和氣 一成

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 23:06
 
アバター
研究者氏名
和氣 一成
 
ワケ イッセイ
eメール
iwakewaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院
職名
准教授
学位
Ph.D in English(ニューヨーク州立大学バッファロー校)
科研費研究者番号
10614969

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
早稲田大学教育・総合科学学術院英語英文学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本アメリカ文学会  編集室幹事
 

論文

 
Rethinking the Fetish: Race, Trauma, and Slavery in the Works of Nella Larsen
和氣 一成
中央大学人文研『紀要』   (89)    2019年3月   [査読有り]
Department-Based Faculty Development and Peer Collaboration: Developing a preparatory course for English majors
和氣一成、折井麻美子
早稻田大学 『早稲田教育評論』   (32) 17-33   2018年3月   [査読有り]
The Nightmare of Black Death—Reading Symptoms of Slavery as Trauma in Tender Is the Night—
和氣一成
『学術研究 : 人文科学・社会科学編』   (66) 117-134   2018年3月
男性性の可能性―「男性学入門 」授業を振り返って―
和氣一成
早稲田大学ジェンダー研究所『ジェンダー研究 21』   (7) 64-76   2018年3月   [査読有り]
“Trauma of American Empire—The Analysis of Tender Is the Night through “Affective Mapping” and “Counter Mourning”
和氣一成
早稲田大学『学術研究 : 人文科学・社会科学編』    (65) 201-221   2017年3月

Misc

 
『アリス』からの見取り図 (翻訳)
和氣一成
 青土社『ユリイカ』      [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
交差するアダプテーション―J.T.リロイの「作品」に見る‘hybrid testimony’ [招待有り]
和氣 一成
アメリカ学会 アダプテーションの功罪―「映画化」を超える批評性を求めて   2018年6月   

Works

 
書評 中村理香『アジア系アメリカと戦争記憶--原爆・「慰安婦」・強制収容』(青弓社)
和氣一成   芸術活動   2017年10月
翻訳 『アリス』からの見取り図 “Covering the Ground with Alice” (サドヴォルナ=フェレスタット ダヌータ)
和氣一成   芸術活動   2015年3月
書評 小林富久子監修『憑依する過去 アジア系アメリカ文学におけるトラウマ・記憶・再生』 (金星堂、2014年)
和氣一成   芸術活動   2015年2月

競争的資金等の研究課題

 
20世紀アメリカ文学におけるトラウマとしての奴隷制度の表象
科学研究費助成事業|日本学術振興会: 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 和氣