教育の「本質」から教師の「あり方」を考える [招待有り]
苫野一徳
広島市立大林小学校校内研修   2016年9月29日   
こうなる、こうしよう、これからの教育
苫野一徳
熊本大学教育学部「新たな学びのデザイン」交流会   2016年9月24日   
「ゴールの決められたプロジェクト」と「真正なプロジェクト」 [招待有り]
苫野一徳
講談社講座「教師の学校」   2016年8月27日   
アクティブ・ラーニングのテツガク
苫野一徳
学思会・教師の学校   2016年8月20日   
苫野一徳トークショー&サイン会 [招待有り]
苫野一徳
リブロ福岡天神店イベント   2016年8月6日   
こうなる、こうしよう、これからの教育 [招待有り]
苫野一徳
関学教師の会   2016年7月30日   
これからの教育、こうなる、こうしよう [招待有り]
苫野一徳
熊本大学教育学部附属小学校校内研修   2016年7月20日   
『子どもの頃から哲学者』刊行記念トークショー [招待有り]
苫野一徳
蔦屋書店熊本三年坂   2016年7月9日   
教育の未来をつくる〜学びの「個別化」「協同化」「プロジェクト化」の融合〜 [招待有り]
苫野一徳
都城支会小中学校校長会研修会   2016年6月22日   
学力とは何か?それはどうすれば育めるのか? [招待有り]
苫野一徳
熊本市立井芹中学校校内研修   2016年6月14日   
教師の学校 [招待有り]
岩瀬直樹×苫野一徳
教師の学校in講談社   2016年6月11日   講談社
苫野一徳×木下山多
2016年5月28日   
教育の力〜学びの個別化・協同化・プロジェクト化の“融合”〜 [招待有り]
苫野一徳
熊本市立白川小学校教員研修   2016年2月15日   
未来の学校のつくり方
苫野一徳×更科幸一
苫野ゼミ特別講演&対談企画   2015年12月6日   
苫野一徳
熊本市PTA協議会研究大会   2015年11月28日   
直江清隆・山田圭一・井上兼生・苫野一徳(特定質問者)
日本倫理学会第66回大会   2015年10月4日   
勉強するのは何のため? [招待有り]
苫野一徳
自由学園保護者の集い   2015年9月19日   
これからの学びを教育の「原理」から考える 〜学びの「個別化」「協同化」「プロジェクト化」の“融合”〜 [招待有り]
苫野一徳
国際大学GLOCOM未来研究会   2015年9月18日   
教育をテツガクする!? [招待有り]
苫野一徳
熊本学園大学附属中学校   2015年9月14日   
なぜ「個別(性)化」「協同化」「プロジェクト化」の“融合”なのか〜学びのあり方を教育の「原理」から考える〜 [招待有り]
苫野一徳
東海個性化教育学会   2015年8月27日   
保育をテツガクする [招待有り]
苫野一徳
社会福祉法人かすみ園合同研修会   2015年8月11日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
公教育の構想指針原理に基づく実践理論体系の展開に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 苫野一徳
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 苫野 一徳
教育における「個の尊重」の意味解明-エマソンの教育および政治思想の接続を軸として
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 苫野一徳
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 苫野一徳
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 苫野一徳
本研究の目的は、以下2つのデューイ教育理論の根本問題-そして同時に現代教育学のアポリア-を、デューイ哲学それ自体を再構築することで解明することにあった。その根本問題とは、(1)教育の究極目的を相対化し、教育とは成長の過程、経験の再構成それ自体であるといったデューイが、しかしどのような「成長」を志向した教育を「構想」するのが「よい」かという問いについて、原理的な回答をなし得なかった点。(2)興味・関心・経験から始めよという経験主義的教育方法を提示したデューイが、しかし、いかに興味が大切である...

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
熊本県「熊本の学び」総合構想会議  アドバイザー
 
2018年4月
 - 
現在
日本哲学プラクティス学会  編集委員
 
2018年1月
 - 
現在
教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム  アドバイザー
 
2017年4月
 - 
現在
尼崎市学びと育ち研究所  アドバイザー
 
2016年12月
 - 
現在
一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団  理事
 

その他

 
2017年12月   「ウワサの保護者会」(NHK Eテレ)
「どうして勉強しないといけないの?」
2016年3月   熊本朝日放送「くまパワ」
2015年1月   DVD「教育をテツガクする〜相互承認の感度を育む〜」
http://www.sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_039.htm
2015年1月   FMK「Morning Glory」
http://blogs.fmk.fm/glory/2015/01/post-3599.php
2013年7月   FMラジオ J-WAVE「Make it 21〜どうする!ニッポンの教育〜」
DJ:ショーンK
2013年6月   日本テレビ「NexT〜今夜はまさかの『哲学』!奇人変人列伝〜」
MC:ピース〔綾部祐二・又吉直樹〕、司会:森圭介、ゲスト:苫野一徳
2012年11月   苫野一徳×家入一真「テヘペロが許容される社会に」
http://dilemmaplus.nhk-book.co.jp/talk/2090
2012年11月   苫野一徳×家入一真「世界なんて救えない」
http://researchmap.jp/ittokutomano/
2012年6月   朝日ニュースター「ニュースの深層」
キャスター:東浩紀、司会:下平さやか、ゲスト:苫野一徳
2012年5月   NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ〜僕らの救国の教育論」出演(
【出演】東浩紀、石戸奈々子、猪子寿之、苫野一徳【司会】堀潤
2011年12月   TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」