岩楯 好昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/23 12:44
 
アバター
研究者氏名
岩楯 好昭
 
イワダテ ヨシアキ
URL
http://biophysics.sci.yamaguchi-u.ac.jp/
所属
山口大学
部署
理学部
職名
准教授
学位
博士(理学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
40298170

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
山口大学 大学院創成科学研究科(理学) 准教授
 
2008年10月
 - 
2012年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究者
 
2004年2月
 - 
2009年3月
山口大学 理学部 助教
 
1999年4月
 - 
2004年2月
徳島大学 総合科学部 助手
 
1997年4月
 - 
1999年3月
早稲田大学 理工学部 助手
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1999年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻
 
1990年4月
 - 
1994年3月
早稲田大学 理工学部 応用物理学科
 

委員歴

 
2018年1月
 - 
2018年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員 C-08細胞運動
 
2016年1月
 - 
2016年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員 C-08細胞運動
 
2015年1月
 - 
2015年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員 A-17細胞骨格
 

受賞

 
2016年6月
平成25~29年度科研費 新学術領域「ゆらぎと構造の協奏」 第1回領域賞 遊走細胞のかたちを決める分子ダイナミクス
 
1996年3月
早稲田大学 小野梓記念賞学術賞
 
1996年
Presentation Award for foreign student in 49th Annual Meeting of the Society of Protozoologists
 

論文

 
Chika Okimura, Yoshiaki Iwadate
Journal of the Physical Society of Japan   86 101002   2017年10月   [査読有り][招待有り]
Crawling migration plays an essential role in a variety of biological phenomena, including development, wound healing, and immune system function. Migration properties such as anterior-posterior polarity, directionality, and velocity are regulated...
Okimura C, Ueda K, Sakumura Y, Iwadate Y
Cell adhesion & migration   10(4) 331-341   2016年7月   [査読有り]
Okimura C, Iwadate Y
Cell adhesion & migration   10(4) 406-418   2016年7月   [査読有り]
Adachi K, Tokushige M, Omata K, Yamazaki S, Iwadate Y
ACS applied materials & interfaces   8(22) 14028   2016年6月   [査読有り]
Sonoda A, Okimura C, Iwadate Y
Cell structure and function   41(1) 33-43   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
アクチンレトログレードフローの意味
岩楯 好昭
実験医学   36(1) 61-62   2018年1月   [依頼有り]
遊走細胞の細胞膜張力勾配
岩楯 好昭
実験医学   34 1418-1419   2016年   [依頼有り]
精密な測定はシンプルな方法で.細胞の立体形状の計測から得られる細胞遊走の力学.
岩楯 好昭
実験医学   33 920-922   2015年   [依頼有り]
細胞が“力”を測定するしくみ
岩楯 好昭
実験医学   32 563-564   2014年   [依頼有り]
細胞運動におけるメカノセンシング
岩楯好昭
細胞工学   31 1005-1010   2012年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Muscle Contraction and Cell Motility: Fundamentals and Developments
岩楯 好昭 (担当:共著, 範囲:Chapter 16. The biomechanics of cell migration. 381-408.)
Pan Stanford Publishing   2016年   
メカノバイオロジー
岩楯 好昭 (担当:共著, 範囲:第5章 細胞運動のメカノバイオロジー p61-72)
化学同人   2015年   

講演・口頭発表等

 
魚類表皮の遊走細胞ケラトサイトの車輪 [招待有り]
岩楯 好昭
第69回日本細胞生物学会大会シンポジウム「先端イメージングが解き明かす新しい細胞像」   2017年6月14日   
Compliancy of the cell cortex can serve as a mediator for the propagation of metachronal waves in Paramecium cells [招待有り]
岩楯 好昭
The 22nd International Congress of Zoology. Symposium 9. Cilia: their coordination in motility, morphogenesis and eukaryotic evolution (IS9)   2016年11月15日   
ケラトサイトの運動とアクチン細胞骨格のダイナミクス [招待有り]
岩楯 好昭
日本物理学会2016年秋季大会 [物性] 領域12シンポジウム 主題:ソフトマター   2016年9月14日   
Polarity generation of crawling cells under cyclic substratum-stretching [招待有り]
岩楯 好昭
RIMS共同研究「ミクロな振る舞いと集団的パターン形成に係る階層的構造の解明」   2016年9月12日   
Shape determination and polarity generation for migration depending on stress fibers in fish keratocytes [招待有り]
岩楯 好昭
新学術「ゆらぎと構造」領域 領域賞受賞者講演   2016年6月18日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
セミ人工細胞開発による遊走細胞の前後極性創成メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C(特設分野)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 岩楯 好昭
細胞運動の動力学ダイナミクスの分子・遺伝子発現シミュレーションによる理解
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 松野 浩嗣
アメーバのかたちを決めるメカノシグナル伝達
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域「数理シグナル」公募研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 岩楯 好昭
細胞弾性で伝わる繊毛メタクロナールウェーブの分子メカニズムと普遍性
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域「超分子マシナリー」公募研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 岩楯 好昭
細胞を遊走させる回転するストレスファイバ
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 岩楯 好昭

特許

 
特許5896376 : マイクロポレーション装置
岩楯好昭, 継山晴進
特許4931012 : 全反射照明蛍光顕微鏡用カバーガラス
岩楯好昭, 祐村惠彦
特願2008-106587 : 形状記憶合金を用いた細胞伸縮装置
岩楯好昭, 祐村惠彦