IWAI Keiji

J-GLOBAL         Last updated: Jan 15, 2019 at 14:11
 
Avatar
Name
IWAI Keiji
Affiliation
Hyogo University
Research funding number
20263387

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Visiting Professor, Kobe Univ. Sch. of Medicine
 

Published Papers

 
岩井 圭司
臨床精神病理   39(2) 170-173   Aug 2018   [Refereed][Invited]
不安とは何か得体の知れないものに脅かされているという感覚である。もともとそれらは、合理的な「根拠」を欠いている。しかるに今日、福島第一原発事故後の放射線被害に関する不安について、「それは根拠なき不安である」ということがしばしば言われている。しかし、一般に科学的根拠によって不安は解消しない。問われるべきは不安の「原因」である。放射線不安の原因は、われわれが事故後の放射線漏出をコントロールできていないことにこそあると考えられる。精神病理学は、このことについて社会に向かってもっと積極的に発言する...
岩井圭司
日本森田療法学会雑誌   29(1) 47‐49   Apr 2018   [Invited]
対人関係の今日的意義 症状として、治療標的として、戦略として
岩井 圭司
精神科治療学   33(4) 401-405   Apr 2018   [Invited]
対人関係は外部から観察可能であり、また記述による伝達と共有が、自覚(主観)症状(の言語的報告)よりも、格段に確実で容易である。そして、対人関係とその変化は、個人の精神内界の力動的な変化を反映する。この意味で対人関係は、精神医学症状論における自覚症状と他覚症状の2分法を克服する"第3の症状"とでも呼ぶべきものである。このことに関して本稿では、Sullivan,H.S.の構想した対人関係論に基づく精神医学の理論と対人関係療法(IPT)の治療戦略を概観し、対人関係を精神科治療において治療標的とし...
岩井 圭司
精神科治療学   33(1) 21-25   Jan 2018   [Refereed][Invited]
妄想知覚は真正(真性)妄想の一型であり、統合失調症に特異的な症状であるとしてSchneider,K.の1級症状にも取り上げられている。しかし、妄想知覚の出現率については国によって、また諸家によって大きな開きがあり、このことが統合失調症の診断指標としての妄想知覚が近年あまり顧みられなくなっている一因となっている。本稿では妄想知覚の概念範囲を整理した上で、妄想知覚がなおも有効な診断指標であること、そして統合失調症心性に接近するための手がかりとなることを述べた。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
岩井圭司
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   2018   
岩井圭司
日本トラウマティック・ストレス学会大会プログラム・抄録集   30 May 2017   
岩井圭司
日本森田療法学会プログラム・抄録集   2017   
岩井圭司
日本精神病理学会プログラム・抄録集   2017   
岩井圭司
日本トラウマティック・ストレス学会大会プログラム・抄録集   10 May 2016   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Keiji IWAI
It is crucial to precisely and correctly evaluate severity of mental injury in victims or plaintiffs in law court. But the task is quite difficult, for they unconsciously, or sometimes consciously complaint "too much" . We tried here to establish ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): Yoshiki TOMINAGA
We carried out the stress management camp for three nights and four days for the fifth grader in an elementary school and sixth grader (65 persons) who lives in a children's home. The child experienced the program which he chose together with the ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): Keiji IWAI
Disaster Prevention Plan and/or Programming should be a learning tool of Disaster Prevention Education as well as be a good plan itself. However in Japan, the situations are still far below. We closely examined the disaster prevention plans of loc...

Education

 
Mar 1986
 - 
Today
School of Medicine, Kobe University