内田 一成

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/07 18:46
 
アバター
研究者氏名
内田 一成
 
ウチダ イッセイ
eメール
iuchidajuen.ac.jp
URL
http://www.juen.ac.jp/lab/iuchida/
所属
上越教育大学大学院学校教育研究科
部署
学校教育研究科
職名
教授
学位
博士(心身障害学)(筑波大学)
その他の所属
兵庫教育大学大学院連合学校教育研究科博士(後期)課程 学校教育臨床連合講座 研究指導担当 (兼任)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年5月
 - 
現在
上越教育大学 名誉教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
上越教育大学大学院 学校教育研究科 臨床・健康教育学系(改組) 教授
 
2005年4月
 - 
2013年3月
兵庫教育大学大学院連合学校教育研究科博士(後期)課程 学校教育臨床連合講座 研究指導担当 教授 (兼任)
 
2004年4月
 - 
2007年3月
上越教育大学 学校教育学部 (大学院学校教育研究科臨床心理学コース兼任) 教授
 
2003年4月
 - 
2004年3月
上越教育大学 学校教育総合研究センター(大学院学校教育研究科臨床心理学コース兼任) 教授
 
2000年4月
 - 
2003年3月
愛知学院大学 文学部心理学科 (大学院文学研究科心理学専攻臨床心理学コース兼任) 教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京成徳大学 大学院心理学研究科カウンセリング専攻 教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京成徳大学 人文学部福祉心理学科 教授
 
1993年4月
 - 
1998年3月
東京成徳大学 人文学部福祉心理学科 助教授
 
1988年4月
 - 
1993年3月
道都大学 社会福祉学部 助教授
 
1985年4月
 - 
1988年3月
道都大学 社会福祉学部 専任講師
 
1981年4月
 - 
1991年3月
北海道教育大学教育学部 釧路分校 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1993年1月
博士:心身障害学(筑波大学)  
 
 
 - 
1979年3月
筑波大学大学院 教育研究科 
 

委員歴

 
2003年4月
 - 
現在
日本福祉心理学会  常任理事、理事
 
2006年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人国立病院機構さいがた病院  倫理委員会委員
 

受賞

 
1993年8月
American Association on Mental Retardation; Membership Recognition Award
 
1990年9月
日本特殊教育学会 研究奨励賞 NDRAにおける玩具選定方法の信頼性
 
1987年9月
日本行動療法学会 内山記念賞 自閉症児の全身性自己刺激行動と限局性自己刺激行動に及ぼすartificial DRAとnatural DRAの臨床効果
 
1987年9月
日本発達科学教育研究 奨励賞 自閉症児の行動療法における般化と維持の規定要因としての自然的強化随伴性
 

論文

 
吉原裕哉、内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   12(1) 23-33   2013年3月
本研究では、怒りが維持されたり、促進されたりする要因として侵入思考や反すうといった怒りに関する反復思考過程をあげ、その抑制要因と考えられる注意スキルとの関連を検討することを目的とした。怒りの侵入思考尺度(8項目)、怒りの反すう尺度(6項目)、日本版Buss-Perry攻撃性質問紙(24項目)、注意傾向尺度(28項目)について、215名の大学生・大学院生(男性112名、女性103名)のデータに基づき分析を行った。その結果、(1)注意スキルは怒りと怒りに関する反復思考過程に対して抑制的な影響を...
長谷川久子, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   12(1) 11-21   2013年3月
本研究では、まず、高校1-2年生全体(316名)に調査を実施し、Beckの認知モデルに基づき構成した因果モデルを用いて、抑うつに至る認知過程の検討を行った。次いで、その結果に基づき6セッション(1セッション50分)からなる認知行動療法的介入プログラムを作成し、介入効果の検討を行った。その結果、本研究モデルの妥当性は検証され、抑うつ症状に影響を与える認知要因として認知の誤りが特定された。介入プログラムの効果に関して、介入群女子において各認知変数が有意に変容した。介入群と統制群の比較では、介入...
斎藤昌孝, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   12(1) 1-10   2013年3月
本研究では社交不安傾向におけるパフォーマンス後の処理過程を検討した。調査参加者は大学生・大学院生238名であった。全参加者に対して社交不安傾向の指標としてSFNE(Short Fear of Negative Evaluation Scale) 、認知の誤りの指標としてTES(Thinking Error Scale) 、場面想定法でイメージしたパフォーマンス場面の事後処理の指標として日本語版TQ、過去に経験したパフォーマンス場面の反すうの指標として臨床場面用反すう尺度を修正したものを使用...
小島千恵, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   37-48   2012年3月
本研究では,児童期の小学生から青年期の大学生を調査対象として,抑うつの認知過程に関する因果モデルを構成し,それぞれの発達段階における肯定的自動思考と否定的自動思考の機能について比較検討した。調査対象者は,小学2年生118名,小学5年生133名,中学2年生163名,高校2年生218名,大学2年生102名の合計734名であった。年齢段階を通じて尺度が等しくなるように,スキーマについては児童用非機能的態度尺度とDSSスキーマ尺度,自動思考については児童用自動思考尺度とATQ-R短縮版,抑うつにつ...
金田良哉. 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   25-35   2012年3月
本研究では,小学6年生を対象として中学校入学前にうつや不安の中核をなす非適応的認知スキーマを適応的な認知スキーマへと生徒自身が修正していくという集団予防プログラム(45分×5セッション)を学年規模で導入し,その効果が中学入学後も維持されるかどうかを検討した。介入群は73名(男子32名,女子41名),統制群74名(男子31名,女子43名)であった。介入・調査期間は中学校入学前の1月から中学入学後の7月までであった。介入の妥当性評価には児童用非機能的態度尺度(9項目),児童用自動思考尺度(16...
大坪建, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   11(1) 13-23   2012年3月
本研究では,不登校生徒の減少のための一助として,中学校入学後の早い時期に,うつや不安の中核をなす非適応的認知スキーマを適応的な認知スキーマへ生徒自身が修正するという集団予防プログラムの臨床効果の検討を行った。介入群は中学校1年生117名(男子60名,女子57名),統制群は別の中学校の1年生 99名(男子49名,女子50名)であった。介入は4月〜6月にかけて学年規模で5セッション(各50分)行った。介入の妥当性評価には児童用非機能的態度尺度,児童用自動思考尺度を使用した。介入効果の査定には児...
大越優佳, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   11(1) 1-12   2012年3月
本研究では,特別支援学級に在籍する小6女児に対し,自己評価点が高い状態を保持しながら適切な自己評価技能を獲得できるように,児童と評価点を照合し合う行動を習得度別に分け,評価点の高いものから順次導入していく手続きの効果を検討し,併せて複数の照合行動を設定することで般化の促進を試みることを目的にした。その結果,習得度の高い照合行動では包括的な自己評価が速やかに獲得されるとともに,その影響によって未介入の習得度の低い照合行動も改善されることが示された。担任教師による社会的妥当性の評価結果は,当該...
塚野聡仁, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   10(1) 17-29   2011年3月
本研究では,大学生の抑うつの病態形成メカニズムの解明と全人的アプローチの開発に向けての一助として,大学生における抑うつの認知過程がbio-psycho-social-spiritual model(以下,BPSSモデルとする)に基づく健康に及ぼす影響を検討した。ネガティブライフイベント尺度(30項目),抑うつスキーマ尺度(24項目),自動思考質問紙(12項目),抑うつ尺度(21項目),BPSS健康尺度(37項目)を使用し, 303名(男性128名,女性175名; 平均19.8±1.3(歳)...
高柳伸哉, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   10(1) 9-16   2011年3月
本研究では,心気症傾向の早期の発症過程を明らかにするために,まず,予備調査を行い(中学校の生徒98名,養護教諭12名),その自由記述回答を基に身体感覚増幅に関する尺度(SSAS; Barsky, Wyshak, & Klerman, 1990a),心気症傾向に関する尺度(CABAH; Rief, Hiller, & Margraf, 1998),身体症状に関する尺度(PHQ-15; Kroenke, Spitzer, & Williams,2002)の中学生版を作成し,次いで身体感覚増幅が...
内田一成他
上越教育大学心理教育相談研究   10(1) 1-8   2011年3月
本研究では,身体的健康,心理的健康,社会的健康,スピリチュアル健康について37項目からなるBPSS(bio-psycho-social-spiritual)健康尺度を作成し,大学生531名(男性166名, 女性364名; 平均年齢:20.0±1.3(歳))のデータに基づき探索的因子分析を行った。その結果,BPSS健康尺度は1因子構造であったため,主成分分析で32項目を抽出した。内訳は身体的健康面5項目,心理的健康面10項目,社会的健康面9項目,スピリチュアル健康面8項目であった。BPSS健...
内田 一成
福祉心理学研究   6(1) 26-31   2010年5月   [査読有り]
 福祉心理学の基礎と臨床の心理学研究法の新たな視点について,基礎福祉心理学と臨床福祉心理学における研究法の在り方として, 実践における客観と間主観の発展的関係を踏まえたうえで, 全人的な統合モデル (生物-心理-社会-霊的モデル:Bio-Psycho-Social-Spiritual Model: BPSSモデル)に基づく基礎データと臨床データの蓄積による実証的証拠(evidence)」に基づく福祉心理学の確立の必要性が論じられた。
山岸奈央, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   9(1) 27-39   2010年3月
本研究では,より全人的な観点から無気力状態にある青年への支援策を見出していくための一助として,どのようなコーピングが大学生の健康や無気力傾向を促進し,または抑制するのかを検討する。無気力傾向測定尺度(15項目),対処方略尺度(24項目),BPSS(bio-psycho-social-spiritual)健康尺度(37項目)について大学生273名(男性96名, 女性177名; 平均年齢:20.3±1.4(歳))のデータに基づき分析を行った。その結果,無気力傾向の高い者は,「無気力傾向全体」,...
西澤理子, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   9(1) 15-26   2010年3月
本研究では楽観性帰属様式,対処方略,ならびに健康との関係を多面的に検討する。楽観的帰属様式尺度(23項目),対処方略尺度(24項目),BPSS(bio-psycho-social-spiritual)健康尺度(37項目)について大学生258名(男性71名, 女性187名; 平均年齢:19.8±1.1(歳))のデータに基づき分析を行った。その結果,ポジティブイベントとネガティブイベントの違いはあるものの,情動焦点型であっても問題焦点型であっても楽観的な人はより適応的な帰属様式と対処方略を使用...
笠井麻里, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   9(1) 1-14   2010年3月
本研究では児童の抑うつの病態形成メカニズムの解明と全人的治療法の開発に向けての一助として,各種ストレッサーが児童のネガティブスキーマ,抑うつ症状,健康に及ぼす影響を検討した。ストレッサー尺度(16項目),児童用非機能的態度尺度(9項目),小児自記式抑うつ尺度(18項目),児童用BPSS(bio-psycho-social-spiritual)健康尺度(37項目)に関する小学校5・6年生の児童223名(男子115名,女子108名)のデータに基づき分析を行った。その結果,素因ストレスモデルと異...
横山楓子, 内田一成
上越教育大学心理教育相談研究   8(1) 43-53   2009年3月
本研究では,過去のいじめ体験の有無が現在のレジリエンス・自動思考・対処行動の認知行動特性に及ぼす影響過程について検討した。大学生385名を対象に質問紙調査を実施し分析を行った。その結果,いじめ経験者は未経験者よりもレジリエンスの「I CAN」,自動思考の「自己に対する非難」,対処行動の「情報収集」「計画立案」が有意に高いことを示していた。また,過去のいじめ体験の有無およびレジリエンス高中低群を独立変数とし,現在の自動思考と対処行動を従属変数とする影響過程について検討したところ,レジリエン...
志賀 聡, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   8(1) 1-10   2009年3月
本研究では,高校教師への受容的応答訓練が生徒との応答場面での面接技術,ならびに生徒の教師に対する信頼感にどのような効果を及ぼすのかを検討した.受容的応答訓練プログラムは,カウンセリングマインド的発想,積極的傾聴,受容的応答から構成され,研修は介入群の高校教師12名に対して月1回1-2時間のホームワークが計5回実施された.統制群は他の高校教師6名であった.効果測定は,約20分の個別生徒相談場面での逐語録,特定教師への信頼感を測定するSTT尺度(Students’Trust in Teache...
杉嶋 真妃, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   8(1) 11-20   2009年3月
研究1では,反応率(キーを押す回数)を高めることで抑うつ群(高・低)の随伴性認知がポジティブに変容するかどうかを実験的に検討した.参加者はBDI-Ⅱ得点8点以下の低抑うつ群の大学生21名(男性9,女性12)と,13点以上の高抑うつ群の大学生22名(男性9名,女性13名)であった.実験では嫌悪的ノイズがランダムに提示され,反応率について自由,60%,80%の3条件をカウンターバランス順序で設定した.その結果,高抑うつ群は低抑うつ群に比して随伴性の評定値が有意に低く,反応率を高く統制すると両群...
中山 恵理, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   8(1) 35-42   2009年3月
本研究では,少数被験者法を用いたリニら(2004)や山本・杉浦(2005)の研究を基に,子どもから成人まで適用可能な表情認知による抑うつ尺度の開発可能性について検討した.小学1年生~社会人までの1804名(男性864名,女性940名)を対象に,表情作成ソフトによって作成された喜び3枚(喜び100%, 80%, 60%), 無表情5枚(喜び40%, 20%, 0%, 悲しみ20%, 40%),悲しみ3枚(悲しみ60%, 80%, 100%)の計11枚の表情写真に対する評定と,各年齢層に応じた...
鈴木 崇夫, 足立 吉美, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   8(1) 21-33   2009年3月
本研究では,小学校5年生の自閉性障害をもつ男児(PLA: 4歳4ヵ月)を対象として,感情理解の成立過程を明らかにすることを試みた.介入では,まず自己感情の理解と表出の形成のため,5つの基本感情ごとに対象児の感情が強く表れる文脈を用いて,刺激提示にも要求される反応型にも絵,文字,音声手がかりとそのフェーディングアウト手続きによる訓練を行った.次いで,他者感情理解過程の情緒的評価過程(抽出),認知的評価過程(分類),言語過程(命名)の処理水準である表情,字義,文脈の3過程3水準からなる訓練を同...
柴田 英登, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   7(1) 59-71   2008年3月
本研究では,注意欠陥/多動性障害(attention-deficit/hyperactivity disorder:以下,ADHDと表記)を示すA児に対し,相談室の資源を最大限に活用し,適切な自己記録・自己評価技能習得のための介入手続きを実施した.その結果,相談室でのA児の行動の他者評価は介入当初から改善を示し,また自己記録および自己評価の適切性に関しても介入の試行を重ねるにつれて向上した.また客観的な行動測定からも,A児の会話時のコミュニケーション態度や相互作用の顕著な改善が示された.さ...
戸田 尚登, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   7(1) 25-35   2008年3月
思春期の生徒の学校適応状態を把握するためには,内的適応状態の多面的な把握が求められる.本研究では, 中学1年生〜3年生367名(男性187名,女性180名)のデータに基づいて,BPSモデル(bio-psycho-social model)に立脚した生物-心理-社会的側面についての自己評価と予測自己と学校適応感の関連について検討した.その結果,全体として自己評価のみならず予測自己も「学校適応感」に有意な影響を及ぼし,下位領域の「教師関係適応感」「部活動適応感」「友人関係適応感」「学習活動適応...
高橋 一夫, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   7(1) 11-24   2008年3月
現在,職場における人間関係の問題が,うつといった心の病を生み出す最も大きな要因となっている。その予防策として,近年の産業,組織心理学の分野で社会的スキルが注目を集めている。しかし,ストレス反応過程における社会的スキルをより発揮させるためには,その前段階にある認知的評価過程における対人関係能力が重要であるとされている。本研究では,対人関係能力,社会的スキルをストレスモデルの媒介変数として位置づけ,職場ストレス反応に及ぼす影響過程について検討した。30代の就労者271名のデータについての共分散...
小菅 康, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   7(1) 1-9   2008年3月
本研究は,先行研究をもとに,個の内面的な特徴に基づいて,新たに非行の分類を行った.その結果,非行は,他の精神障害を併存しない「集団型」と,他の精神障害を併存する「神経症型」「人格障害型」「発達障害型」「精神病及び脳器質障害型」に分けることができた.また,「発達障害型」は,「ADHD」「HFPDD」「MR or BIF」に分けることができた.さらに,その分類ごとの非行に至る内面的なメカニズムを明確にし,分類ごとの認知・感情・行動のCBTモデルを作成することができた.今後,非行少年の認知の修正...
須階 清佳, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   6(1) 59-72   2007年3月
フラッシュバックを主徴としたPTSDをもち,特性不安と状態不安がともに高いADHDの18歳男性に対して心理療法の共通成分を重視した面接を行った.当初フラッシュバックの回数は1週間に10回ぐらいであったが,治療的に安心できる場でそれを話すことで脱感作効果が得られるようにするとともに,いつ起こるかわからないという予期不安を軽減するため,その引き金となる事柄を同定できるようにする面接を行った.その結果,わずか8セッションの間によりフラッシュバックが気にならなくなるまで軽快した.その後,特性不安と...
増田 明史, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   6(1) 37-49   2007年3月
本研究では,高等学校への集団心理療法の今後の導入の一助とするため,対人関係における不安を軽減し,円滑な人間関係を形成するために学級集団に主張訓練を導入し,その有効性を検討した。対象となったのは,青年用アサーション尺度,KISS-18,友人関係尺度,学校生活満足度尺度,対人恐怖心性尺度,攻撃性尺度等で,同質性が確認された2年生2クラス(各25名:いずれも男子15名,女子10名)で,一方が介入群,もう一方が統制群であった.予備調査の結果に基づいて,不安を感じたことのある7種の対人場面を含む集団...
草野 孝, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   6(1) 23-36   2007年3月
本研究では,「行動を円滑に行うことを妨げる感情や捉え方・信念などの心的な事象をコントロールすることができる認知や行動スキルとして獲得されたレパートリー」として位置づけられるlearned resourcefulness(LR)が,Lazarus & Folkman(1984)の提唱したストレス評価の過程である認知的評価に影響を与え,
状況に合わせた柔軟なコーピングを促進するかどうかを検討した.コーピング失敗条件と成功条件に分けて調査した結果,LRが豊富にある者はコントロール可能性を高め,安...
佐藤 千瑛, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   6(1) 13-22   2007年3月
通常学級に在籍する軽度発達障害を持つ小学校3年生男児に対して,ビデオテープ試聴のみの訓練(VSM条件)と,ビデオテープ試聴に自己評価,弁別訓練,行動リハーサルを組み合わせた訓練(VSM+RH条件)を実施し,その効果を比較した.効果判定には条件交替法を使用し,適切行動と不適切行動の生起頻度を測定するとともに,介入前後に社会的スキル尺度と学級生活満足度尺度による評定を行った。その結果, VSM+RH条件は適切行動の増加にも不適切行動の減少にも効果的であるのに対して,VSM条件は適切行動の増加に...
中村 直美, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   6(1) 1-11   2007年3月
中学生における精神的健康の指標の一つとしてレジリエンスを取り上げ,幼少期から形成される家族への愛着,及び親友への愛着との関連について検討した。中学生675名についての共分散構造分析によるパス解析の結果,中学生では,家族への愛着とともに親友への愛着がレジリエンスに強く影響を及ぼすようになり,さらに性別による家族への愛着及び親友への愛着がレジリエンスに及ぼす影響過程の違いを検討するため,男女別の共分散構造分析によるパス解析(多母集団の同時分析)を行った結果,女子では家族への愛着が安定しているほ...
知的障害者入所施設における応用行動分析の広範な使用:組織行動マネジメントについての臨床的研究:補足
内田一成
行動分析研究   20(1) 66-67   2006年8月   [査読有り]
内田(2004)の研究には、既報(内田,1996)に2つの重要なデータ、すなわち (1)処遇環境に及ぼす職員の自己管理法の介入効果についてのデータ、(2)組織的援助システムに関する1年間の追跡調査研究のデータが追加されていることを補足した。
山口 智子, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   5(1) 27-36   2006年3月
児童虐待のスクリーニング法としてバウムテストの有用性を検討するため6〜17歳の被虐待児95名と虐待を受けていない6〜18歳の子ども190名を対象にバウムテストを行い、276項目について比較した。その結果、49項目に有意差が認められ、被虐待児には地平線や地面、根の欠如、樹冠の実や葉の欠如、未成熟な描写が多かった。判別分析の結果、被虐待の有無を81.8%で識別できることが判明し、児童虐待のスクリーニング法としてバウムテストの有用性が示唆された。
渡辺 範子, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   5(1) 15-25   2006年3月
本研究では特別な教育的支援を要する児童と他児との関係を改善するため、小学校2年生(N=22)の通常学級全体に社会的スキル訓練を実施した。その結果、1)他児から要支援児童への関わり方は顕著に改善・維持されるのに対し、要支援児童は不適切行動や学級での対人トラブルが顕著に改善・維持された。2)要支援児童の社会的スキルは他児に比して低かったが、学級満足度は他児たちと同等ないしはそれ以上であった。本知見は、特別な教育的支援を要する児童の環境整備の観点から論議される。
野坂 純司, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談研究   5(1) 1-14   2006年3月
ADHDの9歳男児と自閉性障害の4歳男児をもつ母親2名に対し、個別指導プログラム(IEP)の作成支援を目的とした親訓練を行った。その結果、子どもの標的行動と他行動に著しい改善が認められ、母親の精神健康度も心身両面にわたり改善された。介入手続きについても概ね高い満足度を示していた。本知見は、日常臨床における親訓練プログラムの有効性のみならず、親からも受け入れられやすく、有用性や汎用性も高いことが論じられた。
内田一成
上越教育大学紀要   25(1) 299-313   2005年9月
本研究では,自閉性障害をもつ小児の全身性と限局性の常同行動(GSBとLSB)の強化特性を検討するため,年齢とIQの等しい自閉性障害をもつ男児6名と精神遅滞をもつ男児6名を6つの強化条件(社会的強化,食物強化,前庭感覚強化,視聴覚強化,GSB強化,LSB強化)で体系的に観察した。その結果,精神遅滞群と対照的に,自閉性障害群における視覚弁別課題に対する強化効力は,LSB強化,GSB強化,視聴覚強化,前庭感覚強化,食物強化,および社会的強化条件の順で強いことを示していた。本知見は,自閉性障害の強...
内田 一成
心理臨床学研究   第23巻1号,108-117(1) 108-117   2005年4月   [査読有り]
広汎性発達障害と精神遅滞をもつ児童・青年を対象に, 重要な10変数を用いて変数間の因果分析を行った結果,広汎性発達障害は<脳機能危険因子→対人行動障害⇄(言語行動障害)→儀式的強迫行動→全般的重症度>と<脳機能危険因子→全般的発達遅滞→社会的技能の遅滞→感覚刺激に対する反応性の障害→全般的重症度>の2経路によることが示された。本知見は,病態成因論,心理臨床的な治療方略,新たな臨床・研究モデルの観点で論議された。
内田一成
行動分析研究   19(2) 124-136   2005年4月   [査読有り]
本論文の目的は、1知的障害者入所施設に導入した、職員のニーズ関連行動の増加とニーズ解決技能の習熟ならびにそれらの組織的結果を強化する6つの行動パッケージからなる、組織的援助システムについての臨床実験の成績を報告し、今後の入所施設サービスについての方法論的枠組みと応用行動分析の役割について議論することである。3ヵ年にわたる研究結果は、この組織的援助システムが施設の専門的援助機能を有意に高め、知的障害や発達障害を有する入所者の適応行動と不適応行動に劇的な改善をもたらすことを示していた。本知見は...
内田 一成
上越教育大学研究紀要   24(2) 751-767   2005年3月
本研究では,全身性と限局性の常同行動(GSBとLSB)に及ぼす先行活動の影響を検討するため,年齢とIQの等しい自閉性障害をもつ男児4名と知的障害をもつ男児4名を4つの先行条件(自由遊び,学業課題,微細運動,粗大運動)で体系的に観察した。結果は次のことを示した。1)知的障害をもつ小児と対照的に,自閉性障害をもつ小児のGSBの頻度は,粗大運動先行条件でわずかに減少したが,それらの持続時間は先行条件を通して変化しなかった。2)知的障害をもつ小児と対照的に,自閉性障害をもつ小児のLSBの頻度は微細...
内田 一成
上越教育大学心理教育相談室紀要   第4巻, 127-140(1) 141-150   2005年3月
年齢と性別で一致させた軽度・重度遅滞各3名を対象に、修正DBT (dry- bed training)の正試行的過剰矯正法の試行回数(3、6、9回)の臨床効果を参加者間多層ベースライン法によって検討した。結果は、軽度群は全条件で効果的に治療されたが、重度群では3試行条件があまり効果的でないことが示された。本知見は低負担の夜尿症治療パッケージの開発の観点から論議された。
榊原 岳, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談室紀要   第4巻, 127-140(1) 127-139   2005年3月
自殺企図や家庭内暴力を呈する青年期ADHDの男性にマルチ・モーダル行動療法(高自尊心やゲーム中心の生活様式の改善には「認知の再構成と自己監視法」、自己中心的・空想的な話題に固執した対話様式の改善には「対人コミュニケーション訓練」,不安の改善には「不安マネージメント訓練」)を適用したところ、多くの問題が改善され、青年期ADHDに対する本臨床技法の有効性が確認された。
金井 幸光, 内田 一成
上越教育大学心理教育相談室紀要   第4巻, 1-14(1) 1-14   2005年3月
中学生を対象に、レジリエンスとその構成要因8因子(ユーモアを伴う社会的外向性、社会的支援、有能感、根気努力志向性、家庭内の規律、自己統制感、信仰心、問題解決能力)の因果関係について共分散構造分析を行った。その結果、両者の間に強い因果関係があり、レジリエンスを高めるための具体的な介入方法が提案された。
自閉性障害をもつ小児の全身性と限局性常同行動に及ぼす先行活動の影響
内田一成
上越教育大学研究紀要   第24巻2号,751-767    2005年
自閉性障害と知的障害をもつ男児各4名を対象にして、全身性と限局性常同行動(GSBとLSB)に及ぼす先行条件(自由遊び、学業課題、微細運動、粗大運動)の影響を体系的に観察した。結果は、自閉性障害のGSBとLSBの頻度は、それぞれ粗大運動先行条件と微細運動・学業課題先行条件で減少したが、持続時間は先行条件を通して変化しなかった。本知見は刺激性制御と自動強化の観点から論議された。
内田一成
上越教育大学紀要   24(1) 271-286   2004年9月
自閉症をともなう児童・青年91名と精神遅滞をともなう非自閉症の児童・青年87名を対象に、自閉症状の発達過程とその決定因について検討した。その結果、両臨床群における発達過程の最たる相違は<対人行動障害>に見られ,この領域が自閉症をともなう児童・青年の発達過程の中で最悪であり、両臨床群における自閉症状の決定因の一貫した相違は、<脳機能障害>、<生理的未成熟>、<全般的発達遅滞>の複数の因子に見られることを示していた。本結果は、病態成因論、予後論、治療論的観点から論議された。
内田一成
上越教育大学紀要   23(2) 329-345   2004年3月
自閉症をともなう児童・青年91名と精神遅滞をともなう非自閉症の児童・青年87名を対象に、発達の遅れとその決定因について検討した。その結果、両臨床群における発達過程の最たる相違は<社会領域>に見られ、両臨床群における発達過程の決定因についての一貫した相違は、<対人行動障害>と<儀式的強迫行動>に見られることが示された。本結果は病態成因論,予後論,治療論的観点から論議された。
中田 栄, 内田 一成
上越教育大学学校教育センター客員研究員研究報告書   2004 11-20   2004年
内田 一成
人間文化 : 愛知学院大学人間文化研究所紀要   16 172-155   2001年9月
人はかけがえのない存在であり、人に対する臨床的理解や臨床的介入には大きな責任が伴う。それゆえ、臨床心理学的な実践も研究も、権威・習わし・主観に基づくやり方から、厳密な研究によって効果の確認されたやり方に基づいて地道に行われる必要がある。この方向性は1995年頃から強調され始め、「実証的証拠に基づく臨床心理学」といわれ、広く臨床科学の世界的潮流でもある。ここで取り上げた「Farrell, S.P., Hains, A.A., & Davies, W.H. (1998). Cognitive ...
自閉性障害への行動論教育福祉援助:不適応行動に対する応用行動分析の技法的側面
内田一成他
特殊教育学研究   38(5)    2001年
内田 一成
行動分析学研究   14(2) 69-75   2000年2月   [査読有り]
組織行動マネージメントに関する実験論文(「小規模なソフトウェアー開発会社における企画提案思考ツールの開発と遠隔支援」、島宗・磯部・上住・庄司,2000)へのコメント論文。メタ随伴性の変化に即したニーズ対応型の組織行動マネージメントの重要性と今後の研究の役割から論評を加えた。
Two-Way Analysis Model for Severe Behavior Disorders in Developmental Disabilities.
Uchida, Issei
Report of Research Project,Grant-In-Aid for Scientific Research   (1997-1999)    2000年
発達障害者の強度行動障害に対する行動分析と環境分析の2方向分析モデル
内田一成
平成9年度〜11年度文部省科学研究費研究成果報告書      2000年
「2方向分析モデル」は、「個人の行動分析-行動変容プログラム」と「環境分析-環境変容プログラム」を同時に用意できるところに、その独自性を求めることができる。これには両方向的な効果が期待できるので、対応困難な強度行動障害にも効果が期待できる。その検証のため、「環境分析-環境変容プログラム」と「行動分析-行動変容プログラム」の効果を検討した。その結果、両プログラムによって12名中 9名において強度行動障害得点がゼロ・ゼロ近似水準まで激減することが示された。このモデルは、「学校現場」にも有効であ...
内田 一成
愛知学院大学文学部紀要   30(30) 13-26   2000年
神経因性膀胱や過敏型膀胱などの泌尿器科的異常所見をもつ成人2症例の排泄障害が、Azrin のDPT手続き(dry-pants training)、内田の修正DBT手続き(modified dry-bed training)、および Kimmelの RCT手続き ( retention control training)の組み合わせによって効果的に治療され、2年間の追跡調査期間を通じて再発もなかった。本臨床成績から、本法が難治性の排泄障害に対する最適治療パッケージの1つになることが示唆された。
自閉性障害への行動論教育福祉援助:21世紀に向けての応用行動分析の技法的側面に関する検討
内田一成他
特殊教育学研究   37(5) 266-268   2000年
組織行動マネージメント研究の役割
内田一成
行動分析学研究   14(2) 69-75   1999年   [査読有り]
組織行動マネージメントに関する実験論文(「小規模なソフトウェアー開発会社における企画提案思考ツールの開発と遠隔支援」、島宗・磯部・上住・庄司,2000)へのコメント論文。メタ随伴性の変化に即したニーズ対応型の組織行動マネージメントの重要性と今後の研究の役割から論評を加えた。
自閉性障害への行動論教育福祉援助:応用行動分析に基づく21世紀に向けての指導カリキュラムの検討
内田一成他
特殊教育学研究   36(5) 85-87   1999年
自閉性障害への行動論教育福祉援助:応用行動分析に基づく21世紀に向けての治療教育システム
内田一成他
特殊教育学研究   35(5) 181-183   1998年
自閉性障害への行動論教育福祉援助:21世紀に向けての理念的・環境設定的検討
内田一成他
特殊教育学研究   34(5) 181-183   1997年
本邦特殊教育関係別文献目録:行動問題部会
内田 一成
特殊教育学研究   34(1) 111-117   1996年
Organizational Experiment of Behavioral Residential Social Work in an Institution for the Mentally Retarded
Tokyo Seitoku University Bulletin   3 147-161   1996年
Socialization Process of Residential Facility in Japan : I. Comparion Among a Variety of Facilities.
Tokyo Seitoku University Bulletin   3 125-135   1996年
内田 一成
東京成徳大学研究紀要   3 147-161   1996年
行動分析科学の多面的な応用として、1精神薄弱者施設(職員35名、入所者110名)に対して、組織的援助システムの3カ年実験を行った。本システムは、日常環境の整備とニーズ解決技能の習熟を中心とした5つのパッケージからなっており、「正の強化の適正配置」に基づく機能的な施設環境の設定を意図したものである。その結果、本システムは、施設の社会的・専門的機能を有意に高め、入所者の心理社会的機能を劇的に改善させられることを示した。
内田 一成, 岡田 明
研究紀要   3 125-135   1996年
入所型福祉施設の社会化(開かれた施設づくり)は、組織心理学的な問題でもある。本研究では、各種の児童福祉施設、精神薄弱者援護施設、身体障害者更生援護施設、老人福祉施設の社会化を、53項目から成る質問紙を用いて比較検討した。その結果、施設の社会化過程は、「準備段階」、「(地域社会への)積極的援助段階」、「(地域社会との)相互支援段階」の3段階で説明可能であり、因子得点による施設種別間の社会化の進展段階の結果に基づいて、具体的な提言を行った。
自閉症児の自己刺激行動を適応行動に変換するNDRA手続きにおける拮抗行動の選定方法の定式化
内田 一成
北海道科学研究費研究成果報告書(北海道開発調整部)      1996年
筆者が発展させた臨床技法のNDRA (拮抗行動の自然的分化強化: natural differential reinforcement of al- ternative behavior)の選定指針(全身性自己刺激行動と限局性自己刺激行動の感覚強化刺激種に一致させた玩具操作行動を選定する)の信頼性を検討した。信頼性評価は、NDRA適用事例の玩具操作行動の般化勾配の実測順位と、NDRAの設定場面の般化勾配の予測順位の比較という観点で行った。その結果、本技法が新たな臨床技法としての条件を満た...
自閉性障害への行動論教育福祉援助:21世紀に向けての多角的検討
内田一成他
特殊教育学研究   33(5) 142-143   1996年
内田一成
行動療法研究   21(2) 92-101   1995年9月   [査読有り]
最少制約環境において自閉症児の社会性発達を促進し得る方法の開発研究として、筆者が発展させた臨床技法のNDRA手続き(拮抗行動の自然的分化強化:natural differential reinforcement of alternative behavior)に基づいて社会的行動の質的変換を試みた。その結果、モデル提示だけで、社会的行動が単純反復のレベルⅠから構造的・象徴的なレベルⅣへと、質的に変換されることが明らかになった。
Systematic Manipulation of NDRA : New Technique in Facilitating the Socialization of Autistic Children in the Lceast Restrictive Environment
Japanese Journal of Behavior Therapy   21(2) 22-31   1995年   [査読有り]
Effects of Systematic Manipulation of NDRA on Shaping Symbolic Play in Autistic Children
Tokyo Seitoku University Bulletin   (2) 109-117   1995年
内田 一成
東京成徳大学研究紀要   2(2) 109-117   1995年
自閉症児の特徴の1つとして、象徴遊びの欠如があげられる。本研究では、筆者が発展させた新たな臨床技法であるNDRA手続き(拮抗行動の自然的分化強化:natural differential reinforce- ment of alternative behavior)における選定玩具の自然的強化事象と同種類の刺激事象が自然に随伴されるように、質的に高い玩具遊びを系統的に設定する実験を行った。その結果、外的強化刺激がなくても、モデル提示だけで象徴遊びが激増することが明らかになった。
内田 一成
特殊教育学研究   31(1) 45-53   1993年6月   [査読有り]
自閉症に対する行動療法の変遷過程を、概念的枠組み、適応行動の形成技法、不適応行動の解消技法の観点から文献的に検討した。その結果、行動療法は、当初の対症療法的アプローチから、1970年代後半を境に行動の成立条件の分析に立脚した行動次元上の原因療法的アプローチへと発展してきており、今後の心理・教育・福祉サービスに果たす役割の大きさを浮き彫りにした。
The Successful Application of Behavior Therapy to Urinary and Fecal Incontinence in a Mildly Retarded Adult with Spina Bifida Occulta.
Tokyo Seitoku University Bulletin   1 81-93   1993年
Current Perspective of Behavior Therapy for Autistic Children.
Uchida, Issei
The Japanese Journal of Special Education   31(1) 45-53   1993年   [査読有り]
潜在性二分脊椎を合併した1軽度精神遅滞成人の尿・便失禁に対する行動療法の効果的適用
内田一成
東京成徳大学研究紀要   1 81-93   1993年
潜在性二分脊椎による尿・便失禁のため、就業指導プログラムに参加できずにいた1軽度精神遅滞者に対してDPT手続き (dry-pants training)と筆者が発展させた 修正DBT手続き (modified dry-bed training)を用いて、昼夜一貫治療を行った。その結果、昼間の尿・便失禁は約7週間の臨床試行で治癒基準に到達し、夜尿もまた約5週間の臨床試行で治癒基準に到達した。そしてそれらの効果は2年間の追跡調査期間を通じて維持され、その間の失敗は皆無に等しかった。
自閉症児の常同行動に関する行動病理学的研究
内田 一成
博士論文 (筑波大学)   1-494   1993年   [査読有り]
自閉症の難解な常同行動系列の諸症状(常同行動、自傷行動、同一性保持行動)の発達的基礎条件と行動的基礎過程を明らかにすることによって、それらの成立メカニズムに即した治療技法の体系化を図った5部10章36節(独自の研究を20篇所収)からなる博士論文である。これにより自閉症に対する総合的行動療法プログラムの開発に向けての基本的枠組みが明らかになった。(全494頁)
内田 一成
道都大学紀要. 社会福祉学部   13 39-55   1990年
最重度精神遅滞の1自閉症成人女性の手背・前腕部を咬む自傷行為が手背・前腕部の触覚強化刺激によって制御されており、それと同種類の感覚刺激が産出されるような適切な行動を日常生活場面と作業場面の双方に形成した。その結果、わずか11日間で、適切な余暇活用技能と作業従事行動の激増によって自傷行為が除去され、その臨床効果は1年間の追跡調査期間を通じて維持されることが示された。
内田 一成
特殊教育学研究   27(1) 1-9   1989年6月   [査読有り]
拮抗行動の自然的分化強化(NDRA:natural differential reinforcement of alternative behavior;内田,1987)は、自閉症児の自己刺激行動を適応行動に変換するために開発・発展された方法である。その効力は強力であり、しかも人為的強化に必要な一切の操作指針が最適水準に自動調整されるという手続き上の利点も有している。だが、早急に検討しなければならない事項として、自己刺激行動の自然的感覚強化刺激を玩具操作行動に同定する方法、すなわち"体系的...
Differential Diagnosis and Developmental Course of Infantile Autism and Mental Retardation
Bulletin of Dohto University, Faculty of Social Welfare   12 1-40   1989年
Reliability of a Method for Selection of Toy Play Behavior for Natural Differential Reinforcement of Alternative Behavior (NDRA)
The Japanese Journal of Special Education   27(1) 1-9   1989年
内田 一成
道都大学紀要:社会福祉学部   12 1-40   1989年
3〜19歳の自閉症児91名と精神遅滞児87名のデータに基づいて、自閉症診断基準の適合性、行動症状の発達的特性、適応行動の発達的特性ついての検討を行った。その結果、自閉症の正判別率が100%になるのは対人行動障害、言語行動障害、強迫的固執行動の組み合わせ以外になく、自閉症児では対人行動障害と社会領域が最も変化し難く、精神遅滞児との差も最大になることが判明した。本知見から、幼児自閉症の原発的障害が対人行動障害ないしは社会性の発達障害であることが示唆された。
A Clinical Survey for Symptomatological Differential Diagnosis between Infantile Autism and Mental Retardation : Multivariate Analysis
Bulletin of Dohto University, Faculty of Social Welfare.   11 11-24   1988年
内田 一成
道都大学紀要:社会福祉学部   11 11-24   1988年
自閉症診断基準は、適切な医療・教育・福祉を保障していくうえで必須要件であるが、対人行動障害と言語行動障害以外の行動特徴については、諸家の一致が得られていない。本研究では、従来の診断項目を包括した5分類30項目の臨床データ(自閉症児:N=59, 精神遅滞児:N=47)に基づいて、主成分分析と判別分析を行った。その結果、対人行動障害と言語行動障害を必須症状とし、常同行動と同一性保持行動を選択必須症状にした場合、正判別率が98.3%になることが見いだされ、この判別式に基づく計量診断の必要性が強調...
自閉症児の行動療法における般化と維持の促進技法:人為的強化随伴性から自然的強化随伴性へ
内田 一成
発達科学研究成果報告書(財団法人発達科学研究教育センター)      1988年
This study investigated the clinical effectiveness of two DRA procedures with different reinforcement contingencies in transforming generalized and localized self-stimulatory behaviors (GSSB and LSSB) in four autistic and four mentally retarded ch...
Uchida, Issei
Japanese Journal of Child Adolescent Psychiatry   28(5) 312-321   1987年11月   [査読有り]
現在最良の行動療法技法であるDBT手続き(dry-bed training)を通算4回適用したにもかかわらず、増悪傾向を辿った精神遅滞を伴う1成人女性に対して、過剰学習法を治療開始時から追加導入する修正法を適用した。その結果、約3週間の臨床試行で治癒基準に到達し、その効果は2年間の追跡調査期間を通じて維持されることが明らかになった。また、副次的効果としてABS適応行動尺度の「適切でない応対の仕方」に劇的な改善がもたらされた。
内田 一成
行動療法研究   13(1) 44-55   1987年9月   [査読有り]
本研究の目的は2つあり,第1に施設収容精神遅滞者の夜尿症治療における修正DBT(Dry-BedTraining)の効能を検討すること,第2に本治療手続きが他の行動に及ぼす副作用を評価することであった。対象はDBT手続きや各種薬物治療に全く無反応であった5名の精神遅滞者(平均年齢23.7±49歳,平均IQ41.4±13.7)であった。DBT手続きの集中訓練と監視的事後訓練期間を通じて1ℓの水分投与手続きが導入される修正DBT手続きが,7日間連続無夜尿の終了基準が達成されるまで用いられた。副作...
内田 一成
行動療法研究   12(2) 34-49   1987年3月   [査読有り]
本研究は,精神年齢の等しい自閉症児と精神遅滞児各4名の全身性自己刺激行動と限局性自己刺激行動を適切な玩具遊びに変換していくうえでの,異なった強化随伴性に立脚する2っのDRA手続きの臨床的有効性を検討した。第1の手続きは適切な玩具遊びに感覚強化刺激を随伴提示するartif五cialDRAであり,結果は全身性自己刺激行動も限局性自己刺激行動も精神遅滞児では適切な玩具遊びに変換されるが,自閉症児では変換されないことを示していた。第2の手続きはそれぞれの自己刺激行動から検出・同定された感覚強化刺激...
Clinical Effects of Modified DBT Procedure in the Treatment of Nocturnal Enuresis in Institutionalized Mentally Retarded Adults
Japanese Journal of Behavior Therapy   13(1) 44-55   1987年   [査読有り]
A Case of Adult Nocturnal Enuresis with Mental Retardation Treated Effectively with a Variation of Dry-Bed Training Procedure
Japanese Journal of Child and Adolescent Psychiatry   28(5) 312-321   1987年   [査読有り]
Clinical Effects of Artificial DRA and Natural DRA on GSSB and LSSB in Autistic Children
Japanese Journal of Behavior Therapy   12(2) 34-49   1987年   [査読有り]
Uchida, Issei
Bulletin of Dohto University. Faculty of Social Welfare   10 19-23   1987年
In a three year follow-up of 5 retarded adults who had been treated with Uchida’s modified dry-bed training(Uchida,1987)it was found that all of the five who had achieved
continence were free from nocturnal enuresis during the follow-up period. T...
自閉症児の自己刺激行動を適応行動に変換するNDRA手続きにおける拮抗行動の選定方法の定式化
内田 一成
北海道科学研究費研究報告書 (北海道開発調整部)      1986年
Uchida, Issei
Bulletin of Dohto University, Faculty of Social Welfare   9 73-82   1986年
The past several years have witnessed increasing interest in the study of the variables that influence generalization and maintenance of treatment gains. In the present study,generalization across situations,behaviors,and time of four autistic chi...
Uchida, Issei
Bulletin of Dohto University. Faculty of Social Welfare   8 107-123   1985年
A comparative factor analytic study of language disabilities in 125 autistic children was made in which 3 groups,Severe(N=58),Moderate(N=39)and Mild(N=28),were defined on the basis of pathology levelof stereotyped behavior. The factor analyses yie...
内田一成
臨床精神医学   13(6) 705-712   1984年6月   [査読有り]
適切な学習と発達を阻害する常同動作の発現機序を究明するため、刺激源からの物理的距離を独立変数にした実験を行った。その結果、自閉症児の常同動作は頻度も持続時間も刺激源からの物理的距離の影響を受けにくく、この傾向は特に身体部分常同動作の持続時間において顕著であり、その背景に神経生理学な自己刺激の関与が示唆された。
内田一成
臨床精神医学   11(8) 995-1002   1982年8月   [査読有り]
適切な学習と発達を阻害する無目的な一定不変の反復動作である常同動作の発現機序を究明するため、対人刺激を独立変数にした実験を行ったところ、自閉症児の常同動作は頻度も持続時間も対人刺激の影響を受けにくく、この傾向は身体部分常同動作の持続時間において顕著であり、その背景に神経生理学要因の関与が示唆された。
内田一成
児童精神医学とその近接領域   23(2) 84-96   1982年4月   [査読有り]
自閉症児に適切なサービスを提供していくためには、客観的な行動診断方法の確立が急務である。本研究では、比較行動学的方法を用いて(計測指標=21カテゴリー)、通常の臨床診断においては鑑別が困難とされる脳障害性精神遅滞児との行動計測値の比較を行った。その結果、通常の臨床診断では見逃される示差特徴が定量的に識別できることが明らかにされた。
内田一成
児童精神医学とその近接領域   22(5) 335-368   1981年11月   [査読有り]
自閉症の社会的ストレス主因説の妥当性を吟味するために、性別、生活年齢、精神年齢、言語年齢などで一致させた自閉症児と精神遅滞児の社会的行動に及ぼす対人刺激と対人距離の影響を検討した。その結果、自閉症の対人行動障害は社会的ストレスというよりも、むしろ言語的・非言語的双方にかかわる学習能力障害に由来する条件づけの不足に起因することが示唆された。
内田 一成
児童精神医学とその近接領域   20(5) 311-324   1979年   [査読有り]
自閉症児125名の言語症状データの因子分析によって抽出した3因子と一般的自閉症重症度や年齢との関係を分析した。その結果、軽度化・年長化に伴ってより高い言語技能・伝達技能を要する言語症状へと規則的に変化することが明らかになった。本知見から、自閉症児の治療教育を行っていく際には、言語症状の改善よりも、一般的自閉症状の改善を図っていく方が発達的利益の大きいことが示唆された。
自閉症児の対人行動の特質
内田 一成
筑波大学修士論文      1979年   [査読有り]
A Research on Group Adjustment of Autistic Children(3) : Intellectual Potentiality and Adjustment Process
Marui Fumio, Uchida Issei (10th Author)
Bulletin of Educational Psychology, School of Education, Nagoya University   2 151-179   1976年10月
This research is the third report that attempted with a view to analyze adjustment Processes to groups of 6 autistic children at middle and older grades in the elementary school. For this purpose two instruments wereused.0ne is NAUDS(Nagoya Univer...
A Research on Group Adjustment of Autistic Children(2) : The Adjustment Process to the Regular Class of Elementary School
Marui Fumio, Uchida Issei (10th Author)
Bulletin of Educational Psychology, School of Education, Nagoya University   23 115-150   1976年10月
We investigated the states of adjustment by the questionnaires on the low grade autistic children who belonged to the
regular class of elementary schools. And we studied the adjustment process and the factors influencing the adjustment process. 16...

Misc

 
足下からの人権擁護:最適医療の保障
内田 一成
道東地区知的障がい児・者家族会研修会      2014年4月
いじめ問題の基本的認識と学校の説明責任
内田 一成
平成22年度教職12年経験者(小・中・特)全体研修会 新潟県教育委員会主催、於 :新潟県県央地域地場産業振興センター「リサーチコア」       2012年7月
いじめ問題の基本的認識と学校の説明責任
内田 一成
平成21年度教職12年経験者(小・中・特)全体研修会 新潟県教育委員会主催、於 :新潟県県央地域地場産業振興センター「リサーチコア」       2011年7月
喪の作業・悲嘆の仕事寄り添い,聴きいることの大切さ
内田 一成
高田教区真宗カウンセリング講座      2010年10月
いじめ問題の基本的認識と学校の説明責任
内田 一成
平成20年度教職12年経験者(小・中・特)全体研修会 新潟県教育委員会主催、於 :新潟県県央地域地場産業振興センター「リサーチコア」       2010年7月
上越総合技術高等学校リスクマネジメント研修会
内田 一成
新潟県立上越総合技術高等学校主催      2007年9月
軽度発達障害の理解
内田 一成
新潟県上越地区中学校研修会      2007年6月
ニートの原因と心理的支援
内田 一成
糸魚川ロータリークラブ主催講演会      2006年5月
ストレスとのつきあい方「ストレスのメカニズムと精神的健康」
内田 一成
JCVテレビ公開講座      2005年11月
ストレスの自己管理法
内田 一成
高田教区真宗カウンセリング講座      2005年10月
幼児期・児童期の子どもの心と理解
内田 一成
家庭教育支援総合推進事業 家庭教育サポーター養成研修会(新潟県地域家庭推進協議会主催)      2005年9月
ゆらぐ若者たち:心の理解と家族の役割-ひきこもり・摂食障害
内田 一成
健康シティ上越・2010事業: こころの健康事業 こころの健康づくり講座、上越市役所健康づくり課主催      2005年7月
授業に生かすカウンセリング
内田 一成
教職12年経験者研修コース別研修(小学校・中学校・特殊教育諸学校)コース別研修「教育相談主コース」新潟県教育センター主催      2005年7月
セルフの発達とカウンセリング
内田 一成
高田教区真宗カウンセリング講座      2005年4月
性的いじめを受けた生徒と親に対するスクール・カウンセリング
内田 一成
SCS教育臨床特別講義      2005年2月
児童生徒の心の健康問題と健全育成
内田 一成
糸西学校保健会研修会      2004年12月
特別支援教育フォーラムin上越: 新潟県の特別支援教育の明日を語る  
内田 一成
上越教育大学地域連携推進室主催      2004年12月
こころの問題「ストレス・マネージメント-1:ストレスのメカニズムと精神的健康」
内田 一成
JCVテレビ公開講座      2004年9月
事例研修会
内田 一成
大潟町教育研究会生徒指導研修会(大潟町役場大会議室)      2004年8月
発達障害の心理学
内田 一成
愛知県精神保健福祉センター主催、平成14年度精神保健福祉業務専任者養成研修会(精神保健福祉相談員資格取得講習会)      2002年7月
行動障害に対する新しい臨床心理学モデルとその臨床成績(愛知学院大学人間文化研究所研究報告会
内田 一成
愛知学院大学人間文化研究所研究報告会      2000年12月
臨床実践における「正の強化の適正配置」に基づくOrganizational Behavioral Management(立命館大学文学部講演会・公開講座)
内田 一成
立命館大学文学部講演会・公開講座      1999年11月
社会と家庭と精神的健康
内田 一成
八千代市教育委員会後援、東京成徳大学公開講座、於:八千代台東南公共センター      1998年11月
自閉症に対する総合的行動療法プログラムと発達障害に対する組織援助システムの確立に向けての基礎・応用研究
内田 一成
愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所主催、愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所セミナー、於:愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所      1997年9月
自閉症の理解と処遇
内田 一成
茨城県社会福祉協議会主催、平成9年度茨城県精神薄弱児・者福祉施設職員研修大会、於:茨城県総合福祉会館      1996年9月
行動理論に基づく施設援助体制の確立に向けて
内田 一成
愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所、能力開発部主催、能力開発部公開セミナー、於:愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所)      1995年3月
障害児・者への関わりの援助方法
内田 一成
千葉県社会福祉協会主催、平成 6年度千葉県社会福祉施設職員研修会、於:千葉県社会福祉センター      1993年9月
心身障害児の理解
内田 一成
北海道教育委員会主催、平成2年度特殊教育養護・訓練研修公開講座、於:道立特殊教育センター      1991年1月
障害に応じた養護・訓練の指導
内田 一成
北海道教育委員会主催、平成元年度特殊教育養護・訓練研修公開講座、於:道立特殊教育センター      1990年1月
自閉的傾向をもつ精神薄弱児の理解
内田 一成
北海道教育委員会主催、昭和63年度特殊教育養護・訓練研修講座、於:道立特殊教育センター)      1989年2月
講談余滴(連載)
内田 一成
北海道教育の窓 (北海道教育社)      1988年
1988年4月号〜2002年3月号
偏見の成立条件とその解消に向けて(Vol.19, No.4, 68頁) 遊戯療法におけるメッセージの伝心(19.5, 77頁) 観察学習と大人としての良いモデル(19.6, 44頁) 不適応行動のもつ信号としての意味(19.7, 85頁) 子供の評価と人格形成の関係(19.8, 49頁) 生徒への自身の評価過程の自己評価(19.9, 50頁) 教育評価の認識と統計用語の理解度(19,10, 77頁) 鏡の心理効果としての他者評価の影響(19.11, 77...
相談活動における心身障害者の診断と援助
内田 一成
北海道釧路支庁主催、昭和50年度身体障害者・精神薄弱者相談員研修大会 於:釧路市心身障害者福祉センター)      1975年3月

書籍等出版物

 
ヒルガードの心理学 第16版
内田一成(監訳)
金剛出版   2015年   
世界的なベストセラーである本書の第16版 (18章、補遺2章構成: 第1章「心理学の特徴」、第2章「心理学の生物学的基礎」、第3章「心理発達」、第4章「感覚過程」、第5章「知覚」、第6章「意識」、第7章「学習と条件づけ」、第8章「記憶」、第9章「言語と思考」、第10章「動機づけ」、第11章「感情」、第12章「知能」、第13章「人格」、第14章「ストレス、健康、コーピング」、第15章「心理障害」、第16章「心の健康問題の治療」、第17章「社会的影響」、第18章「社会的認知」、補遺「測定と統計...
誠信心理学辞典[新版]
内田一成 (福祉領域責任編集)
誠信書房   2015年9月   
福祉領域(660-687頁)の責任編集(全1104頁)
ヒルガードの心理学 第15版
内田一成(監訳)
金剛出版   2012年   
世界的なベストセラーである本書の第15版(18章、補遺2章構成: 第1章「心理学の特徴」、第2章「心理学の生物学的基礎」、第3章「心理発達」、第4章「感覚過程」、第5章「知覚」、第6章「意識」、第7章「学習と条件づけ」、第8章「記憶」、第9章「言語と思考」、第10章「動機づけ」、第11章「感情」、第12章「知能」、第13章「人格」、第14章「ストレス、健康、コーピング」、第15章「心理障害」、第16章「メンタルヘルス問題の治療」、第17章「社会的影響」、第18章「社会的認知」、補遺「測定と...
ヒルガードの心理学 第14版
内田一成(監訳)
ブレーン出版   2005年   
世界的なベストセラーである本書の第14版(18章、補遺2章構成:第1章「心理学の特徴」、第2章「心理学の生物学的基礎」、第3章「心理的発達」、第4章「感覚過程」、第5章「知覚」、第6章「意識」、第7章「学習と条件づけ」、第8章「記憶」、第9章「言語と思考」、第10章「動機づけ」、第11章「感情」、第12章「知能」、第13章「人格」、第14章「ストレス、健康、コーピング」、第15章「心理的障害」、第16章「心理的障害の治療」、第17章「社会的影響」、第18章「社会的認知」、補遺「測定と統計的...
心理学基礎事典
内田一成(分担)
至文堂   2001年   
「行動療法」(258頁)、「認知行動療法」(260頁)の解説。(全407頁)
発達障害者の強度行動障害に対する行動分析と環境分析の2方向分析モデル
内田 一成
『平成9〜11年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書』 (課題番号09610136)   2000年   
2方向分析モデル」は、「個人の行動分析-行動変容プログラム」と「環境分析-環境変容プログラム」を同時に用意できるところに、その独自性を求めることができる。これには両方向的な効果が期待できるので、対応困難な強度行動障害にも効果が期待できる。その検証のため、「環境分析-環境変容プログラム」と「行動分析-行動変容プログラム」の効果を検討した。その結果、両プログラムによって12名中 9名において強度行動障害得点がゼロ・ゼロ近似水準まで激減することが示された。このモデルは、「学校現場」にも有効である...
障害とリハビリテーション大事典
内田 一成 (分担訳)
湘南出版社   2000年   
「行動療法」の発展過程、理論と実際、ならびに最新動向などを紹介した(199-207頁)。(全875頁)
自閉症児の常同行動に関する行動病理学的研究
内田一成(単著)
平成6年度文部省科学研究費補助金「研究成果公開促進費」による。風間書房   1995年   
自閉症の難解な常同行動系列の諸症状(常同行動、自傷行動、同一性保持行動)の発達的基礎条件と行動的基礎過程を明らかにすることによって、それらの成立メカニズムに即した治療技法の体系化を図った5部10章36節(独自の研究を20篇所収)からなる研究書である。これにより自閉症に対する総合的行動療法プログラムの開発に向けての基本的枠組みも明らかになった。本書は、平成6年度文部省科学研究費補助金「研究成果公開促進費」の交付によった。(全531頁)
福祉臨床心理学
内田一成(共編)
コレール社   2002年   
全6章38節(福祉行政相談、児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉の分野別に臨床心理学的理解と援助の理論と実際について解説)の編集、および以下の章を担当した。第1章「福祉と臨床心理学」福祉サービスを必要とする人々の心理・行動面の改善・予防、心身の健康の維持・増進に向けて、必要とされる臨床心理学の知識、技術、態度について解説した(11-29頁)。(全228頁)
ヒルガードの心理学 第13版
内田一成(監訳)
ブレーン出版   2002年   
1957年の初版以来、世界的なベストセラーである本書の第13版 (8部18章、補遺2章構成:第Ⅰ部「人間の科学的努力としての心理学」、第Ⅱ部「生物学的・発達的過程」、第Ⅲ部「意識と記憶」、第Ⅳ部「学習、記憶、思考」、第Ⅴ部「動機づけと感情」、第Ⅵ部「人格と個性」、第Ⅶ部「ストレス、精神病理、治療」、第Ⅷ部「社会的行動」、補遺「測定と統計的方法」・「用語解説」)の監訳、ならびに第1章「心理学の特徴」(5-55頁)、第7章「学習と条件づけ」(431-487頁)、「用語解説」(1293-1389...
発達障害の理解と援助
内田一成(共著)
コレール社   1999年   
第2章第1節「行動分析による組織的援助」行動分析を入所者にとって質の高い施設サービスの方法論的枠組みに汎用し、その実例を紹介した。5つのパッケージからなる組織的援助システムは、施設の社会的・専門的機能を有意に高め、入所者の心理社会的機能を劇的に改善させられることを示した。担当の一部は、平成9〜11年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「課題番号09610136、研究代表者: 内田一成」によった(17-25頁)。 (全261頁)
自閉症児の行動療法
内田一成(共著)
岩崎学術出版社   1990年   
第7章「自閉症児の自傷行為」自傷行為は、生命的予後はもとより社会参加を困難にし、関係者に不安や失望を抱かせるため、治療法の開発は医療・教育・心理・福祉サービス共通の課題である。本稿では、筆者が発展させた新たな臨床技法のNDRA (拮抗行動の自然的分化強化:natural differential reinforce-ment of alternative behavior) によって、自傷行為を適切な社会的行動に変換させられることを示した(110-131頁)。(全150頁)
自閉症
内田一成(共著)
黎明書房   1988年   
第2章「自己刺激行動を玩具遊びに変換する方法」 自己刺激行動を維持している強化刺激と同種類の強化刺激を産出する適切な玩具遊びを形成することによって、それらを適切な玩具遊びに変換させられる方法を事例に基づき解説した。(51-59頁) 第3章「重度の施設収容者に対する積極的な排泄訓練」昼間遺尿・遺糞・夜尿に対して劇的な改善をもたらすことができた行動療法技法を事例に基づき解説した(178-190頁) 。(全226頁)
現代障害者福祉論
内田一成(共著)
相川書房   1993年   
第9章「障害者福祉における相談援助技術」 障害者が直面している社会生活上の問題解決に必要な新たな福祉心理学的なパラダイムを提案するとともに、「診断・事前評価—介入・形成的評価—事後評価」という一連の援助に必要な理論・技術について検討・解説した(181-195頁)。(全260頁)
研究論文のまとめ方:データ収集からプレゼンテーションまで
内田一成(共著)
文化書房博文社   1998年   
第8章「ノンパラメトリック検定」ノンパラメトリック検定の理論的説明と検定手順について解説した(155-169頁)。 第9章「少数事例研究法における統計的手法」一事例実験計画法の視覚査定の代替として統計的手法を検討した。AB成分を含む除去計画法の検定方法にはC検定と予測傾向線に基づく2項検定、交互処理計画法の検定方法には平均値の無作為化検定とT検定、そして多層ベースライン計画法にはRn検定が適合することを明らかにし、それらの計算手順を解説した(171-194頁) 。(全295頁)
発達障害に関する10の倫理的課題(共訳)
内田一成(分担訳)
二瓶社   1998年   
第9章「精神遅滞を伴う人々の行動問題に対する薬理学的治療:いくつかの倫理的考察」・討論「薬理療法の倫理:単に刺激性制御の問題か」 精神遅滞を伴う人々の行動問題に対する向精神薬治療の倫理的な進め方について、実用的で具体的なガイドラインを提案している(125-151頁)。(全176頁)
Clinical Psychology on Social Work (Eds.)
Colere-sha   2002年   
Hilgars's Introduction to Psychology, 13th Edition (In Japanese)
Brain-shuppan   2002年   
Helping and Understanding Individuals with Developmental Disabilities.
Colere-sha   1999年   
Behavior Therapy of Autistic Children
Iwasaki Gakujutsu Shuppansha   1990年   
Autism
Reimei Shobo   1998年   
Modern Social Work for Mentally and Physically Handicapped Persons.
Aikawa Shobo   1993年   
How to Complete a Thesis
Bunkashobou Hakubunsha   1998年   
Ethical Issues in Developmental Disabilities
Niheisya   1998年   

講演・口頭発表等

 
高校生の抑うつ予防に関する集団認知行動療法の臨床効果-定時制高校に通う生徒を対象として-
南沢かほり・内田一成
日本心理臨床学会第30回秋季大会(九州大学)   2011年9月   
日本心理臨床学会第30回秋季大会論文集
抑うつの発症メカニズムが全人的健康に及ぼす影響
塚野聡・内田一成
日本心理臨床学会第30回秋季大会(九州大学)   2011年9月   
日本心理臨床学会第30回秋季大会論文集
フロー体験が怒りと不安に及ぼす影響
大矢薫・内田一成
日本健康心理学会第23回大会(江戸川大学)   2010年10月   
日本健康心理学会第23回大会発表論文集
全緘黙を呈する青年男性への行動論的アプローチ−ことばの応答からことばの始発へのシェイピングを通して−
金井幸光・内田一成:
日本行動療法学会第30回大会   2004年10月   
日本行動療法学会第30回大会発表論文集,240-241.
福祉臨床心理学の確立に向けて
内田一成
日本福祉心理学会第2回大会(東京成徳大学)   2004年6月   
日本福祉心理学会第2回大会シンポジウム
科学的論理性と社会的妥当性の高い応用行動分析の発展に向けて:教育・福 祉分野との異文化交流の観点から(シンポジウム)
内田一成
日本行動分析学会第23回大会(岡山大学)   2003年8月   
話題提供、「組織行動マネジメントについての実証的研究の観点から」を担当。メンバー:藤原義博・内田一成・奥田健次・平澤紀子・武藤崇。
施設における心理臨床の行動論的枠組みについての実証的研究
内田一成
日本福祉心理学会第1回大会(東京成徳大学)   2003年6月   
日本福祉心理学会第1回大会発表抄録集, 38.
科学的臨床心理学に向けて:行動療法の意味と応用性(シンポジウム)
内田 一成
日本心理臨床学会大21回大会(中京大学)   2002年9月   
話題提供、「福祉心理臨床の立場から」を担当。メンバー:宮下照子、米山直樹、内田一成、曽我昌、大塚義孝、久野能弘。
自閉性障害への行動論的教育福祉援助(6):不適応行動に対する応用行動分析の技法的側面 (シンポジウム) 
内田 一成
日本特殊教育学会第38回大会(静岡大学)   2000年9月   
企画・話題提供を担当。日本特殊教育学会第37回大会発表論文集、S72頁。(シンポジウム報告:「特殊教育学研究, 第38巻, 第5号; 頁, 2001」。メンバー: 内田一成・山根律子・山本淳一・望月昭。
自閉性障害への行動論的教育福祉援助(5):21世紀に向けての応用行動分析の技法的側面に関する検討(シンポジウム)
内田 一成
日本特殊教育学会第37回大会(北海道大学)   1999年9月   
企画・司会を担当。日本特殊教育学会第37回大会発表論文集、S72頁。(シンポジウム報告:「特殊教育学研究, 第37巻, 第5号; 266-268頁, 2000)。メンバー: 内田一成・山本淳一・佐竹真次・望月昭。
今、再び治療の科学化を問う(シンポジウム)
内田 一成
日本行動療法学会第24回大会(早稲田大学)   1998年11月   
シンポジスト「行動療法における臨床的叡智とその行動分析」を担当。日本行動療法学会第24回大会発表論文集、46-47頁。メンバー: 岩本隆茂・丹羽真一・熊野宏昭・池淵恵美・内田一成・他4名。
自閉性障害への行動論的 教育福祉援助(4):応用行動分析に基づく21世紀に向けての指導カリキュラムの検討(シンポジウ ム)
内田 一成
日本特殊教育学会第36回大会(文教大学)   1998年9月   
企画・司会を担当。日本特殊教育学会第36回大会発表論文集、S34頁。(シンポジウム報告:「特殊教育学研究, 第36巻, 第5号; 85-87頁, 1999」)。メンバー: 内田一成・山本淳一・佐竹真次・望月昭。
障害幼児の地域療育システムにおける心理職の役割(シンポジウム)
内田 一成
日本教育心理学会第40回総会(北海道教育大学函館校)   1998年7月   
指定討論を担当。日本教育心理学会第40回大会発表論文集、S20-S21頁。メンバー: 加藤哲文・有川宏幸・寺島諭美・内田一成。
NDRAの系統的操作による同一性保持行動の改善
内田 一成
日本行動療法学会第21回大会(大坂国際交流センター)   1997年12月   
日本行動療法学会第21回大会発表論文集、64-65頁。
自閉性障害への行動論的 教育福祉援助(3):応用行動分析に基づく21世紀に向けての治療教育システム(シンポジウム)
内田 一成
日本特殊教育学会第35回大会(熊本大学)   1997年10月   
企画・司会を担当。日本特殊教育学会第35回大会発表論文集、J30頁。(シンポジウム報告:「特殊教育学研究, 第35巻, 第5号; 181-183頁, 1998」)。メンバー: 内田一成・山本淳一・大野裕史・望月昭
What is best in behavior analytic research and practice for persons with mental retardation? The roles and functions of behaviorisms in the era of the inclusion (Syposium)
Uchida, Issei
3rd International Congress on Be-haviorism and the Sciences of Behav-ior(Yokoham Prince Hotel).   1996年10月   
Speaker: “The organized support system in an institution for persons with mental retardation : The value of expensive use of behavior analytic science.”Presentation at 3rd International Congress on Behavior-ism and the Sciences of Behavior. Member...
自閉性障害への行動論的教育福祉援助(2):21世紀に向けての理念的・環境設定的検討(シンポジウム)
内田 一成
日本特殊教育学会第34回大会(東洋大学)   1996年9月   
企画・話題提供「社会福祉の将来的検討」を担当。日本特殊教育学会第34回大会発表論文集、J29頁。(シンポジウム報告:「特殊教育学研究, 第34巻, 第5号; 181-183頁, 1997」)。メンバー: 内田一成・山根律子・緒方明子・望月昭。
自閉症者の本態に迫る治療教育的アプローチ(シンポジウム)
内田 一成
日本教育心理学会第37回大会(茨城大学)   1996年9月   
話題提供「行動面の問題と治療的介入」を担当。日本教育心理学会第37回大会発表論文集、24-25頁。メンバー: 竹花正剛・安藤則男・内田一成。
自閉性障害への行動論的教育福祉援助(1):21世紀に向けての多角的検討(シンポジウム)
内田 一成
日本特殊教育学会第33回大会(秋田大学)   1996年9月   
企画・話題提供「不適応行動の改善方法から見た打開策」を担当。日本特殊教育学会第33回大会発表論文集、135頁(シンポジウム報告:「特殊教育学研究, 第33巻, 第5号; 142-143頁, 1996」)。メンバー: 氏森英亜・内田一成・加藤哲文・藤原義博・望月昭。
発達障害児・者の問題行動に対する機能分析的アプローチ: 行動分析からのChallenge(シンポジウム)
内田 一成
日本行動分析学会第12回大会(上越教育大学)   1995年10月   
話題提供「NDRA技法の発展可能性」を担当。日本行動分析学会第12回大会発表論文集、8-12頁。メンバー: 藤原義博・内田一成・平沢紀子・大石幸二
自閉症児へのNDRAに基づく拮抗行動の系統的操作
内田 一成
日本行動療法学会第20回大会(東京大学)   1994年10月   
日本行動療法学会第20回大会発表論文集、132-133頁。〔推薦論文として学会誌への寄稿依頼有り:論文No.21〕
自閉症児の強化刺激の構造と随伴様式の特異性
内田 一成
日本行動分析学会第12回大会(上越教育大学)   1994年10月   
日本行動分析学会第12回大会発表論文集、50-51頁。
自閉症状の形成機序:因果分析モデル(?)
内田 一成
日本行動療法学会第19回大会(宮崎大学)   1993年10月   
日本行動療法学会第19回大会発表論文集、114-115頁。
自閉症状の形成機序:因果分析モデル(?)
内田 一成
日本特殊教育学会第31回大会(福井大学)   1993年9月   
日本特殊教育学会第31回大会発表論文集、532-533頁。〔推薦論文として学会誌への寄稿依頼有り:出版(著書No.4)のため辞退〕
青年期の1自閉症例に対する昼夜排泄コントロール訓練  
内田 一成
日本行動分析学会第5回大会(東京学芸大学)   1987年6月   
日本行動分析学会第5回大会発表論文集、9-10頁。
NDRA手続きにおける拮抗行動の選定方法の定式化
内田 一成
日本特殊教育学会第24回大会(東京学芸大学)   1986年9月   
日本特殊教育学会第24回大会発表論文集、460-461頁。〔推薦論文として学会誌への寄稿依頼有り:論文No. 15〕
精神遅滞の夜尿治癒例における修正DBT手続きの副作用の臨床評価
内田 一成
日本特殊教育学会第23回大会(金沢大学)   1985年10月   
日本特殊教育学会第23回大会発表論文集、544-545頁。
精神遅滞を伴った夜尿症例に対する修正DBT手続きの治療効果
内田 一成
日本行動療法学会第11回大会(金沢大学)   1985年10月   
日本行動療法学会第11回大会発表論文集、24-25頁。〔推薦論文として学会誌への寄稿依頼有り:論文No.11〕
DBT手続きへの過剰学習の追加導入手続きを適用した5精神遅滞夜尿症例の検討
内田 一成
北海道心理学会第31回大会(北海道教育大学釧路分校)   1984年12月   
北海道心理学研究、 第7巻、 7頁。
DBT手続きによる重度精神遅滞の夜尿再発例に対する過剰学習の臨床効果
内田 一成
日本特殊教育学会第22回大会(横浜国立大学)   1984年12月   
日本特殊教育学会第22回大会発表論文集、278-279頁。
自閉症児の発現部位別の自己刺激行動に対する体系的感覚消去法と感覚強化法
内田 一成
日本特殊教育学会第21回大会(宮城教育大学)   1983年10月   
日本特殊教育学会第21回大会発表論文集、200-201頁。
自閉症児の発現部位別の自己刺激行動に対する体系的感覚消去手続き
内田 一成
日本行動療法学会第9回大会(筑波大学)   1983年10月   
日本行動療法学会第9回大会発表抄録集、10頁。〔推薦論文として学会誌への寄稿依頼有り:論文No. 10〕
Alt-R手続きによる精神遅滞者間の攻撃-回避行動の低減
内田 一成
日本特殊教育学会第20回大会(大坂教育大学)   1982年10月   
日本特殊教育学会第20回大会発表論文集、114-115頁。
自閉児の遊戯療法における身体接触の意義の再検討
内田 一成
東海心理学会第25回大会(名古屋女子大学)   1976年11月   
自閉児の言語に関する研究 
内田 一成
日本教育心理学会第18回大会(埼玉大学)   1976年10月   
日本教育心理学会第18回大会発表論文集、678-679頁。
自閉児の集団適応に関する研究
内田 一成
日本教育心理学会第18回大会(埼玉大学)   1976年10月   
日本教育心理学会第18回大会発表論文集、656-663頁(連続4発表)。共著者: 丸井文男・内田一成・他9名。
精神薄弱者施設の福祉心理学的研究:行動理論による組織的援助システムに関する3ヵ年実験の成績
内田 一成
日本行動分析学会第14回大会(名古屋国際会議場)   1996年6月   
日本行動分析学会第14回大会発表論文集、72-73頁。〔推薦論文として学会誌への寄稿依頼有り:出版予定のため辞退〕

担当経験のある科目

 
 

Works

 
社会福祉施設職員にとっての「健康いきいき職場」と利用者にとっての「健康いきいき施設」との好循環モデルの確立
内田一成   その他   2016年6月 - 現在
知的障害関係施設職員にとっての「健康いきいき職場」と利用者にとっての「健康いきいき施設」との好循環モデルの確立
内田一成   その他   2013年3月 - 現在
学校や福祉施設を中心とした難解な行動問題等を改善する組織的心理臨床アプローチの開発研究
内田一成   その他   2003年 - 現在
学校臨床や福祉臨床に関する効果的なコンサルテーション・モデルの開発研究
内田一成   その他   2003年 - 現在
集団認知行動療法に立脚した児童・生徒の学級規模での抑うつ予防プログラムの開発研究
内田一成   その他   2005年 - 2013年
不登校に対する行動療法や認知行動療法技法の応用・開発研究
内田一成   その他   2003年 - 2013年
自閉症児と精神遅滞児の常同行動に関する実験的研究
内田一成   1979年 - 1993年
自閉症児の言語発達に関する研究
内田一成   1979年 - 1982年
NDRAの臨床的応用に関する研究
内田一成   1983年 - 1993年
自閉症の発達経過と鑑別診断に関する研究
内田一成   1983年 - 1990年
自閉症児の強化随伴性に関する実験的研究
内田一成   1983年 - 1993年
発達障害児・者の不適応行動に関する臨床調査研究
内田一成   1980年 - 1985年
発達障害児・者の不適応行動の構造機能分析に関する研究
内田一成   1982年 - 1993年
発達障害児・者の不適応行動に対する行動療法の効果的適用に関する研究
1982年 - 1993年
社会福祉施設実践における構造機能分析の効果的導入に関する研究
1982年 - 1993年
福祉施設の社会化に関する社会学的調査
1988年 - 1990年
心身障害児・者に関する福祉心理学的調査
1989年 - 1991年
福祉施設職員の訓練に関する研究
1980年 - 1993年
自閉症児の常同行動に関する行動病理学的研究
1993年
自閉症状の形成機序に関する因果分析
1993年
NDRAの臨床的応用
1993年
社会福祉実践における構造機能分析アプローチ
1993年
精神遅滞児・者の排泄行動に関する臨床調査
1993年
自閉症児・者の排泄行動に関する臨床調査
1993年
精神遅滞者施設の組織援助システムに関する実験的研究
1994年 - 2000年
認知行動療法の臨床的応用
2000年

競争的資金等の研究課題

 
発達障害者の強度行動障害に対する行動分析と環境分析の2方向分析モデル
科学研究費補助金: 文部科学省
研究期間: 1997年 - 2000年    代表者: 内田 一成
自閉症児の自己刺激行動を適応行動に変換するNDRA手続きにおける拮抗行動の選定方法の定式化
北海道科学研究費: 北海道開発調整部
研究期間: 1985年 - 1986年    代表者: 内田 一成
自閉症児の行動療法における般化と維持の促進技法:人為的強化随伴性から自然的強化随伴性へ
研究奨励賞: 財団法人発達科学教育研究センター
研究期間: 1987年 - 1988年    代表者: 内田 一成
児童生徒の多様な問題行動に対する心理・教育的因果関係モデルと介入システムの 開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金
代表者: 内田一成
学校教育における抑うつ予防ブログラムの開発研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
代表者: 内田 一成
Teacher Support Systemの開発研究
社会技術研究開発センター: 社会技術研究開発事業研究開発成果実装支援プログラム
代表者: 内田 一成

社会貢献活動

 
独立行政法人国立病院機構さいがた病院倫理委員会委員
【助言・指導】  独立行政法人国立病院機構さいがた病院  2006年4月 - 2013年3月
現職教員支援のための総合的「学校コンサルテーション」推進事業実行委員
【助言・指導, 企画】  上越教育大学  2005年4月 - 2013年3月
新潟県カウンセラー学校派遣事業 : スクールカウンセラー(柏崎第1中学校、頸城中学校、高田西小学校、高士小学校、大潟町中学校、大潟町小学校、糸魚川東中学校、下早川小学校、雄志中学校、清里中学校、板倉中学校、城西中学校、清里中学校)
【助言・指導】  新潟県教育委員会  2003年4月 - 2013年3月
学校コンサルテーション(安塚中学校、新井中央小学校、雄志中学校、板倉中学校)
【助言・指導】  上越市教育委員会他  2003年4月 - 2013年3月
新潟県立高等学校研修会/学校長コンサルテーション
【助言・指導】  新潟県立上越総合技術高等学校  2008年9月
県知事特命県教委緊急ケース対応
【その他】  2007年4月4日 - 2007年4月10日
新潟県中越地震に伴う派遣カウンセラー(柏崎市立田尻小学校、魚沼市立堀之内小学校、津南町立芦ヶ崎小学校)
【助言・指導】  新潟県教育委員会  2004年11月 - 2005年3月